2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【シロクロ】4話の視聴率とネタバレ・考察!リコ(清野菜名)はレンのふりをしてるだけ!?

【シロクロ】4話の視聴率とネタバレ・考察!リコ(清野菜名)はレンのふりをしてるだけ!?

レンとリコの秘密が早くも明かされる!

飼育員さん(横浜流星)の正体が神代(要潤)にバレた!?

今回は、【シロクロ】4話の視聴率とあらすじネタバレ、感想、考察について!

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】のキャストとあらすじ!横浜流星が清野菜名を飼育する!
【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。】のキャストとあらすじ!横浜流星が清野菜名を飼育する! 2020年冬の新日曜ドラマは通称“シロクロパンダ”! 横浜流星と清野菜名がW主演で最凶バディに! 謎解きとアクションが見モノ...
【シロクロ】の視聴率と最終回ネタバレ!直輝(横浜流星)とパンダ(清野菜名)の過去がヤバイ
ドラマ【シロクロ】の視聴率と最終回ネタバレ!直輝(横浜流星)とパンダ(清野菜名)の過去がヤバイ! 横浜流星と清野菜名のW主演ドラマ【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う】(シロクロ) 2面性のあるレン(清野菜名)と謎のメンタ...
【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】の動画
ドラマ【シロクロ】の動画は、Huluで配信中!横浜流星と田中圭が共演した【あなたの番です】、清野菜名の聖子ちゃんカット&アクションが見られる【今日から俺は!!】も見放題!まずは無料でお試しを!※2020年2月の情報です。
スポンサーリンク

【シロクロ】4話の視聴率

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】4話の視聴率は7.7%!

前回より0.8%ダウンして、2桁達成への道がまた遠くなりました。

【シロクロ】4話のあらすじ

【シロクロ】4話では、レンとリコの秘密が明らかに!

門田(山崎樹範)がレンとリコの人格を入れ替えた?

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)にレン(清野菜名)に関する疑問をぶつける。
レンはレンじゃなくてリコですよね?

麻衣子(山口紗弥加)はもともと門田の患者で、リコとレンも子供の頃から診察に一緒に来ていた。

とくにリコは門田の話に興味津々。

10年前の火事の際、実は焼死したのはリコではなくレンだった。

リコは麻衣子(山口紗弥加)に愛されたいがために、レンにしてほしい、と門田に懇願。

門田は麻衣子とリコを救うために、いけないこととは知りながらリコにレンの人格を植え付ける。

仕方なかった!という門田に、本当に親子のためだけか、と迫る直輝。

門田は逆に「お前こそレンに何をしてるんだ」と問う。

一方、レンは自分に自信を持って直輝に好きになってもらえるように、日本一の囲碁棋士になると決意。

加賀春男(升毅)に改めて指導を頼むと、囲碁喫茶のみんなも応援する。

いじめ事件にミスパンダは?

天才囲碁美少女を自称する楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。

3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもり、いじめ問題にシロクロつけるためにミスパンダを呼べと要求する。

涼介カートに縛られ、カートには鉄アレイが括り付けられおり、翔太がカートを支えているロープを切るとプールのほうに下がっていく。

翔太は涼介からいじめを受けていると主張するが、涼介は否定している。

翔太はミスパンダを呼んで、シロクロつけてもらいたい。ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

校長は記者会見を行うが、いじめを否定。

スクールカウンセラーの春香(谷村美月)が真実を語ろうとするが止められる。

一方、直輝(横浜流星)の正体を暴こうとする神代(要潤)は、直輝の大学で学生たちに聞き込み中。

いじめ事件にミスパンダは?

翔太はだんだんいら立ち、涼介をプールに沈めようとする。

その様子を見ていた楓(吉田美月喜)は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とSOSを送る。

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、この件を伝えるが、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。

