2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【エール】第11週のネタバレあらすじ!「家族のうた」

朝ドラ【エール】第11週のあらすじネタバレ!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第11週「家族のうた」が2020年6月8日(月)から6月12日(金)まで放送!

週タイトル通り、裕一(窪田正孝)は故郷の小学校の校歌を作曲。しかし、故郷を捨てた裕一にとってツライ出来事と嬉しいことがあり…。

喪失と喜びが故郷・福島で交差する、号泣必死の第11週!

今回は 朝ドラ【エール】第11週のあらすじネタバレについて紹介!

朝ドラ【エール】のキャストとあらすじ!窪田正孝主演、二階堂ふみヒロイン!
朝ドラ『エール』のキャストとあらすじ! 2020年4月スタートのNHK朝ドラ第102作(連続テレビ小説)は『エール』。 主演は窪田正孝、ヒロインは二階堂ふみが務めます。 今回は朝ドラ『エール』のキャストとあらすじなどについて。 生糸輸出量世界一となった明治42(1909)年。福島の老舗呉服店に、古山裕一が誕生した。…
朝ドラ【エール】最終回ネタバレと全話あらすじ!人気キャストでまさかのコンサート!?
朝ドラ【エール】最終回ネタバレと全話あらすじ!人気キャストでまさかのコンサート!?窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』が2020年3月から同年11月まで放送。作曲家・古山裕一(窪田正孝)と歌手・音(二階堂ふみ)夫婦の物語を描きます...
スポンサーリンク

【エール】第11週のあらすじネタバレ

※地デジのテレビ欄・ガイド本などのあらすじ発表を元にしたネタバレあらすじです。

裕一(窪田正孝)地元の小学校校歌を作曲

娘のはなが生まれて四か月。作曲そっちのけで娘に夢中になる裕一(窪田正孝)

そんな中、小学校時代の恩師・藤堂(森山直太朗)から小学校の校歌を作ってほしいと依頼を受ける。裕一が作曲して送ると、数日後に「校歌完成披露会を開くので、ぜひ参加してほしい」との藤堂の手紙が届いた。

同時に、母のまさ(菊池桃子)からも妻と娘を連れて帰省するように促す手紙が届く。故郷を捨てた自分がどのような顔をして帰ればいいのかと戸惑う裕一。しかし、華が大きくなった時に故郷のことを話したいという思いから、裕一は福島に帰ることを決意する。

〈関連記事〉

【エール】51話のネタバレと視聴率!裕一(窪田正孝)の親バカが話題!
朝ドラ【エール】51話のネタバレと視聴率!窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第51話が2020年6月8日(月)に放送されました。娘が生まれて幸せいっぱいの裕一(窪田正孝)、一方の音は育児に追われて疲れ気味。そんななか、福島の恩師である藤堂先生(森山直太朗)から、小学校の校歌作曲の依頼が届き…。今回は朝ドラ【エール】5

裕一、喜多一へ帰る

校歌完成披露会は、福島の旅館で開かれた。披露会が終わり、その日の夕方、音(二階堂ふみ)と華と一緒に実家の喜多一に帰る裕一。店に足を踏み入れると、店内は商品がなくガランとしていた。実は半年前に店を閉めて、弟の浩二(佐久本宝)は役場の農業推進係として働いていた。伯父の茂兵衛(風間杜夫)が営んでいた川俣銀行も、今では人手に渡っていた。今、茂兵衛は隠居して陶芸に夢中になっているという。

その夜、大勢の客を集めて宴会が開かれる。銀行時代の仲間やハーモニカ倶楽部の友人・喜多一の元従業員もいる。「今夜は裕一の凱旋だ!みんなジャンジャン飲んでくれ」と上機嫌の三郎(唐沢寿明)

〈関連記事〉

【エール】52話の視聴率とネタバレ!昌子(堀内敬子)結婚にネット騒然!
朝ドラ【エール】52話の視聴率とネタバレ!昌子(堀内敬子)結婚にネット騒然! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第52話が2020年6月9日(火)に放送されました。 裕一(窪田正孝)は福島に戻り、恩師の藤堂先生(森山直太朗)と再会。そして、校歌の披露を終えたのち、久しぶりに実家を訪れ、父の三郎(唐沢寿明)らと再会し…

やがて浩二が帰ってくるが、彼は裕一をまともに見ようともしなかった。そのうえ「よくヘラヘラと帰ってこれたな」と、まだ怒りがおさまらない様子。

三郎(唐沢寿明)が病気!?

