1560年に尾張国桶狭間(愛知県名古屋市緑区と愛知県豊明市にまたがる地域)で勃発した戦いです。駿河大名義元に対し、尾張の大名・織田信長が戦いを仕掛けました。

川の軍勢は戦国最強とも言われその数は3万、一方の織田軍はまずか4千でした。(諸説あり)

織田信長は奇襲を仕掛け、その勢力差をひっくり返し義元を討ち取ります。これにより川家は衰退の一途を辿り、信長は大きく勢力を伸ばしていきます。

戦国の勢力図を大きく塗り替え、転機となった戦いが桶狭間の戦いなのです。