2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【科捜研の女19】32話の視聴率とネタバレ!蒲原刑事のネイル姿が美しい!?

科捜研の女32話トップ

【科捜研の女19】32話の視聴率とネタバレ

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女19】32話が2月27日(木)に放送されました。

ネイルアートに隠された被害者・樹里と犯人の接点をマリコが徹底解明!

マリコの一声で実現した、蒲原刑事の赤いネイル姿が美しいと話題に!?

今回は、【科捜研の女19】32話の視聴率とあらすじ、ネタバレ感想についてお伝えします!

【科捜研の女19】の動画配信情報
【科捜研の女19】の動画はビデオパスで配信中!
au以外のスマホ、パソコンでも視聴可能です。

スポンサーリンク

【科捜研の女19】32話の視聴率

【科捜研の女19】32話の視聴率は、11.1%でした!

【科捜研の女19】32話のあらすじ

【科捜研の女19】32話のあらすじ

保険外交員の朝吹樹里(佐藤乃莉)が自室で刺殺された。臨場した榊マリコ(沢口靖子)は1ミリほどのパールを発見。

被害者の服装には合わない、派手な赤い爪に違和感を覚える涌田亜美(山本ひかる)。

被害者の所持品には、ネイルサロン『ラ・カージュ』の会員証があった。

詐欺や恐喝の前科を持つ樹里は、死の直前、誰かを恐喝していたことが明らかに。

事件当日、樹里の部屋を訪れた人物が恐喝を受け、殺害したのではないか…。

現場で発見されたパールにはエメラルドグリーンのネイル塗料が付着しており、事件当日、何者かが落とした模様。

容疑者はエメラルドグリーンの爪をしている可能性が高い。

心当たりがないか『ラ・カージュ』を訪ねるマリコ。

なんと店長の篠宮佐和(佐藤江梨子)が、エメラルドグリーンの爪にパールのストーンをつけていた!

佐和と同じネイルを施してもらったマリコはさっそくラボで鑑定。

樹里と佐和は高校時代、不良仲間で万引きや窃盗を繰り返していたことが判明。

それをネタに樹里が佐和を脅していたのではないか?

佐和は恐喝を受けていたことと、事件当日、樹里の家を訪ねたことは認めるものの、殺害は否認。

しかしアリバイのない佐和に対する嫌疑は濃厚で…。

そんな中、被害者の爪が二重に塗装されていたことが判明。

しかも上塗りされたマニキュアで隠されていたジェルネイルには、とんでもない秘密が隠されていた!?マニキュアの塗られた時間から佐和のアリバイを確かめるべく、マリコは科捜研メンバー全員の手を借り、ネイルアートの実証実験を行う!!やがてマリコが導き出す驚がくの真実とは…!?

ゲスト:佐藤江梨子、藤田弓子、広岡由里子、佐藤乃莉、植木祥平

記事の出展:テレビ朝日、番組公式サイト

【科捜研の女19】32話のネタバレ

【科捜研の女19】32話のネタバレ

QRコードの写真

被害者・朝吹樹里(佐藤乃莉)の爪のマニキュアを落とした結果、その下にはジェルネイルが塗られていたことが判明。

しかも、そのうちの1つからはQRコードが見つかり、そこには、2人の女性が写った写真データが入っていた。

科捜研でこの人物を顔認証でデータ照合した結果、そのうちの1人は過去に2回、傷害容疑で実刑を受けたことがある真木英子(広岡由里子)という人物であることが明らかになった。

土門刑事(内藤剛志)が京都西保護観察所に問い合わせると、過去に英子が保護観察になっていたことも確認できた。

また観察所の担当者によると、半月前にも同じように英子について問い合わせてきた人物がいたと言い、その人物はキキョウの花のネイルをしていたという。

佳乃と沙織の親子関係

榊マリコ(沢口靖子)は、キキョウの花のネイルをしていた三枝佳乃(藤田弓子)が、英子について何かを調べていると考え、話を聞くため自宅のクリーニング店に行った。

するとそこにはQRコードの写真データで、英子と一緒に写真に写っていた人物がおり、佳乃の娘・沙織(鳥居香菜)であることがわかった。

マリコは写真に一緒に写る英子について沙織に尋ねるが、沙織は面識はなくただ道を聞かれただけだと話す。

また、ネイルサロン『ラ・カージュ』の店長・佐和(佐藤江梨子)から「ハートの形、お母さんからのプレゼントね。」と言われたことで、幼い頃からコンプレックスを持っていた手の甲のあざも受け入れられるようになったと話すのだった。

そんな中、佳乃は沙織と樹里のことについて警察署の取調室で詳しく話し始める。

佳乃はかつて子供が出来ず、夫婦で話し合った結果、沙織を養子に迎え入れたという。

そして夫を亡くした後、心優しい沙織の勧めでネイルサロンに通い始めたのだったが、そこで出会った樹里は沙織が佳乃の実の子ではなく、養子であることを知っていた。

佳乃は樹里に沙織が実の娘ではないということをバラすと脅されていたのだった。

佐和の赤いマニキュア

実の母が英子であることを知った佳乃は、樹里に口止め料として50万円もする『ミオール』の三連リングを買わされたという。

佳乃はその後も、樹里に金品を要求され続けて困っていたと言うが、樹里を殺害したことについては否認した。

土門刑事は『ミオール』の三連リングを付けていた樹里の恋人・北村ケンジ(植木祥平)を追求、北村は遺体発見時に樹里の指からリングを抜き取ったことを認めた。

科捜研でリングを鑑定した結果、指から抜き取った際に付着したと思われる赤いマニキュアが残っていた。

佐和は樹里に赤いマニキュアを塗ったのは13時45分だと証言していた。

しかし、もし北村が14時30分にリングを抜き取ったなら、その時には赤いマニキュアは既に乾いていてリングに付着することはなかったはず。

佐和はウソの証言をしているのかもしれない…

そこで科捜研では、事件現場と同じ温度と湿度でマニキュアを塗り、乾くまでの時間を測定することになった。

そして科捜研のメンバーと蒲原刑事の協力の元測定した結果、最大でも23分で乾くことが判明。

佐和が赤いマニキュアを塗った本当の時間は、死亡推定時刻の範囲内の14時より後であることが明らかになった。

樹里殺害の犯人は英子

蒲原刑事が追求すると、佐和は樹里にマニキュアを塗った時間が死亡推定時刻の14時以降であることを認め、その時には樹里はすでに死んでいたと証言。

佳乃が樹里に金品を要求され続けていたのを知っていた佐和は、樹里を殺害したのは佳乃に違いないと思い、佳乃を庇うのにQRコードを隠すマニキュアを塗ったのだった。

マリコは佐和が事件現場で拾ったという樹里のつけ爪を持ち帰り鑑定することにした。

そして鑑定の結果、つけ爪には英子の皮膚片が付着していたことが判明、英子は樹里を殺害したことを認めた。

【科捜研の女19】32話の感想、まとめ

今回は、蒲原刑事のなかなか見られないであろう、赤いネイル姿が話題になっていました!

ネイルが乾くまでの時間を測るため、科捜研のメンバーに協力を仰ぐマリコ。

そこでなぜか刑事のはずの蒲原まで協力させられるという展開に…

イケメン刑事は爪までキレイだと女性からも絶賛の声が多数あがっていました。

https://twitter.com/haruka7103/status/1232994915866382337?s=20%MCEPASTEBIN%

今話では珍しい赤いネイル姿を見せてくれた蒲原刑事でしたが、やっぱりその人気は絶大だと感じさせられる回でした。

次回、【科捜研の女19】33話の放送は3月12日(木)の放送です!

記事内の画像出典:テレビ朝日、公式番組サイト

科捜研の女
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】