【家政夫のミタゾノ2020】6話のネタバレと感想!ドクターXの大門未知子の名台詞が登場

松岡昌宏さんが女装姿で主演し、毎回、時事ネタや個性豊かなゲストが出演することで人気のドラマ「家政夫のミタゾノ2020」。

第6話のお話は、過去の汚点がテーマで、依頼人の彼氏の母親には重大な秘密が・・・。

今回は、「家政夫のミタゾノ2020」6話のネタバレや感想、家事情報もご紹介します!

スポンサーリンク

【家政夫のミタゾノ2020】6話のネタバレ!

家政夫のミタゾノ2020第6話ドラマ内画像

出典元:家政夫のミタゾノ2020公式HP

今回、ミタゾノさんと新人家政婦の霧島舞(飯豊まりえ)が派遣されるのは、「結婚相手の母親が来るので家の掃除と食事の用意をしてほしい」と依頼してきた女性・八木翔子(星野真里)の家。

目が覚めると見知らぬオジサンが横に

翌日に結婚相手の母親・小野寺麗子(小川菜摘)が自宅に来るにも関わらず、結婚を目前に控えて有頂天の翔子は、昔からの友人たちを自宅に誘い、鍋パーティーを開催。

その結果、泥酔した翔子は昨晩の記憶がなく、自分が寝るベッドの中には見知らぬオジサンが鼻から血を流し、下着1枚で寝ていました。

記憶のない翔子は慌てて自分が下着をつけているか確認しますが、ちゃんと服も下着も着ており、何が起きているか全く分からず、大混乱。

そんな中、ミタゾノさんと舞が翔子の家を訪問してきます。

翔子は慌てて出迎え、麗子が来た際の打合せをしている最中に、ふと自分のベッドで寝ていたオジサンのことを思い出して確認しに行くと、後を追って部屋に入ってきたミタゾノさんと舞がオジサンを発見。

血の付いたヌンチャクが落ちていて心配になって後を追い、部屋に入ってきたと言うミタゾノさん。

鬼姑・麗子が自宅に到着

翔子が必死に事情を説明していると、予定よりも1時間早く麗子が家に到着。

ミタゾノさんは、昨夜のパーティーで荒れ放題の家の中を片付けるため、3分時間を稼いでほしいと翔子に頼むと、翔子が麗子の相手をしているうちに超スピードで家の中を片付けます。

翔子が家の中を見ながら嫌味を言う麗子の応対し、右往左往していると浴室から物音がするのを舞が聞き、浴槽のフタをあけると、連絡が取れていなかった結婚相手の文雄(岩瀬亮)が口から血を流して浴槽の中で寝ていました。

翔子が音信不通だった文雄との再会に喜んでいると、家の外ではミタゾノさんが、翔子が過去にレディースをしていた頃に着ていた赤い特攻服を干しており、それを目にした翔子は慌ててミタゾノさんのところに行き、自分の物ではないので捨ててほしいと言ってレディースをしていたことをはぐらかします。

昼食の時間になり、翔子は事前に麗子から聞いていた和食を出そうとしますが、急に麗子が洋食を食べたいと言い始め、翔子はあたふた。

そこへミタゾノさんが追い打ちをかけるように「翔子さまが洋食の仕上げをされますので」言い、麗子が見守る中、ミタゾノさんたちが作った和食を翔子の手で洋食にアレンジすることに。

ミタゾノさんが陰から翔子をサポートして無事、昼食を作ることが出来た翔子に新たなトラブルが発生。

大事な茶器が行方不明に

茶道の家元である麗子に渡された大事な茶器セットが行方不明になっており、翔子とミタゾノさんたちは茶器を探す手がかりを見つけるため、謎のオジサンのスマホを確認すると、多数の翔子の写真を見つけます。

