2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】228話のネタバレと感想!梅宮辰夫が天国からやってきた!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】228話のネタバレと感想!
菊村(石坂浩二)のところに、再び父・栄一(梅宮辰夫)が現れた。
菊村は、これまでのあらすじを語り始める。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】228話が2020年2月28日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】228話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回までネタバレなどあらすじを含めて記載。初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新する。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。

【やすらぎの刻~道】228話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】228話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】228話のネタバレ

父・栄一(梅宮辰夫)がやってきた。
「もう、ひと踏ん張りだね」
と栄一。
「ラストスパートだ」
という菊村は、1か月の出来事を語り始める。

**

竹芝柳介がイギリスに行くことになり、冴子(浅丘ルリ子)はカサブランカで別れを惜しむ。

マロ(ミッキーカーチス)がもう長くはないと知る菊村。
マロの生前葬を行い、そこで菊村は弔辞をよみあげる。
「怖がって震えろよ」
と……。

そして、菊村は【道】の執筆へ。

**

【道】

小野ケ沢に里子(菅野恵)と聡太郎(堺俊一)がやってきた。
二人は福島に引っ越すので、しのぶ(清野菜名)を引き取りにきたのだ。
しのぶは翔(菅谷哲也)に「詩子(渡辺早織)とお似合いよ、だからあの人と結婚しなさい」といって、福島へ。

公平(橋爪功)は、町の居酒屋「おもちゃ」のママ(高橋由美子)が気に入り、嘘をついて、深い仲になりかけた。
そこに、ママの兄(真木蔵人)が現れ、嘘がバレてしまい、お金を要求される。
翔は、そのために、バキュームカーの掃除の仕事をすることに。
無事に、お金を返した翔。その事実を知った詩子の父は感動をし、翔と詩子の結婚を認めた。
翔は結婚をし、子どもが生まれた。

村は人が減り、とうとう、ニキビ(山本圭)も引っ越してしまった。
菊村がニキビと駅まで歩いている頃、剛(田中哲司)は公平宅にいた。
しの(風吹ジュン)に、公平から三平の子どもだと言われたのだと言うのだ。
しのは、言葉につまり……。

**

一方、「やすらぎの郷」ではヨガ教室が大人気。
インストラクターの新一に女性たちは、夢中なのだ。
そんな中、マヤ(加賀まりこ)が自殺を図る。マヤは新一にマンションを借りてやっていた。新一は、若い女と付き合っていた。それがスクープに!
冴子は「マヤと私を一緒にしないでね。私は自殺に追い込んでやるわ」
と……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】228話の見どころ

梅宮辰夫さんの登場

菊村(石坂浩二)があらすじを語る回。

天国から父・栄一(梅宮辰夫)がやってきます。

この振り返りの回も今回がラストです。

【やすらぎの刻~道】228話の感想。

228話は振り返りの回。公平の大失態から翔の結婚。「郷」には新一の登場、マヤの自殺、といろいろありました。【やすらぎの刻~道】最終回まで1か月を切りました。菊村曰く「ラストスパート」。

これからの回に、ジャニーズの長谷川純さんが刑事役、里見浩太朗さんは二役で出演します。お見逃しなく。

アイキャッチ画像:【やすらぎの刻~道】公式HP

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】