2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【麒麟がくる】17話の視聴率とあらすじ!道三ロス・光安ロスが広がる!

麒麟がくる-17

出典https://mantan-web.jp/photo/20200510dog00m200043000c.html?page=001

大河ドラマ【麒麟がくる】17話の視聴率とあらすじ!道三ロス・光安ロスが広がる!

長谷川博己主演の大河ドラマ【麒麟がくる】17話がNHKで2020年5月10日に放送されました。

ついに長良川の対決へ。道三(本木雅弘)の最期に視聴者涙!おまけに光安(西村まさ彦)ロスも広がって…。

今回は【麒麟がくる】17話の視聴率とあらすじについて。

(動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルでポイントももらえるU-NEXTで。※配信は2020年5月時点の情報)

大河ドラマ【麒麟がくる】のキャスト一覧|長谷川博己が明智光秀役!
大河ドラマ【麒麟がくる】のキャス一覧 2020年のNHK大河ドラマは『麒麟(きりん)がくる』。 主人公“明智光秀”役を人気俳優・長谷川博己が演じます。 舞台は大河ドラマで最も人気の高い「戦国時代」。 若き織田...
【麒麟がくる】の視聴率と最終回ネタバレ!長谷川博己主演の明智光秀で高視聴率!?
出典Amazon 【麒麟がくる】の視聴率と最終回ネタバレ! 2020年のNHK大河ドラマは明智光秀が主人公の『麒麟がくる』。 主演:長谷川博己で、舞台は戦国時代。高視聴率は確実か? 今回はNHK大河ドラマ【麒麟が...
スポンサーリンク

【麒麟がくる】17話の視聴率

【麒麟がくる】17話の視聴率は、14.9%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【麒麟がくる】17話のあらすじ

尾張では、道三(本木雅弘)が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶(川口春奈)が憤っていた。道三が劣勢であることを聞いた信長(染谷将太)は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。光秀(長谷川博己)は、明智荘を守るべく、光安(西村まさ彦)と共に道三に味方することを決める。
ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せていった高政(伊藤英明)により、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく。

出典https://www.nhk.or.jp/kirin/story/17.html

あらすじネタバレ(1)道三(本木雅弘)の最期

帰蝶は信長に「父上の兵2,000人に対し、兄上は12,000以上の人数。負けると解った戦です。」と伝える。

しかし信長は、道三に援軍を出す。「皆、愚か者じゃ!」帰蝶はそう嘆いて信長を見送った。

光秀は、光安(西村まさ彦)と共に道三に味方する。

長良川を挟んだ戦いは、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく。

道三は一人で馬を駆り、進軍する高政の前に姿を現す。高政に一騎打ちを申し込む道三。

高政は「命までは取らぬ。我が軍門に下れ」と負けを認めさせようとする。

道三は「己を偽り、人を欺く者の軍門には下らぬ」と拒否。

そなたの父の名を申せ!父の名を申せ!」と何度も繰り返し問い詰める道三。

高政は「我が父は土岐頼芸様。土岐源氏の棟りょうぞ

道三は「我が子よ、高政よ。この期に及んで、まだ己を飾らんとするのか。その口で皆を欺き。この美濃をかすめ取るのか。おぞましき我が子。醜き高政。そなたの父はこの斎藤道三じゃ。成り上がり者の道三じゃ」

家臣に「この者を討て」と命じた高政。

道三は槍を手に高政へ向かうも、途中で家臣の一人に槍で突かれてしまう。

高政にもたれかかる道三は「高政。愚か者。勝ったのは道三じゃ」と声をかけて絶命した。

あらすじネタバレ(2):光安(西村まさ彦)から光秀へ

光秀は高政に駆け寄り、「道三様は、本当の父親ではなかったのか?」と問う。

高政は「わしの父は土岐頼芸様だ。」と言い放つ。

光秀「私は、土岐頼芸様を一度たりとも立派な方と思った事はない。しかし道三様は、誇りのある立派なお方だった。わしはそなたには屈っせぬ。それが答えだ。」

高政は「明智城は即刻、攻め落とす。」と告げた。


尾張では、戦の結果が帰蝶に告げられる。帰蝶は、伊呂波太夫(尾野真千子)に、美濃に行って欲しいと頼んだ。

そのころ、駒(門脇麦)と菊丸(岡村隆史)は、危険だと菊丸が言うものの駒は耳を傾けず、2人で美濃へ向かっていた。

光秀は明智家に戻ってきた。叔父の光安は、家督を譲ると告げた。光秀の父から預かっていたという旗印を渡す。

光安「明智家を存続させる為目にも、今は城から逃げて生き延び、そして再び城を持つ主になるのじゃ。」

高政の軍勢が明智家に向かっている事を知らされた光安は、「わしは後から行く。はよう行け!

しかし光秀の母・牧(石川さゆり)は去ろうとしない。

伝吾(徳重聡)がやってきて、「大事な田や畑や山や川や この先10年20年皆で守っていこうと思うております いつの日か大方様がまたお戻りになられたとき 何も変わらずこの里は村はあります それをまた見ていただくために 今日は旅に出てくださりませ」と牧に告げた。

光秀は「伝吾、すまぬ、無念じゃ…また会おうぞ」と言い、牧と煕子らを連れ、城を出た。

高政軍は、すぐそこまで来ていた・・・。

【麒麟がくる】17話の感想

SNSの反響:道三ロス・光安ロスが広がる!

道三と高政の悲しい結末で、SNS上も話題沸騰。道三ロスが広がりました。

さらに追い打ちをかけるように、光秀の叔父上、光安ロスも!

本木雅弘の道三と西村まさ彦の光秀の退場を視聴者は惜しんでいました。

徳重聡さんの伝吾のセリフも良かったですね。

麒麟がくる
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】