2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【鍵のかかった部屋/特別編】1話視聴率とネタバレ!榎本登場&金庫の名場面カットにガッカリ

【鍵のかかった部屋/特別編】1話の視聴率とネタバレ!金庫の名場面カットに視聴者ガッカリ!

月9放送延期で大野智主演の人気ドラマ【鍵のかかった部屋】を再放送!

大野智・戸田恵梨香・佐藤浩市の凸凹黄金トリオ誕生の場面がカットされたとブーイング!

今回は、【鍵のかかった部屋/特別編】(再放送)1話の視聴率、ゲスト、あらすじネタバレ、感想について!

【鍵のかかった部屋】の動画
【鍵のかかった部屋】の動画は、地上波放送後FODプレミアムで期間限定配信中! 2020年6月29日現在、1〜4、6〜8話とスペシャルを配信中!最新情報はFODプレミアムで確認! TSUTAYAなどでDVDをレンタルすることもできますよ。
スポンサーリンク

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話の視聴率

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話の視聴率は10.8%(世帯)、6.5%(個人)でした!

さすが2012年の大ヒットドラマ、余裕で2桁超えとなりましたね。

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話のゲスト

【鍵のかかった部屋】1話のゲストを紹介します。

  • 前田昌明/大石満寿男…新日本葬礼社社長
  • 阿南敦子/田代芙美子…新日本葬礼社社長・大石の秘書
  • 風間杜夫/池端誠一…新日本葬礼社の専務。大石社長の甥
  • 堀部圭亮/日下部雅友…明正法務司法書士事務所の司法書士
  • 浜田晃/円山…貿易会社社長・大石の友人
  • 名高達男/小高…中央朝日銀行の頭取
  • 前田健/川崎…中央朝日銀行副頭取
  • 土師野隆之介/松田大輝…事件の目撃者

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話のあらすじ

【鍵のかかった部屋】1話のあらすじです。

フリードマン・芹沢総合法律事務所にやってくる新人弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)。

芹沢(佐藤浩市)は、クライアントから急な呼び出しを受けたため、青砥を日船貿易社の円山社長(浜田晃)とのアポに代わりに行かせる。

しかし円山の相談は芹沢の思っていた契約書の件ではなかった。

日本葬礼社の社長・大石(前田昌明)が亡くなり、密室のため自殺と思われていたが不審な点がある。大石はすい臓がんで余命半年だった。

しかし大石は司法書士の日下部(堀部圭亮)に遺言書の書き換えを依頼されていたという。

全財産を唯一の身内である甥の池端(風間杜夫)に継がせる内容だった。すでに公正証書も作成していたし、書き換えの依頼をしたのに自殺するのはおかしい、しかも池端には横領が発覚していた。

円山は芹沢に調査を依頼する。お金になる企業法務にしか興味がない芹沢は、まったく興味を示さない。

引き受けてしまったため、芹沢が仕事中の銀行の金庫についていく青砥(戸田恵梨香)。

芹沢と頭取が金庫の中で作業をしている最中、ちょっとした好奇心で金庫のボタンを押してしまう青砥。金庫の重い扉が閉まり、芹沢と頭取(名高達男)は金庫に閉じ込められてしまう。

「大事な契約があるのに!」と騒ぐ芹沢に「酸素が足りなくなる」という頭取。

東京総合セキュリティの榎本径(大野智)がやってきて作業を始める。

好奇心でちょっと質問した青砥は、榎本の鍵についてのマシンガントークにドン引き。

しかし絶対開けられないといわれた金庫をたった17分で開けてみせる。(カットされた部分)

それがもし他殺であるならば、解けない密室なんてこの世に存在しません。

青砥は、こう断言する榎本を密室殺人事件の調査にスカウトする。

山荘の密室トリックとは?

榎本(大野智)と日下部(堀部圭亮)と一緒に山荘に調査に向かう芹沢(佐藤浩市)と青砥(戸田恵梨香)。

自殺発覚当日は・・

鍵がなかったため、日下部と池端(風間杜夫)は掃き出し窓のガラスを割って中に入る。そこで見た状況とは…

・大石が部屋のドアを背にして体育座りのような姿勢で死んでいた。
・脚の前には重厚なテーブルが置かれ、そのテーブルはどっしりとしたソファで固定されている。
・ドアには天井から床まで白幕が張られ、遺体はそこに座っていた。
・すでに腐臭が立ち込めており、テーブルには書き直した遺言書が置かれていた。
・顔はパンパンに腫れていた。
・口からうじがわいていた。
・大石はモルヒネを大量摂取。
・知り合いの医師からモルヒネを入手して自分で静脈注射をしていたらしい。
・大石はアメリカでエンバーマーの講習も受けていた。

自殺なんかじゃない、大石社長は殺された!と日下部。

面倒なことが嫌な芹沢は早々に引き上げる。

そのとき榎本は無言で部屋を歩き回っていた。

適当に「自殺と言っておけ」と芹沢が青砥に言っていたところに榎本から電話がある。

東京総合セキュリティに行くと、榎本はここにはいないと同僚の立川。

榎本は会社の地下の防犯グッズの倉庫のようなところにいた。

博物館のように様々な防犯グッズが不思議な空間で、榎本は山荘の精密な模型を見せる。

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話のネタバレ

榎本(大野智)、青砥(戸田恵梨香)は、山荘を再び検証する。

・ドアの白幕に100本近い画鋲が使われていた。
・20kgくらいあるテーブルをわざわざドア前に移動する理由がわからない。

不自然なことが多すぎる。

犯人がこの部屋から逃げるとしたら、三方を固定されているが下は固定されていないドアしかない。

しかしそのためにはテーブルとソファも動かさないといけない。

何か別の発想、これまでとは違う次元の発想が必要なのかもしれない。

ちゃっちゃと「自殺」で片付けたい芹沢だが、青砥は引かない。

誰が犯人とか興味ない、推理小説はもったいぶるのが嫌い、という芹沢も純子の熱意に負ける。

山荘を見ていた少年の証言によると、社長が自殺したと思われている日に白髪の男性を目撃したという。

青砥は池端(風間杜夫)に違いないと、葬儀中に直接攻めに行くが、少年が見たのは社長本人だった。

榎本(大野智)は、ハエを見て事件の真相にたどりつく。

真犯人は池端(風間杜夫)!

真犯人はやはり池端(風間杜夫)だった。

横領がバレてしまった池端は、大石社長が遺言状を書き直すと困るため、山荘に向かった。

社長がガンの痛みで苦しみだしたのをいいことに、モルヒネを大量注射して社長を横たわらせて一旦外出する。

12時間後、死後硬直で硬くなった遺体をドアに立てかけ、テーブルをその前に置いて固定し、ドアから脱出。

一旦死後硬直した遺体は、だんだん硬直が解けて緩んでいくため、ドアの前に座っているような格好になったのだった。

証拠を出せという池端に、「証拠はない」と密室を解くことにしか興味のない榎本だが、切り札は芹沢(佐藤浩市)が握っていた。

池端は以前、大石の会社が破綻しかけたときに2,000万円の借金の保証人となり救ったことがある。

このことは2人だけの秘密だったので、新たな遺言書を書けたのは池端しかいない、つまり池端が犯人であることが証明された。

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話の感想

【鍵のかかった部屋/特別編(再放送)】1話の感想です。

大野智の早口長セリフと3人の出会いの金庫シーンカットにブーイング!

有名弁護士の芹沢(佐藤浩市)、新人弁護士の青砥(戸田恵梨香)、そしてセキュリティ会社の榎本(大野智)の3人が謎解きトリオを結成するきっかけ、3人のキャラクターがよくわかる導入部としての名場面がバッサリカットされていました。

2012年の初回の放送当時は、15分拡大版だったので仕方ないかもしれませんが、このシーンを切ってしまったら、3人のことがよくわかりませんね(汗)

まぁ、謎解き場面をカットするわけにもいかないのでしょうが…。

大野智の榎本の早口や指スリスリが懐かしい!

まとめと次回放送予定

久しぶりに榎本(大野智)のくせ者ぶりを堪能できた再放送。

実はDVDを借りて復習していたのですが、やはり1話の冒頭の金庫のシーンが最高なので、地上波再放送であの場面をカットされたのは残念です。

・やり手だけどチャラくてどこか抜けてる芹沢豪(佐藤浩市)
・純粋で好奇心旺盛、でもおっちょこちょいな青砥純子(戸田恵梨香)
・冷静沈着だけど、鍵ヲタクでプロフェッショナルな榎本径(大野智)


脚本の基本で大切なことに「初回で主人公をどう登場させるか」、「主人公のキャラクターを最初に印象付けるか」ということがあります。

金庫の場面はまさにそういう場面、さらに榎本とトリオを組む2人の性格もこの場面を見ればスッと入ってくる名シーンでしたね。

当時は初回15分拡大で放送していたからなのですが、今回はスポンサー等の調整がつかなかったのでしょうか?

見逃し配信は、FODプレミアム、TVerで配信中! ノーカットで視聴できますよ!

次回は、5月18日(月)よる9時より第2話「鍵のかかった部屋」を再放送!お見逃しなく!