よくない前例を作りたくない、というのが理由だった。

【シロクロ】4話のネタバレ

【シロクロ】4話のネタバレです。未視聴の方はご注意を。

父・哲也(田中圭)から「誰かに助けを求められたら、助けに行け。それがお前自身も救うことになる」と教わっていた直輝(横浜流星)は、レンを呼び出す。

直輝のもとに行こうとするレンは、門田から、森島直輝に近づくな。あいつは君を利用しているだけだ、と吹き込まれる。

その頃、神代(要潤)は直輝の友達・小園(中田圭祐)たちから直輝の父・哲也の情報を得ていた。

中学校側はマスコミに取材自粛要請を出すが、あずさ(白石聖)は逆に学校側が何かを隠していると考え、AD伊藤(坂東龍太)と学校に潜入する。

事件が起きた中学校はあずさの母校だったため、裏からプールが見えるダクトに入ることに成功する。

プールではスクールカウンセラーの春香(谷村美月)が、「翔太くん、あなたはひとりじゃない」と呼びかける。

直輝はスーツ姿の教師?に変装し、学校に忍び込み、ぬいぐるみのパンダと変声機を使い、ミスパンダの声で翔太に語りかける。

しかし警備員に見つかってしまい、校内を逃げ回りながら翔太を挑発し、本音を言わせるように仕向けていく。

ミスパンダの指示通り、ぬいぐるみのパンダを持ってプールに向かう春香。

春香はミスパンダの作戦が基本的な心理テクニックに基づいたものだと指摘する。

直輝のことを調査する神代(要潤)のところに門田(山崎樹範)が注意しにくる。

神代から直輝がミスパンダと同行していることを聞き…。

中学校のプールでは、春香が中に入ったところで、翔太にいじめについて聞くミスパンダ(直輝)。

いじめの内容は…

・チア部のユニフォームが放課後、翔太の机の上に置いてあった。
・臭いを嗅ぐ翔太を撮った動画をバラ巻くと脅迫され、ゆすられ続けていた。
・翔太は春香に相談したが、なぜかそれがバレて脅迫が激化。
・翔太はもう死ぬしかないと、今回の行動を起こした。
・校長は「いじめはなかった」と言わなければ退学だと言った。

スクールカウンセラー春香は、「あなたはひとりじゃない」と叫び、翔太を制止しようとするが…。

実体のミスパンダはプールに現れると、「お仕置き」といって最後のロープを切り、涼太をプールに落としてしまう。

あわてて涼介を助けると言い出す翔太。

実は涼介と翔太は幼馴染みの友達。いじめは涼介の仕業ではなく何者かにハメられたという。

真犯人をあぶり出すために涼介と翔太は自作自演の事件を起こしたのだった。

真犯人は、よきスクールカウンセラーと評価の高かった春香だった。

自分の功績を上げたいがために。わざと問題を起こして生徒を助けていたのだった。

いくつもの事件でタイミングよく生徒を救った春香に疑問を持った直輝は、真相を見抜いていたのだった。

「つまらないから」「功績をあげるため」に犯行に及んでいた春香は、実は観察眼に優れており、本物の優秀なスクールカウンセラーにもなれるはずだった。

真実を暴いてくれたミスパンダに礼を言う翔太。

ミスパンダ(直輝)は、助けたのはお前のためじゃなく自分のため。これからはお前が助けを求める人を助けろ、と言う。

事件を解決した直輝はあずさ(白石聖)を見かけて隠れる。

そのときあずさのスマホにはコアラ男を名乗る者から、直輝とレンが図書館で抱き合う画像が送られる。

ショックを受けるあずさ。

アジトに帰った直輝とミスパンダ。ミスパンダに「リコ」と呼びかけてみる直輝だが、ミスパンダは「私はパンダだよ」と答える。

帰り道、神代(要潤)に「飼育員さん」と声をかけられた直輝は…。

【シロクロ】4話の感想

横浜流星がとにかくカッコイイ!

スーツにメガネだけでも萌えるのに、パルクールの華麗な身のこなし。最高でしたね!

田中圭の優しいパピとその教えもカッコいい!

誰かに助けを求められたら助けに行け。

それがお前も救うことになる。

やさしさは強さだ。

…って、哲也パパ(田中圭)の正義の教えとやさしさはハンパないですね!

【シロクロ】4話の考察とまとめ

4話でわかったことを整理しましょう。

・10年前のバンガロー火事で生き残ったのはレンじゃなくリコ。
・麻衣子は昔から門田の患者。診察にリコ/レンを連れてきていた。
・リコは門田の精神医学に興味津々だった。
・門田は、火事の後、リコに頼まれてレンの人格を植え付けた。
・直輝は門田がリコとレンを入れ替えたのは研究のためと思っている。
・神代の動きで、門田と加賀春男はレンがミスパンダだと知る。
・神代は直輝の父親の事件と、直輝が飼育員さんであることを突き止める。
・直輝とレンの抱擁シーンを撮ったコアラ男があずさに証拠画像を送る。

レンとリコの入れ替わりと門田の記憶・人格操作は、ドラマ放送初期から考察班に予想されていたことですが、それをリコ自身が頼んだというのは意外でしたね。

今回で気になるポイントは、あずさがコアラ男から画像を受け取ったときに、直輝の浮気?に対してショックを受けただけではなく、その相手がレン/リコ(清野菜名)と見て激しく動揺したようだったこと。

やはりあずさとレン/リコには以前、何らかの関わりがありそうです。

また、直輝がミスパンダを「リコ」と呼んだとき、ミスパンダは「私はパンダだよ」と答えて直輝を安心させましたが、実はリコ(現在のレン)は人格を入れ替えられていなくて、ただレンのふりをしているだけなのではないか、と感じました。

直輝の言う通り「考えるな、感じろ」とするならば…。

リコは幼少期から門田の話を興味深く聞いていたということで、精神医学や心理学ではもしからしたら直輝より長けている可能性があります。

門田からの「直輝に近づくな」という忠告にも、「あの人の役に立てているのならうれしい」と答えていたし、実はレン(本当はリコ)に利用されているのは、直輝と門田のほうなのでは?

前半から秘密の暴露が始まった【シロクロ】。

後半がどうなるのかが今から楽しみです。

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】5話の放送は2月9日(日)よる10時30分から! お楽しみに!