【やすらぎの刻~道】237話のネタバレと感想!竜(駿河太郎)のクズっぷりは公平の血か!?

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】237話のネタバレと感想!
震災があり、連絡のとれないしのぶ(清野菜名)を探すと翔(菅谷哲也)は家を飛び出し……。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】237話が2020年3月12日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】237話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…

この記事の目次
【やすらぎの刻~道】237話のあらすじ・ネタバレ
【やすらぎの刻~道】237話の見どころ
【やすらぎの刻~道】237話の感想

スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】237話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】237話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】237話のネタバレ

公平(橋爪功)の家には圭一家らが集まっている。

震災の報道をテレビで見ているが、居ても立っても居られない翔(菅谷哲也)は、探しに行くと家を飛び出した。

公平は、しのぶ(清野菜名)と翔の関係が大切なものだと思いめぐらし、戦時中の、三平としののことを思い出していった。

その晩、遅くに、剛(田中哲司)が駆けつけた。
公平は、何かしようと外に出た。

表に出て、鎮守の森に行ったところまでは覚えているが、その先がわからない。
道に迷ってしまい、家に帰ろうと思うが、家に帰る道がわからない。
心細くなり、そして、突然、恐怖が突き上げた。

**

公平の家。

しのは公平がいないことに気づく。
剛、克夫(戸塚祥太(A.B.C-Z))らは公平を探す。
そして、やっと公平は見つかった。
しのは
「どこ、行っとった」
と、公平に抱きつく。

**

圭(山村憲之介)、剛、文子(秋元才加)。

「こういうことは前にもあったか」
という剛に文子は
「ボケがきたかな」
と言う。

**

公平は、昨夜の出来事を朝になるとケロッと忘れており、怖かった記憶が心の奥に引っ掛かっていた。

昼前、竜(駿河太郎)が来た。
「日本経済は大打撃だ」
と話している。
翔がしのぶのところに行ったと聞き
「あいつは何やってるんだ」
と。
しのぶを心配するしのに竜は
「大丈夫だ、なんとかなってる」
と言うと
「冷たいな」
としのは泣く。

竜は、剛に、金を貸してくれと言い出す。
今がビジネスチャンスなんだという。

公平は、竜を“別の生き物”のだと思う。

家族の生死がかかっているのに、こいつは、何を考えているのだ
と。
こいつはいつからこんな男になったのだ、と嘆く。
<続く>

【やすらぎの刻~道】237話の見どころ

公平(橋爪功)のボケ

公平(橋爪功)は帰り道がわからなくなります。ぼんやりと思うのは過去のことばかりのようです。

【やすらぎの刻~道】237話の感想

帰り道もわからなくなるほど公平はボケてきたようです。家に戻り、しのと抱き合う場面に、夫婦の絆を感じます。朝にはすっかり元気になっていてなによりですが、竜は相変わらず。というか前以上にクズ男になっている。しかし、竜は正真正銘、公平の子どもです。竜の中の遺伝子は公平の遺伝子がとても強いのではないかと思われてしまうのでした。
翔は家を飛びだしていきました。しのぶのところに行けるのでしょうか。「生きていて欲しい」家族の思いが空回りにならなければいいのだけど……。
【やすらぎの刻~道】238話もお見逃しなく♪

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク