2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【病室で念仏を唱えないでください】4話の視聴率とネタバレ!少女の虐待死が胸糞すぎる!

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話の視聴率とネタバレ!少女の虐待死が胸糞すぎる!

研修医・田中(片寄涼太)の成長と、悲しい児童虐待のお話。

胸糞ラストの松本(伊藤英明)の暴走に、救急救命スタッフも視聴者も共感!

いったいどんな事件が起きたのでしょうか。

今回は【病室で念仏を唱えないでください】4話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想について!

ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】の動画配信

【念唱/ねんとな】【病室で念仏を唱えないでください 〜サトリ研修医・田中玲一〜】の動画はパラビで配信中!まだ初々しい伊藤英明が見られる【弁護士のくず】も見放題です。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話の視聴率

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話の視聴率は、8.1%でした。

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話のあらすじ

4話のあらすじです。今回は、研修医・田中(片寄涼太)の成長と悲しい児童虐待のお話。

医者は千手観音になれるのか?

緊急オペを終えスタッフルームでくつろぐ松本(伊藤英明)たち救命救急のスタッフ。

松本は、心臓血管外科医の児島眞白(松本穂香)が駆け付けてくれたおかげと感謝を伝える。

疲労困憊の吉田(谷恭輔)や研修医の田中(片寄涼太)は「すべての患者を受け入れたい」という松本の考え方には反対。働き方改革を叫ぶ田中。

部長の玉井(萩原聖人)や三宅(中谷美紀)、整形外科医の藍田(堀内健)も同意見だった。

松本は「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように…」と自らの意思を語るが、サトリ世代の田中には全く通じない。

一方、救急救命を手伝った児島に、濱田(ムロツヨシ)は編みぐるみを作りながら、「僕は僕にしか救えない患者を救いたい」。今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるなと命令される。

代わりのきく仕事は代わりのきく人間がやればいい。

田中(片寄涼太)の迂闊な発言に患者家族が混乱

救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)搬送される。

長沢は抗凝固薬を携帯していた。

松本は手術の立ち合いも含め、脳外の医師と共に手術室へ向ったが、知らせを聞き駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)は、手術中しを訴える。

吉田と田中が、功一の予後に関して話しているのを聞いてしまったのだ。

でも、今手術しないと死んでしまいます。という松本に、奈穂は取り乱して「介護なんて嫌だ」と泣き叫ぶ。沙織が手術を許可して手術は決行される。

オペの後、不用意な発言をした田中(片寄涼太)を責める松本。開業医の家に育った田中は医療現場でさまざまな家族を見てきた上での持論を語り、反発する。

松本は患者の有賀と話す。有賀は、介護を拒否する奈穂(中島ひろ子)のことで悩んでいた。有賀は後で後悔させないようにカミさんには最後まで看病させるという。

俺にしたみたいにお節介すればいい、クソ坊主らしく。そのお節介に救われたやつが言ってるんだから間違いない、と有賀は松本を励ます。

濱田(ムロツヨシ)が眞白(松本穂香)の腕試し

児島眞白が救命救急の松本に傾倒し始めたのが面白くない濱田は、眞白を第一助手につけ、その腕試しをする。

次は小児のオペをさせるという。

松本(伊藤英明)が児童虐待に気づくが…

ある日の夜、ジム帰りの松本(伊藤英明)は、小学生の品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つける。松本が近づいてみると、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気が付く。

「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、一見風貌の怪しい松本は、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話のネタバレ

4話のネタバレです。未視聴の方はご注意ください。

児童虐待の裏側

警官に僧侶であることを証明するために唱えた松本のお経を聞きつけ、偶然通りがかった眞白(松本穂香)が松本(伊藤英明)が医師であることを証明する。

見知らぬ大人に警戒する少年の心を眞白が解きほぐし、身元がわかる。

松本は少年の傷やあざを見て虐待の可能性と、児童相談所に報告するべきであることを警官たちに伝える。

後日、少年の担任である小学校教諭・植木(松角洋平)が松本に礼を言いにやってくる。

植木の話では、凱斗の母親は若い男と再婚して育児放棄をしているという。

家族の絆が起こした奇跡に田中(片寄涼太)は…

長沢の首につけられたチューブを見て皮下出血に気づいた田中のところに長沢の娘(美山加恋)がやってくる。

長沢はザギンのコーちゃんと呼ばれていた遊び人で、女にだらしなかった。妻が介護拒否していたのにもそういう理由があった。

どこの家にもいろんな事情がある、と自分と親の話をする田中

看護師から田中は意外とよく患者を見ていて細かいところに気づく、と聞いた松本は田中に歩み寄る。田中は長沢の妻があれから来ていないと告げる。

たまたま連絡があった宮寺憲次(泉谷しげる)にそれはどういう気持ちなのかと聞いてみると、憲次は「変わり果てた家族を見たくない」のではないかと言う。

実は妻の奈穂は毎日病院に来ていた。掃除のおばちゃん(宮崎美子)からそれを聞きつけた松本は奈穂を長沢のいるICUに連れてくる。

ザギンのコーちゃんが情けない…。

いろんな女性から電話がかかってくるけど、こんな姿見せられるのも私だけよね? 今度こそ何でも私の指示にしたがってもらうわよ。

と奈穂が話しかけると、長沢が奇跡的に目を覚ます。長沢家の絆に涙する田中は、自分の父親に電話してしばらくまだこの救急で修行したいと告げる。

あってはならない虐待の真実

ある夜、あおば台病院救急救命センターに瀕死の少女が搬送されてくる。

植木が連れてきた少女・愛羅(石田凛音)は、松本が以前公園で見つけた凱斗の姉だった。

愛羅は下半身から大出血をしており、子宮外妊娠をしていた。

もうたくさん頑張ってきたよね。大丈夫だから安心して…。

松本がそう語りかけると涙を流す愛羅。救命救急の渾身の治療の甲斐もなく、愛羅は命を落としてしまう。

救えなかった命に涙する松本や植木。

警察が来たところに、母親と義理の父親がやってくる。「愛羅ちゃんに何をした」という松本に、チャラチャラした義理の父親は、愛羅に性的暴行をしたことを「あいつが誘ってきたんだ」と言い出す。

松本は我慢できずにその鬼畜を殴ってしまう。

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話の感想

【ねんとな】4話の感想をまとめました。今回は少女の虐待事件に悲しみの声が上がりました。

目に見えない、わかりにくい家族の絆ってあるよね、と田中先生(片寄涼太)と嬉し泣きしたのも束の間、絶対に許せない事件が起こりました。

誰もが小学生の女の子に乱暴して妊娠させた鬼畜な義父をどうにかしてやりたい!と思いましたよね。

さすが松本先生です。少女が亡くなったとき、目を真っ赤にして泣いていたのも印象的でした。

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】4話のまとめ

今回は、家族の絆、児島(松本穂香)と田中(片寄涼太)の成長と決意と悲しすぎる児童虐待のお話でした。

普通の医療ドラマだと患者さんが奇跡的に助かることの方が多いのですが、【ねんとな】は現実的な医療現場の緊迫感と悲しみさえ、視聴者に訴えかけてきます。

次回は、鬼畜や義父を殴ったせいで無期限謹慎となる松本(伊藤英明)の葛藤と再生のお話です。

松本は、医師は千手観音になれるのか?

【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】5話は、2月14日(金)よる10時から放送です。

アイキャッチの画像出典:ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】公式サイト

病室で念仏を唱えないでください
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】