2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【徹子の部屋】ゲスト・加藤シゲアキ(NEWS)!手作りの梅干しに「おいしそう」の声!

【徹子の部屋】ゲスト・加藤シゲアキ(NEWS)!
テレビ朝日【徹子の部屋】4月22日放送はジャニーズのNEWSメンバーの加藤シゲアキさんがゲスト。
歌って踊る歌手“加藤シゲアキ”と小説家“加藤シゲアキ”の魅力を引き出す徹子トークに注目です。
【徹子の部屋】ゲスト・加藤シゲアキのプロフィール、ネタバレ、感想を紹介します。

スポンサーリンク

加藤シゲアキ・プロフィール

1987年7月11日生まれ。
ジャニーズ事務所・NEWSのメンバー。
愛称はシゲ。
NEWSのメンバーとしての歌手、ドラマや映画などで俳優として活動する傍ら、小説家としても活動。

小説家・加藤シゲアキ

「ピンクとグレー」で小説家デビュー。菅田将暉主演で映画にも。
「閃光スクランブル」「Burn. -バーン-」「傘をもたない蟻たちは」「チュベローズで待ってる」。「傘をもたない蟻たちは」はドラマ化。
3月に初のエッセイ「できることならスティードで」が発売。

【徹子の部屋】ゲスト・加藤シゲアキのネタバレ

4月22日放送の【徹子の部屋】。加藤シゲアキさんのトークを紹介します。

青山学院を選んだきっかけ

青山学院大学・法学部卒業の経歴を持つ加藤シゲアキさん。
すでに仕事をしていたので、留年しないために、テスト重視の法学部を選んだそうです。

高校生の時にNEWSでデビュー

メンバーはみんなそれぞれ。性格もバラバラだが集まると楽しくやれている、と。
加藤シゲアキさんの小説は、小山慶一郎さんは全作読んでいるのだそうです。

徹子さんとNEWSのライブDVDを視聴。

バルーンにつられた映像が流れ
「怖くはないの?」
と徹子さん。
「本番中はお客様を楽しませようと思うので恐怖はほとんどない」

演出はNEWSのメンバーの増田貴久さんとスタッフと手掛けているという加藤シゲアキさん。MCは小山慶一郎さん、歌は手越祐也さんと、役割分担ができているという。
とにかく仲のよいメンバーは「ある意味黙っていても心地がいい、家族のような親友のような、そんな関係」なのだとしみじみ。

息抜きで料理

小説を書いている息抜きで料理をするという加藤シゲアキさん。
釣りが趣味で魚をさばくことも。
梅干しをつけていて、15キロくらいつけたという梅干しを徹子さんにお土産として持参。
徹子さん嬉しそう。

小説を始めたきっかけ

NEWSのメンバーが9人から現在は4人。
メンバーが減る中、自分には何ができるのかと考えていたという。
いつか小説を書きたいという思いがあったのだと。
メンバーが6人から4人になるとき「チャンスを下さい」と事務所に言ったら「何ができるか」と訊かれたという。その時に「小説が書ける」といったところ「書いてみなさい」と言われて執筆したのが「ピンクとグレー」。

普通の小説家は賞をとることがきっかけになることが多いが、自分はジャニーズという看板を背負って書いていることを自覚しているので、僕にしかできないものを書こう、という。
小説家になって、色々な人のことをみていくようにもなり……
「ちょっとは優しくなったかな」と照れる。

「ファンの人は読んでますか?」と徹子さん。
「読んでくれています」と加藤シゲアキさん。

過激な描写も「もっと書いて」と言われ、ファンの方が成長している、と感謝の気持ちも交えて語りました。

母は手芸好き

・家族は?

履歴書を送ったのは母。
両親は常に加藤シゲアキさんの気持ちを優先してくれていたという。
辞めたかったら辞めてもいいし、続けたければ続ければいいというスタンス。

・小説の感想は?

最初は褒めてくれない両親が2,3冊目になってから褒めてくれるようになった。
エッセイでは家族のことも書いていて、祖父のことも書いているという。

徹子さん
「身内の方に自分の作品を読んでもらえるなんて、いいことだと思うわ」

家族に褒めてもらえて「書いて良かった」と語る加藤シゲアキさん。
祖父の思い出も語りました。

・母は手芸が得意。

眼鏡拭きやポーチなどをくれるのだとか。「ちょっと恥ずかしい」と照れていました。

ジャニーさんとの思い出

久々にジャニーさんに会ったら、加藤シゲアキさんの顔を忘れていたという。
加藤シゲアキさんが大人になっていたことに「YOU最悪だよ」と言ったと。
それはある意味、愛情ある言葉。
それが最後の言葉だと、ジャニーさんとの思い出を話しました。

「できることならスティードで」は旅エッセイ

スティードはバイクの銘柄。旅のエッセイなので「バイクで色々なところに行けたらいいよね」というイメージからタイトルを決めたという。
エッセイは初めてなので、原稿用紙10枚を面白く書くことが、難しくも感じたのだとか。

作家らしい愛の言葉をと徹子さんからのリクエスト

「憎しみは憎しみによって止むことはなく愛によって止む」
スリランカの代表演説が日本を救ったときの言葉をだという加藤シゲアキさん。

「愛の力強さやパワーを感じ、同時に愛を感じ続けることの難しさも感じている」
と締めくくりました。

【徹子の部屋】ゲスト・加藤シゲアキの感想

NEWSメンバーの加藤シゲアキさんがゲストいうので、ファンからのツイートもわんさか。ほんの一部ですが、感想を紹介します。

https://twitter.com/maple59_59/status/1252813655952912384

【徹子の部屋】感想

NEWSとして歌って踊る加藤シゲアキさんのトーク。徹子さんとのお話は、NEWS、小説家、家族、そしてジャニーさんとの思い出と、盛りだくさん。
NEWSとして歌って踊る加藤シゲアキさんの内面的魅力に触れたトークでした。
NEWSとして、個人として、スキャンダルもありましたが、そこを乗り越えての今があるのだと思います。
芸能界で生きること、小説家として生きることの強さも感じられました。

加藤シゲアキさんの小説はとても好きです。ファンとか抜きにして、楽しめるのでオススメです。

画像:徹子の部屋公式HP

ジャニーズ
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】