2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【エール】55話のネタバレと視聴率!オープニングなしに反響!

エール55
https://realsound.jp/movie/2020/06/post-566610.html

【エール】55話のネタバレと視聴率!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第55話が2020年6月12日(金)に放送されました。

浩二(佐久本宝)は再び農家の畠山(マキタスポーツ)を訪ねる。一方、裕一(窪田正孝)は三郎(唐沢寿明)のためにハーモニカを聞かせようとするのだが…。

今回は【エール】55話のネタバレと視聴率について。

スポンサーリンク

【エール】55話の視聴率

【エール】55話の視聴率は21.6%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【エール】55話のあらすじ

浩二(佐久本宝)は、養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)を再び訪ねる。畠山は浩二の資料がよく調べられていたと話し、素直な返事をしてくれる。一方、三郎(唐沢寿明)は、浩二(佐久本宝)に大事な話があると、二人で話をする。そして、裕一(窪田正孝)は、三郎のためにハーモニカを聞かせようとするのだが…。その後、裕一と音(二階堂ふみ)は、久しぶりに権藤茂兵衛(風間杜夫)を訪ねるのだった。

番組表より

【エール】55話のネタバレ

【エール】55話のネタバレを紹介します。ご注意を。

畠山(マキタスポーツ)の素直な返事

畠山(マキタスポーツ)の素直な返事とは、りんご果樹園に挑戦してみるという承諾の返事だった。もちろん、資料が良くできていたこともある。補助金が出る条件付きでもある。しかしその前に浩二(佐久本宝)とこんな会話もかわす。

浩二:「俺、何でも良かった。見返すことが出来るなら…。」

畠山:「見返すって誰を?」

浩二:「兄貴や親父、世の中にですかね…。音楽の才能がある兄貴と違って俺には何もなかった。だから店を任された時は嬉しくて。でも、その店も無くなっちまって。」

畠山:「どんな家族でも割を食うやつはいる。」

浩二:「役場入って家みたいにが潰れた商売人や農家がたくさんあることに気づきました。福島、出て行った人もたくさんいる。だから残った俺たちで何かできないかと思って、りんご栽培提案したんです。」

三郎(唐沢寿明)の大事な話し

三郎(唐沢寿明)の容態が悪化。三日も意識不明となった。浩二は病気を伝えるべきだったと悔やむが、裕一(窪田正孝)は三郎が自身が長くないと知っていたと言う。三郎の腕をめくると、痛みをこらえるためにつけた痕があった。

家族が交代で三郎のそばにつく中、ついに目を覚ました三郎は浩二(佐久本宝)に大事な話があると、二人で話をする。

三郎:「浩二、おめえには散々迷惑かけて悪かったな。見せ継いでくれた時は腹の底から嬉しかった。」

浩二:「本当は、兄ちゃんの方がよかったろ?」

三郎:「馬鹿言え!あいつは音楽しか能がねえんだから。」

浩二:「俺、2人が音楽の話するのがずっと嫌だった。全然話に入れなくて。」

三郎:「音楽があったから、あいつと話が出来たんだ。浩二とは何が無くても言い合ってきたべ。浩二、俺が死んだら喪主はお前だ。喜多一を継いだものがこの家の家長だ。土地と家もお前が全部引き継げ。了承はとってある。」

三郎と裕一が神社へ出かけた際、「土地と家は全部喜多一を継いでくれた浩二に残してやりてえ。」と裕一にお願いしていた。「もちろんだよ、父さん。!父さんの好きにして。」と裕一は返答。

三郎:「母さんのこと頼んだぞ。」

浩二:「なんだよ、口約束ばっかし。だから騙されんだよ。」

三郎:「お前はだまされねえ。」

浩二:「分かんねえぞ。長生きして、俺のこと見張っててくれ。生きていてくれ。」

浩二:「お前、いいやつだな。」

三郎は、浩二の頭をポンポンと叩く。

浩二:「お前らのおかげでいい人生だった。ありがとうな。ありがとう。」

外では、裕一が三郎のためにハーモニカを吹いた。そして…。

その夜、三郎は息を引き取った。

夫婦茶碗?

葬式が終わって、東京へ帰るときになり、「兄ちゃん、俺りんごやんだ。上手いのできたら送るよ。」と笑顔を見せる浩二。「ありがとう。浩二。元気でな。母さんもね。」と裕一も笑顔で別れた。

その後、裕一と音(二階堂ふみ)は、久しぶりに権藤茂兵衛(風間杜夫)を訪ねる。

裕一:「あの、伯父さん。お、お花ありがとうございました。」

茂兵衛:「行かなくて悪いな。どうせあの世で会えっから。」

裕一:「父の生前は、ご心配やご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。伯父さんの期待にも応えられなくて本当に申し訳ありません。」

茂兵衛:「いいだろ~。この曲線!本当はずっとこれがやりたかったんだ。没頭できるのはいいことだ。好きなことだけで飯食える奴なんて一握りだ。せいぜい気張って嫁さんと子供に苦労かけるんじゃねえぞ!!」

裕一:「は、はい!」

茂兵衛:「夫婦茶碗だ!持ってけ。」

箱を開けてみると同じ大きさの茶碗が2つで…。

音:「あの、これはどっちがどっちですか?」

茂兵衛:「見ればわかっぺ!!」

裕一と音は顔を笑いあった。

【エール】55話の感想

浩二が報われた回でもありました。もらい泣きしちゃいますね。

夫婦茶碗でどっちか分からないのは、古山家らしいです。

大きさや色の違いなどで分かるはずですが、今回のは分かりませんでしたね 笑

オープニングなしに反響!

オープニング曲とともにタイトルバックが冒頭に流れるのが通例ですが、今回はまるで最終回かのような、オープニングなし。スタッフロールは画面下に流れていきました。どこも削れずに精一杯、三郎の最期を描き切った感じが伝わってきましたね。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】