ミタゾノさん、舞、翔子の3人で写真のことについて話していると、麗子が翔子にプレゼントしたテディベアのぬいぐるみのちぎれた腕を発見。

慌てて翔子にどういうことか確認しに麗子がオジサンの寝ている部屋に入ってくると、ベッドには不自然に布団がかけられていました。

麗子が布団をめくると、そこには腕のちぎれたテディベアが。

舞とミタゾノさんの機転で、オジサンを押し入れに隠していたのでした。

舞が茶道に興味があると麗子の気を引いている間、ミタゾノさんが村田光(伊野尾慧)に連絡を取り、光は昨晩の鍋パーティーに参加した翔子の友人を探すことに。

ミタゾノさんがドクターⅩ・大門未知子の名台詞を

茶杓(茶道用のさじ)は、翔子の友人であるナナ(うらじぬの)が持っており、残った茶筅(抹茶をかき混ぜるもの)の手がかりを探すミタゾノさんたち。

昨晩の記憶を探る手がかりとして大皿に「手じ」と書いてあり、ミタゾノさんがドクターXの主人公・大門未知子の名台詞「私、失敗しないので」を言って翔子にヒントとして与えます。

その結果、茶筅は翔子が麗子からプレゼントされたテディベアの中に押し込んであるのを発見し、程なくナナも翔子の家に到着して茶器セットが揃い、昨晩一緒に鍋パーティーをしていた翔子の友人・チャコ(佐藤乃莉)も合流しました。

昨晩の事実が判明

揃った茶器セットでお茶をたて麗子に振舞う翔子。

麗子は、「まだまだね・・・でも悪くないわ」と言い、評価はまずまずな様子。

すると、居間の方から楽しそうな笑い声が聞こえ、みんなで行ってみると、居間のテレビには昨晩の鍋パーティーの様子が映し出されていました。

翔子、チャコ、ナナの3人はレディースの特攻服を着ており、外で覗いていたオジサンをナナが発見し、翔子はオジサンを家の中に引きずり込み、ヌンチャクでノックアウト。

そのままテディベアに麗子への不満をぶちまけながらボコボコにぶっ叩いていると、腕が取れてしまったのでした。

昨晩の真実が明らかになり愕然とする翔子。

すると、テレビに映し出された映像がテディベアの目線で撮られたものだと気がついた翔子は、目の部分にカメラを発見。

麗子が盗撮していたことに憤る翔子ですが、麗子は開き直り、過去の暴走族時代のことを理由に文雄との結婚は許さないと言います。

そこへミタゾノさんがやって来て、昨晩の鍋の中に記憶障害を起こすキノコが入っていたことを伝え、そのキノコはナナが昔の友人から食べたら楽しくなるキノコだと言われ、翔子に昔を思い出してほしくて入れたものでした。

さらにチャコと文雄との秘密の関係が明らかに

ナナがキノコを入れた理由を説明した後、映像の続きが映し出され、そこにはチャコとイチャつく文雄の姿があり、どういうことか文雄に問い詰める翔子。

すると、チャコが翔子に対するこれまでの不満をぶっちゃけ、文雄から誘ってきたことを暴露。

翔子とチャコの友情に亀裂が・・・。

さらにさらに麗子の秘密まで明らかに

そこへミタゾノさんがオジサンに「ドラクエ」の呪文をかけ、オジサンが目を覚ますと、「姉さん」と言って駆け寄りますが、麗子はオジサンのことを知らないとしらを切ります。

しかし、オジサンは麗子の頼みで翔子のことをつけ回し、調べていたことを暴露しますが、まだ麗子はオジサンが探偵とウソをつき、その場を逃れようとします。

すると、ミタゾノさんが古い写真とステッカーを持ち出し、翔子に投げると、そこには暴走族姿の麗子の姿が写っていました。

全部バレてしまった麗子は逆ギレし、元ライバルチームの翔子が自分の息子と結婚することは許せないと、翔子にガンを飛ばします。

そこで我に返り、暴走族であったことは自分にとって消したい過去だったと吐露。

そこへミタゾノさんの北斗百裂拳(漫画:北斗の拳 ケンシロウの必殺技)のような掛け声が聞こえ、みんなで行ってみると、抹茶とヨーグルトを混ぜた「ミタゾノ流のお茶」をたてていました。

ミタゾノさんはその特製のお茶をみんなに振舞い、「一見合わないもの同士でも互いに結びつき、良さを認め合えれば、意外な美味しさに気づけるのかも知れませんね」と言います。

その言葉を受け、麗子は文雄と翔子の結婚を認めると言い、文雄も過去のことを忘れ、翔子とともに生きていくと言いますが、翔子は文雄の顔を掴んで投げ飛ばし、「アンタらと家族になるぐらいなら、孤独死上等!」と叫び、怒った麗子は文雄とオジサンを連れて家を出て行きました。

そして、これまでのことを謝るチャコとナナを許し、暴走族だった過去も消したい過去から大切な思い出となり、一件落着するのでした。

今週のミタゾノさんお役立ち家事テクニック!