宴会中、音は三郎が胃のあたりを押さえて痛そうにしている姿を目撃。実は、三郎は胃がんだった。もう手の施しようがない。そう浩二から聞かされた裕一は言葉がなく茫然自失。

〈関連記事〉

【エール】53話のネタバレと視聴率!三郎(唐沢寿明)が胃がん判明で…
…html【エール】53話のネタバレと視聴率!窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第53話が2020年6月10日(水)に放送されました。久しぶりに里帰りした裕一(窪田正孝)を迎えて、かつての銀行やハーモニカ倶楽部の...

次の日、三郎を見た医者は家族に覚悟しておくよう告げた。夕方になり、裕一は何とかして父親を助けたいと、母・まさに金を渡す。そこへ、浩二が帰宅し、「手助けはいらない!」と、拒絶。

「で、でも今は家族一丸となって助け合わなきゃ…このまま放っといたら父さん…」と言う裕一の胸倉を浩二が掴んで、「兄さんは何もわかっちゃにいないんだよ!自分たちも何もしてこなかったわけじゃない。」という。実は、お金を工面して福島イチと言われる医者にすでに診てもらったのだ。しかしもう手の施しようはなかった。浩二は裕一を突き飛ばす。

そこへ、三郎が現れた。三郎は裕一に大事な話があると言い外へ連れ出す。「承諾してほしい話がある。」と、三郎は切り出すが・・・。

〈関連記事〉

【エール】54話のネタバレと視聴率!マキタスポーツが存在感発揮でトレンド入り!
【エール】54話のネタバレと視聴率!マキタスポーツが存在感発揮でトレンド入り!窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第54話が2020年6月11日(水)に放送されました。裕一(窪田正孝)は三郎(唐沢寿明)が末期の胃がんであると知る。一方、浩二(佐久本宝)は農家を訪ね、りんごの栽培を勧めるのだが、冷たくあしらわれてしまい…

三郎との別れ

三郎の容態が急変。意識を失い、三日目にようやく目を覚ました三郎は、「浩二と二人きりにしてほしい。」と言いだす。

三郎「浩二、俺が死んだら…喪主はお前だ。喜多一を継いだやつがこの家の主だ。」

そして、家や土地のすべてを(次男の)浩二に継がせることを伝えた。長男の裕一には了解を得ていた。

それを聞いて涙を流す浩二。三郎は、浩二の頭をなでた・・・。

その夜、三郎は安らかに息を引き取った。裕一は、浩二にこれまでのことを謝り、家のことと母親のまさのことを頼むと頭を下げる裕一。

数日後。帰り支度をする裕一に、浩二が告げた。「兄さん、俺、リンゴやるんだ。うめえリンゴができだら送るよ!」

二人の間にあったわだかまりがなくなり、裕一の顔には思わず笑みがこぼれた・・・。

〈関連記事〉

【エール】55話のネタバレと視聴率!オープニングなしに反響!
【エール】55話のネタバレと視聴率! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第55話が2020年6月12日(金)に放送されました。 浩二(佐久本宝)は再び農家の畠山(マキタスポーツ)を訪ねる。一方、裕一(窪田正孝)は三郎(唐沢寿明)のためにハーモニカを聞かせようとするのだが…。 今回は【エール】55話のネタバレと視聴率について。

【エール】第11週の事前レビュー

第11週のサブタイトルは「故郷の歌」!(※)

もちろん福島の小学校の校歌のことなんですけど、「歌は祈りだ」と題して公演する歌手もいます。

裕一にとっての、故郷の福島・古山家にかける祈り・願いを表す週タイトルとも解釈できるのでは?

父・三郎との別れと弟・浩二との和解が描かれる第11週。あらすじだけでも切ない展開ですね。

(※注:「故郷の歌」はガイド本での週タイトルです。放送では「家族のうた」になりました。上記の事前レビューは「故郷」から「古山家」にかかるのではないかと予想。タイトルが「家族のうた」になったので予想も何もそのものズバリ古山家のことなのです…。)

NHK朝ドラ『エール』第11週「新生活」が2020年6月8日(月)から6月12日(金)まで放送!お楽しみに!

アイキャッチ画像の出典:Amazon

エール
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】