2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【エール】54話のネタバレと視聴率!マキタスポーツが存在感発揮でトレンド入り!

【エール】54話のネタバレと視聴率!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第54話が2020年6月11日(水)に放送されました。

裕一(窪田正孝)は三郎(唐沢寿明)が末期の胃がんであると知る。一方、浩二(佐久本宝)は農家を訪ね、りんごの栽培を勧めるのだが、冷たくあしらわれてしまい…。

今回は【エール】54話のネタバレと視聴率について。

スポンサーリンク

【エール】54話の視聴率

【エール】54話の視聴率は20.7%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【エール】54話のあらすじ

皆の前では元気にふるまう三郎(唐沢寿明)だったが、往診に来た医師がまさ(菊池桃子)や裕一(窪田正孝)に伝える三郎の病状は深刻なものだった。裕一に食べたいものを聞かれて、久々に裕一のハーモニカを聴きたいと答える三郎。一方、役場に勤める浩二(佐久本宝)は養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)をたずねて、桑畑をリンゴを育てる果樹園にしないかと資料を片手に説得するが、冷たくあしらわれてしまう。

番組表より

【エール】54話のネタバレ

浩二(佐久本宝)は畠山(マキタスポーツ)に計画書だけ置いて帰ろうとする。すると、「お前の兄貴、『船頭可愛いや』の作曲家なんだって?今度来るときはレコードの1枚でも持ってこい!」と言い放つ。浩二は苦い顔をして帰って行く。

まさは三郎の前では気丈に振舞っていたが、音と2人になると涙を見せる。

まさ:「怖いの…。いつ、お父さんがって思ったらすごく怖いの。川俣のことで苦労をかけてきたからかな?とか、もう少し早く気付いてあげられればって。」

音は、まさに寄り添った。部屋にて。裕一は音に三郎に「何かしてあげられることはないか」と話す。東京の病院に連れて行けないか、汽車に乗るのは体に障るんじゃないか、と試行錯誤。そして、音はまさが気丈に振舞っているが辛くて泣いていたことを裕一に話す。

裕一はまさに「やっぱり受け取ってほしい。」とお金の入った封筒を渡す。またそこへ浩二がやって来た。

浩二:「また、母さんにすり寄ってんのか?兄さんの手助けはいらねえ。」

裕一:「浩二、僕に頼りたくないのは分かっけどこのままじゃ…。」

浩二:「兄さんは何もわかってねえ。やれっことはやってきた。俺だって金の工面して福島で一番って言われてる医者に連れて行って、それでもだめだったんだ。兄さんはな、もうとっくに家族じゃないんだよ!」

浩二に突き飛ばされる裕一。そこへ「騒がしいなぁ。起きちまったよ。」と言って三郎が部屋に入って来た。三郎は裕一に「飲みに行くぞ!」と言う。浩二やまさに止められても「大事な話があんだよ!」と言って裕一と出かけて行く三郎。

裕一と三郎は神社へいた。「みんな心配しているから帰ろう。」と言う裕一。

三郎:「裕一、俺はもうだめだ。みんな必死にごまかしてっけどそれくらいわかる。」

裕一:「何の話?」

何もわからないふりをする裕一に対して…

三郎:「その顔。お前、昔からちっとも変ってねえな。…おめえに、承諾してもらいたいことがあるんだ。」

三郎は真剣な表情でそう切り出して・・・。

【エール】54話:マキタスポーツがトレンド入り!

マキタスポーツさんがツイッタートレンド入りしていました。NHKの大河や朝ドラには引っ張りだこの俳優さん。昨日まで再放送されていた『中学聖日記』(2018、TBS)にもレギュラー出演していましたね。

朝ドラ【エール】では、その存在感とともに役に見事にマッチしていて、すっかり養蚕農家の畠山さんでした。もっと長くみたいのですが、ゲスト出演という形になりそうです。

物語的には、三郎の最期が迫る中、裕一と浩二のわだかまりがまだまだ根深くて見ていてつらい展開。ですが、次回は週の終わりの金曜日。覚悟して見届けたい回です。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】