「家政夫のミタゾノ2020」第6話内で登場したミタゾノさんの家事テクニックは4つ。

ひとつ目は、「緑茶が消臭剤に」。

緑茶の茶葉をフライパンで加熱し、部屋に置くと消臭作用があり、消臭剤が家に無い場合に使える代用品となります。

「用意する物」
・緑茶の茶葉 適量(小皿に3分の1程度)

ふたつ目は、「肌に付いた油性マジックを消す方法」。

ゴミ袋に名前を書く場合や日曜大工などで油性マジックを使い、うっかり肌にインクが付いてしまうことってありませんか?

肌に付いた油性マジックを消すにはオリーブオイルを布(もしくは直接でもいい)にしみ込ませ、汚れた箇所をこすると消えます。

「用意する物」
・オリーブオイル

三つ目は、「肉じゃがハヤシライス風デミグラスソース」。

肉じゃがを作り過ぎてしまって食べきれない場合や肉じゃがにもう一品添えたい場合などに使えるデミグラスソースの作り方。

まず、耐熱容器にケチャップ、しょうゆ、中濃ソース、キャラメルを入れ、その後にラップをして4分ほどチンし、バターを加えてデミグラスソースを作り、肉じゃがからジャガイモを取り出して潰して水を300㏄入れてペースト状にし、肉じゃがの中へ戻してデミグラスソースを絡めると「肉じゃがハヤシライス風デミグラスソース」の出来上がり。

「用意する物」
・ケチャップ 適量
・醤油 適量
・中濃ソース 適量
・キャラメル 2つ程度
・バター 少量(1㎝幅ぐらい)
・ご家庭で作った肉じゃが

四つ目は、「シェイク風お抹茶」。

日本の伝統である茶道のお茶にヨーグルトを入れるというミタゾノさんらしい斬新なテクニック。

抹茶とヨーグルトを1対1の割合で混ぜ、よくシェイクすると「シェイク風お抹茶」ができます。

「用意する物」
・粉末の抹茶 適量
・ヨーグルト 適量

今週の「家政夫のミタゾノ2020」もいざという時や日常の中で使えるテクニックが満載でした。

【家政夫のミタゾノ2020】6話の感想!

家政夫のミタゾノ2020第6話ドラマ内画像2

出典元:家政夫のミタゾノ2020公式HP

「家政夫のミタゾノ2020」6話を観た視聴者のTwitterでの反応はどうだったのでしょうか。

ここからは、第6話を観た方たちのTwitterでの感想をご紹介します!

「家政夫のミタゾノ2020」6話を観た視聴者の方の感想としては、「ドクターXネタ」や星野真里さんの演技力に対する反応がありました。

感想ではありませんが、他局で2018年に放送されたドラマ「チア☆ダン」の藤谷わかばの家が、翔子の家としてロケ地に使われていたようですね。

「私、失敗しないので」のシーンで、右下に「ドクターX」の著作が表示されていたのが、個人的には面白かったです。

【家政夫のミタゾノ2020】6話では「ドクターX」の名台詞が登場

今回の記事では、「家政夫のミタゾノ2020」6話のネタバレや感想、家事情報をご紹介しました。

毎回、今ホットなネタや大きなニュースになったネタを入れてくる「家政夫のミタゾノ」ですが、今回はまさかのテレ朝ドラマをテレ朝ドラマがイジるというネタを入れ込んできましたね。

Twitterでも反応している方がいましたが、ドラマ後半の「北斗の拳」のケンシロウのようなミタゾノさんの掛け声も個人的には気になるポイントでした。

次週の「家政夫のミタゾノ2020」は、またも同局イジりで、「必ずホシをあげる」が登場。

どんな感じで「警視庁・捜査一課長2020」の名台詞に繋げてくるのか楽しみですね!