2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】239話のネタバレと感想!しのぶ(清野菜名)の笑顔に涙

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】239話のネタバレと感想!
翔(菅谷哲也)が戻ってきた。しかし、里子やしのぶ(清野菜名)の消息はつかめなかった。
しのぶはどこに……。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】239話が2020年3月16日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編
【やすらぎの刻~道】239話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】239話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】239話のあらすじ

 

【やすらぎの刻~道】239話のネタバレ

福島から戻ってきた翔(菅谷哲也)は、現地の話をする。
やっと、郡山に入ったものの、ごったがえしていて、人を探すことなんてできない状態だった、と言う。
ガソリンがなくなり、歩いて探すことにした。そこで富岡からきたという人と出会った。
逃げきたその人が言うには、富岡は駅もなく、立入禁止状態。
「ただ、地震が起きてから、津波がくるまで、少しの時間はあったから、みんな逃げただろう」と。

詩子(渡辺早織)は、蚕に餌をあげわすれて殺してしまったことを謝る。
「いいよ、そんなことは」
と、翔。

**

公平はテレビを見ることをやめ、神に頼った。
すがれるものにはなんにでもすがつた。
そうやって、どんどん日が過ぎた。里子(菅野恵)からの連絡はない。

**

克夫(戸塚祥太)が車を運転していると、歩いてる里子を見つけた。
克夫が公平の家に連れていく。

しのと公平、里子は抱き合って涙する。

翔たちは走って帰ってくる。

そして、里子はしのぶ(清野菜名)のことを話す。

しのぶは翌日がピアノの発表会だった。中華料理屋で働いていたしのぶ。
地震が起きたのは2時46分。
しのぶはお店の主人たちと車で逃げたのだが、ピアノの楽譜を取りに戻った。
すると、津波が襲ってきた。
主人たちは危ないからと逃げたが、駅の上に海が……。
しばらくして、主人が真っ青な顔をして里子に家に来た。
里子は、富岡まで行ってみたが、国道は水浸し。

「車やいろんな物がぷかぷか浮いていた」と。
「ずっと待っていた。
待っても待っても帰って来ないの。堺に連絡しても繋がらないの」

里子は嗚咽する。
誰もが言葉がでない。

**

しのぶ(清野菜名)がピアノを弾く。

(思い出の場面が流れる)

翔とふたりで山道を歩いたり、翔のおでこにキスしたり……。

**

しのと公平は、いつものようにチョボクレを歌う。

♪あの災害は天罰じゃ。地震、津波、放射能。
あれから十年たたんのに、みんな、忘れておる
日本列島、どこへいく♪

<続く>

【やすらぎの刻~道】239話の見どころ

公平(橋爪功)のチョボクレ

震災を忘れてはいけないという、公平からのメッセージとも思われる歌です。

【やすらぎの刻~道】239話の感想

しのぶは津波に巻き込まれてしまったのでしょう。
しのぶがピアノを弾く場面はないのかと思われましたが、しっかりとありました。でも、悲しい場面になりました。
公平としのはボケたといいながらも、元気です。
もうすぐ最終回(27日)。次回もお見逃しなく♪


アイキャッチ画像:【やすらぎの刻~道】公式サイト

やすらぎの刻
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】