Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編のネタバレと感想!衝撃の結末に続編待望の声!

Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編のネタバレと感想!衝撃の結末に続編待望の声!

5年後のアフターストーリーのラストに待っていたのは、直輝(横浜流星)衝撃の決断! レン(清野菜名)は日本一になって記憶を取り戻す? 2人の再会は?

「続きはHuluで」でも、絶対見る価値あり!

今回は【シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない】のあらすじネタバレ、感想について!

Huluオリジナル【シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない】の動画
【シロクロパンダ】とHuluオリジナルドラマの動画はHuluで全話配信中!横浜流星と清野菜名の最強バディの活躍やチェインストーリーをイッキ見しましょう!※2020年3月の情報です。
ドラマ【シロクロ】の視聴率と最終回ネタバレ!直輝(横浜流星)とパンダ(清野菜名)の過去がヤバイ! 横浜流星と清野菜名のW主演ドラマ【シ…
【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。】のキャストとあらすじ!横浜流星が清野菜名を飼育する! 2020年冬の新日曜ドラマは通称“シ…
スポンサーリンク

Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編のゲスト

レイザーラモンHG(役:)

会社でのイジメを乗り越え、心身ともに病んでいた男。直輝の診療を受けて半年後には体もムキムキになり、転職も決めて元気に!

前田旺志郎(役:奥野清賀)

すっかり大人になった「まえだまえだ」の弟くん、前田旺志郎がキーパーソンとして登場!

死ぬかもしれない、彼の父親とその問題とは?

Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編のあらすじネタバレ

【シロクロ】Huluオリジナルドラマのネタバレと感想!【シロクロ】最終回放送後にHuluオリジナルドラマの配信がスタート! 5年後のアフタ…

直輝の診察室−

貧弱でパワハラにあっていたが、直輝(横浜流星)の診察を半年受けて、体をムキムキに鍛えて、再就職も決めたという男が礼を言いに来る。

ミスパンダがいない今、イジメから救ってくれるのは森島先生しかいない、という男。お礼に女性を紹介しようとするが、直輝には誰かいる気配。

でも直輝はなぜかその大事な誰かを思い出せない。

スマホには小園(中田圭佑)が仕事を辞めたという連絡がある。

不眠に悩む高校生・奥野清賀(前田旺志郎)が再びやってくる。今度は父(中野剛)と一緒だ。

清賀は、直輝の父親のことを尋ねる。父親は殺された。一時は汚名を着せられたが汚名を晴らすことができた、と直輝は語る。

清賀の不眠の原因は、「もう帰ってこなくても、何があっても信じてほしい」と言う父親が心配でたまらなかったからだった。

直輝は、清賀と父親に何かあってもなくてもなんでも話してください、と話す。2人の後ろ姿を見ながら、思わず「パパ…」と呟いてしまう。

直輝は「ミスパンダ復活の日」のサイトを見て、何もできない自分を歯がゆく感じる。

そして楓(吉田美月喜)とレン(清野菜名)の囲碁対決の日がやってくる。

喫茶GOBANでは加賀(升毅)や常連たちが2人の対戦を見守る。

不安でたまらない楓は直輝に励ましてもらって頑張るが、結局レンが勝利する。

楓は悔しくてジタバタと暴れる。

レンは勝利者インタビューで、自分の中には2人の自分がいると語る。

ネガティブな自分がいるから慎重になれるし、ポジティブな自分がいるから決断できる。

5年前のスランプから抜け出せたのは、ある人のおかげ。

でもその人のことが思い出せない。

今後の目標は「幸せになること。自分に正直に生きたい」。「絶対幸せになるって自分自身(リコ)と約束したから…。

Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編・衝撃の結末とは!

直輝のもとには清賀がやってきて、父親が横領の罪を着せられて死んでしまった。

父親は清賀に「証拠をつかみにいく」とメッセージを残していたが、警察は「ただの遺言」と言い取り合ってくれない。

ミスパンダさえいれば…。

何もできない悔しさに苦しむ直輝(横浜流星)。

「ミスパンダ復活の日」のサイトとパパ(田中圭)のことを思い出して頭を抱え、悶えるうちに何かを思い出す。

直輝は何かを手作りし始める。

それが完成すると…、ミスパンダになった直輝がそこにいた!

Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編の感想

Huluオリジナルドラマ【シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない】後編の感想をまとめました。

衝撃の結末に視聴者困惑!?

まさに「そう来たか!」という結末でした。ファザコン直輝がミスターパンダになるとは…。

そして直輝のパンダコスが似合いすぎてびっくり。美形な人は何でも似合いますが、あのコスで「みんなシロクロつけてる?」と言ったり、大暴れするところを見たいですよね。

Hulu【シロクロ〜パンダは笑わない】後編のまとめ

直輝(横浜流星)とレン/リコ(清野菜名)の再会を期待する視聴者に対し、かなり斜め上、想定外!衝撃の結末となりました!

直輝(横浜流星)がみずからミスパンダ(ミスターパンダ)になる理由は…

・シロクロつけてグレーな事件に苦しむ人を救いたい
・父・哲也(田中圭)の教えを守る
・もうレン/リコを利用しない

前編で、ミスパンダが変な格好だという楓に「そう?ドストライク」と言っていた直輝。もともとのミスパンダの衣装も直輝の趣味による自作だったんですね。

直輝はレンとリコのことも思い出したはずですが、レンが日本一の女流棋士になったことも知り、もう利用しないと決めたのでしょう。

レン/リコへの深い愛を感じますね。

それでもパンダは笑わない〜タイトルの意味

「それでもパンダは笑わない」というサブタイトルの意味は、ラストのミスターパンダ直輝で回収→レン/リコはもうパンダにならない、ということで回収されたということでしょうか。

続編では直輝がひとりでシロクロつけるか、別の人がミスパンダになるかもしれないけど、やっぱりこの2人がいいですね!

【シロクロ】続編の可能性は?

直輝(横浜流星)がミスパンダになるという衝撃の展開。

続編は、横領の罪を着せられて殺された清賀(前田旺志郎)の父(中野剛)の事件を解決するところからスタート。

ミスパンダ(ミスターパンダ)の登場を知ったレン/リコ(清野菜名)も何かのきっかけで直輝のこと思い出して…、という展開になるのか。

いやいや、このHuluドラマでかなり斜め上からのラストシーンを描いたスタッフ。続編を作るとしたら、予想できないものになるでしょう。

直輝パンダの活躍が見たいので、続編やスペシャルの放送を心待ちにしています!

アイキャッチの画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク