ドラマ【LINEの答えあわせ】キャストとあらすじ!日中同時配信となった理由

2020年2月1日の深夜0時58分から「読売テレビ」や「TSUTAYA TV」で放送・配信が開始される「LINEの答えあわせ」

さらに中国の動画配信サイト「bilibili」でも配信され、異例の日中同時配信されることが注目されています。

今回は、「LINEの答えあわせ」のキャストやあらすじなどをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【LINEの答えあわせ】のあらすじ

出典元:LINEの答えあわせ公式HP

「LINEの答えあわせ」の舞台となるのは、「グランロッサ」というレストラン。

レストランで行われる「一日料理教室」に参加した「ITベンチャー社長」、「モデル」、「外資系商社マン」、「恋愛小説家」、「アパレルプレス」、「気鋭のシェフ」、「TVドラマプロデューサー」というそれぞれ職業も年齢もバラバラな7人が集まり、恋に落ちます。

その「一日料理教室」で意気投合したITベンチャー社長・安井司(古川雄輝)とモデル・吉川沙羅(筧美和子)は、LINEを交換して順調にやり取りしていたはずが、突然の既読スルー状態に。
※第1話のストーリー内容

7人それぞれのLINEにまつわる恋愛模様を男性側と女性側の目線でストーリーが展開し、そのエピソードから恋愛を成功に導くヒントを与えてくれるドラマとなっています。

7人の男女がLINEを使ってどんなやり取りをし、それぞれの恋愛を成就させていくのか気になるところです。

ドラマ【LINEの答えあわせ】のキャスト

ITベンチャー社長・安井司(古川雄輝)

古川雄輝

出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

32歳という若さでITベンチャー企業の代表取締役を務める若き経営者。
料理教室で出会った沙羅に一目惚れし、LINEでやり取りしますが、LINEのアイコンが原因で既読スルーされることになります。

モデル・吉川沙羅(筧美和子)

筧美和子画像出典元:LINEの答えあわせ公式HP

主要人物7人のひとりで、司とLINEのやり取りをするモデルの女性。

雑誌のモデルをしており、男性からちやほやされがちで、女性からのウケは悪いようです。

TVドラマプロデューサー・笹川佳奈子(坂井真紀)

坂井真紀画像出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

サバサバした性格の恋愛経験豊富な女性ドラマプロデューサー。

職業柄、俳優と付き合うことも少なくなく、恋愛経験は豊富ですが、生活は仕事中心で女友達と独身同盟を組んでいます。

恋愛小説家・徳川良正(眞島秀和)

眞島秀和画像出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

ワイン好きの恋愛小説家で、小説の他にもバーを経営。

食べることと飲むことが好きなので、恋愛相手も食べることと飲むことが好きな女性を望んでいます。

アパレルプレス・新見恵理乃(大西礼芳)

大西礼芳画像出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

アパレル企業に入社して10年目のアパレルプレスで、年上のダメ男ばかりと付き合い、自分のことを変えたいと思っています。

年下の藤城とLINEでやり取りしますが、話が面白くなかったり、レストランで注文し過ぎるなど、ひっかかりを感じて既読スルーし、恋愛には至りませんでした。

外資系商社マン・藤城幸也(黒羽麻璃央)

黒羽 麻璃央画像出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

有名大学出身の外資系商社マンで、幼少期からゴルフを嗜んでいます。

育ちが良く、優しい性格をしていますが、不器用でなかなか思い切った行動が出来ません。

オーナーシェフ・岩佐晃(和田正人)

和田 正人画像出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

「一日料理教室」を開催するレストラン「グランロッサ」のオーナーシェフ。

離婚歴があり、自分のことに関しては秘密主義で、恋愛相手は自分にないものを持った人に惹かれる傾向があります。

沙羅のモデル仲間・エリカ(鈴木ゆうか)

雑誌のモデルをしている沙羅のモデル仲間として第1話に登場。

ドラマ【LINEの答えあわせ】の脚本・監督

脚本・岸本鮎佳

岸本さんは、脚本や演出を担当する一方で、女優としても活躍されています。

2018年7月期に放送されたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」や2019年1月期に放送されたドラマ「私のおじさん〜WATAOJI〜」などの脚本も担当。

脚本・モラル

演出家・脚本家として舞台などを手掛けていますが、小説家として2015年7月期に放送されたドラマ「ホテルコンシェルジュ」の小説版を書いていました。

監督・瀧悠輔

2019年1月期に放送されたドラマ「パーフェクトクライム」や2019年7月期に放送されたドラマ「わたし旦那をシェアしてた」などの監督。

監督・金井純一

2013年11月公開の映画「ゆるせない、逢いたい」や2014年4月に公開された映画「さよならケーキとふしぎなランプ」、2019年7月期に放送されたドラマ「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」などの監督。

監督・吉田和弘

助監督として、2019年9月公開の映画「台風家族」や2019年11月に公開された映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」に携わりました。

監督・針生悠伺

任天堂の人気ゲーム「スプラトゥーン」のCMやB’zなどのミュージックビデオを手掛けてきた映像ディレクターで、TSUTAYAが主催する映像コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」にてグランプリを受賞した方です。

ドラマ【LINEの答えあわせ】の主題歌

theengyビジュアル画像

出典元:LINEの答えあわせ公式㏋

「LINEの答えあわせ」の主題歌を2019年10月にメジャーデビューした男性4人組の「the engy(ジ・エンギー)」というバンドが担当し、「Driver」という曲を歌っています。

バンドでボーカル・ギターを担当している山路洸至さんは、この曲のことを「恋愛上手に振舞っている相手にうんざりしながらも振り回されてしまう」という感情を歌いあげているらしいです。

ほぼ全編英語の歌詞で、テンポが良く、カッコイイ曲に仕上がっています!

ドラマ【LINEの答えあわせ】の原作

グルメ情報や短編ドラマ、小説などを連載するWEBサイト「東京カレンダー」で2017年4月から同年10月まで連載されたエッセイは、月間約2,000万PVという圧倒的人気。

2018年2月には宝島社から書籍化もされ、2020年の1月には「LINEマンガ」で漫画化されて電子コミックとして配信開始。

古川雄輝さんを主演としてテレビドラマ化し、日本と中国で同時配信するという日中合同のプロジェクトが始動すると2019年9月に発表。

そして、2020年2月1日から日本では読売テレビやTSUTAYA TVなどで配信・放送され、中国でも同日に「bilibili(ビリビリ)」という動画配信サイトで配信が開始されました。

日中同時配信となった背景

「LINEの答えあわせ」と同様に「東京カレンダー」で連載されていた「東京女子図鑑」を原作としたドラマが、「Amazon Prime Video」にて2016年12月から配信され、そのドラマが中国で「上海女子図鑑」や「北京女子図鑑」へとリメイクされました。

「東京カレンダー」原作のドラマを中国でリメイクしたことによって、「東京カレンダー」の知名度が中国で一定以上あったことが同時配信となった要因のようです。

中国にはLINEがないはずなのに共感できる

確かに「LINE」は、日本で提供されているコミュニケーションアプリで、中国にはありません。

ただ、中国版LINEとも言える「We Chat」というアプリがあり、LINEと同じようにスマホやPCで相手とコミュニケーションを取ることができます。

そのため、LINEがない中国でも「LINEの答えあわせ」に共感することができるのです。

ドラマ【LINEの答えあわせ】の放送地域

「西日本地域」

・読売テレビ(YTV) ※東京圏でも日本テレビ系列で放送 2020年2月1日深夜0時58分放送スタート

・中京テレビ(CTV) 2020年2月4日深夜1時59分放送スタート

・広島テレビ(HTV) 2020年2月7日深夜2時14分放送スタート

・福岡放送(FBS) 2020年2月8日深夜2時放送スタート

・宮崎放送(MRT) 2020年2月17日深夜1時放送スタート

・長崎国際テレビ(NIB) 2020年2月9日深夜1時25分放送スタート

・くまもと県民テレビ(KKT) 2020年2月4日深夜1時59分放送スタート

「東日本地域」

・秋田放送(ABS) 2020年2月9日深夜1時25分放送スタート

・ミヤギテレビ(MMT) 2020年2月7日深夜1時59分放送スタート

・福島中央テレビ(FCT) 2020年3月放送開始予定

・テレビ神奈川(TVK) 2020年2月4日夜11時放送スタート

・静岡第一テレビ(SDT) 2020年2月10日深夜1時59分放送スタート

まとめ ドラマ【LINEの答えあわせ】でLINE恋愛の勉強

今回の記事では、ドラマ「LINEの答えあわせ」のキャストやあらすじなどをご紹介しました。

「東京カレンダー」に連載されていた頃から知っていた方や「LINEマンガ」で原作のファンになった方も多い作品だと思うので、ドラマ版の「LINEの答えあわせ」を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

個人的には、ドラマ版で7人それぞれがLINEを使ってどんなやり取りをするのか気になっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク