2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【トップナイフ】4話の視聴率とネタバレ!母から西郡(永山絢斗)への第一声が切なすぎる!

【トップナイフ】4話の視聴率とネタバレ!母から西郡(永山絢斗)への第一声が切なすぎる!

西郡の痙攣の原因?自分を捨てた母を西郡は救えるのか?

記憶を失くしても全てがなくなるわけじゃないってどういうこと?

今回も、孤独なトップナイフたちが脳の不思議とトラウマに立ち向かいます。

今回は、【トップナイフ】4話の視聴率、ゲスト、あらすじとネタバレ、感想について!

【トップナイフ】の動画
ドラマ【トップナイフ】の動画は、Huluで配信中!天海祐希主演【女王の教室】も見放題!※2020年2月の情報です。
【トップナイフ】の視聴率と最終回ネタバレ!天才脳外科医たちの人に言えない秘密とは?
【トップナイフ】の視聴率と最終回ネタバレ!天才脳外科医たちの人に言えない秘密とは? 天海祐希主演の新医療ドラマ【トップナイフ】。 曲者・今出川(三浦友和)が深山たち天才脳外科医たちを集めた秘密と理由は? ここでは【トップナ...
ドラマ【トップナイフ】のキャストとあらすじ!天海祐希主演で日テレがシリーズ化を確約!?
ドラマ【トップナイフ】のキャストとあらすじ!天海祐希主演で日テレがシリーズ化を確約!? 2020年冬の新土曜ドラマは天海祐希主演の【トップナイフ】。 天才脳外科医演じる天海祐希がクセ者揃いの医師たちに振り回される!? 日テ...
スポンサーリンク

【トップナイフ】4話の視聴率

【トップナイフ】4話の視聴率は10.6%! 2桁キープはしたものの、前回より2.3%もダウンしました。

【トップナイフ】4話のゲスト


山田喜和子役に中尾ミエ、その娘に三浦透子がゲスト出演しました。

西郡(永山絢斗)にとって大切な人たちです。

本田博太郎、綾部俊樹の名優コンビも記憶にまつわるお話です。幼馴染という2人の真の関係は?

【トップナイフ】4話のあらすじ

今回は、記憶をテーマにした西郡(永山絢斗)のトラウマの物語です。

記憶がない老婦人と西郡(永山絢斗)の関係は?

深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない老婦人患者(中尾ミエ)の身元特定ができずに困っていた。

患者の娘・千春(三浦透子)が駆けつけると、西郡(永山絢斗)は、老婦人は自分の母だと告白する。

山田喜和子(中尾ミエ)は女性心臓外科医の第一人者だった。

2年前に脳腫瘍を発症し、難手術を西郡(永山絢斗)が執刀した結果、記憶をなくして徘徊するようになってしまった。

千春は手術ミスのせいだ、西郡と母は折り合いが悪かったから殺そうとしたのでは?と西郡を責める。

西郡の上の兄が2人とも出来がよかったため、西郡は何かと比べられてきたし、親に捨てられたような気になっていた。

深山は千春に、西郡の手術はミスではないし脳外科医として間違っていないと言う。

喜和子の手術についてミーティングしている脳外科のトップナイフたち。

“逆向性健忘”は腫瘍が取りきれていないことが原因だが、無理に取ろうとすると大出血する可能性があるから、西郡の手術は間違いじゃない。

という深山に対し、黒岩(椎名桔平)は、「俺なら全部取る」「執刀医がビビったんだろう」と西郡を挑発する。

西郡と喜和子親子の関係を自分と娘・真実(桜田ひより)と重ねてしまう深山。

バー・カサブランカで西郡を徹底批判した黒岩に言い過ぎだというが、黒岩は「甘い」とバッサリ。

コルサコフ症候群の老人と友人の関係は?

60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼馴染の内田正(綾田俊樹)を診察に連れてくる。

内田の記憶は3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる。

山口はなぜかバッグの仲に包丁を隠し持っていた。今出川(三浦友和)は清の闇に気づき、牽制する。

山口が内田の話を聞き、記憶を辿らせる。

内田が高卒だけど大卒を見返してやろうと頑張って成功した話をするが、途中でまた33歳に戻ってしまう。

山口は内田が思い出してはいけないことを思い出さないか、見張っているようだ。

心配する深山と今出川。

一方、来島(古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、真凛(森田望智)に焚き付けられるが、ただ暴飲暴食しただけだった。

【トップナイフ】4話のネタバレ

ここからネタバレありますので、未視聴の方は閲覧ご注意ください。

山口(本田博太郎)が内田(綾部俊樹)の口封じ!?

山口(本田博太郎)が内田(綾部俊樹)を外に連れ出す。

内田が本当に記憶を失くしているのか、いつ取り戻すのかが気になって仕方がない山口。

投資会社で成功したあと、いろんな企業を買収して潰した。

長野の旅館をひとつ潰したのを覚えてるか?

おかげで親父は首吊って死んだ。お前は、親友を利用したんだ。憶えてるだろ? と山口が包丁で内田を襲おうとしたとき、深山が制止する。

内田はただ「寒いよ」というだけだった。

山口と内田は長野の山奥で育った幼馴染だった。

もともと借金を抱えていた山口の父親から旅館を買い取り、それを売って莫大な利益を得た。

それが幼馴染みにすることか? と山口。

深山(天海祐希)は、事情があったのではないか、組織の一員として無理していたかもしれないという。

そして感情の記憶だけは扁桃体が憶えている。

内田は山口が誰かはわからないが、内田の心は山口のことを「大好きな人」と憶えているのだと説明する。

山口が内田の病室に戻ると内田はバッグからりんごを見つける。

隠し持っていた包丁でりんごを剥く山口。内田は子供のころ山口とりんご園でりんごをくすねて食べていたことを思い出す。

元気かなあ、あいつ。

みんな、元気だよ、と答える山口の目には涙が滲んでいた。

一方、西郡は黒岩(椎名桔平)に頭を下げて喜和子(中尾ミエ)の手術を頼むのだった。

黒岩は一旦心臓を1分止める間に腫瘍を全摘する。気合いを入れろという。

見事な技術で手術を終える黒岩。

妻?にゴミ出しを間違えたことを謝る今出川(三浦友和)。今出川にも秘密がありそうだ。

深山が家に帰ると、前の日遅くまで帰らなかったことを怒られた真実(桜田ひより)が、「私を捨てたくせに」と楯を突く。

深山は「捨ててなんかいない」「トップナイフを目指していたしそれは私の仕事、捨てられない」

夫(小市慢太郎)ともめるくらいなら、自分が家を出たほうがいいと思ったけど、真実のことは愛してる!と本心を伝える深山に真実もうなづいた。

術後に目を覚ました喜和子。西郡の顔を見て衝撃のひとことを呟く。

「琢磨か…。やっぱり才能ないね、お前は…」

【トップナイフ】5話の感想

【トップナイフ】5話の感想です。

西郡(永山絢斗)先生の親子関係が辛すぎる!

https://twitter.com/tokyo_dog_snap/status/1223606439316316161

https://twitter.com/juyheajpmae/status/1223606325847851008

親に認められたい、親に見ててもらいたいって親子の普遍的なテーマのひとつ。

西郡先生が辛すぎる!

母役の中尾ミエの演技がうまいだけになおさら…。母の本心は次回に持ち越し!

幸子(広瀬アリス)と来島(古川雄大)が急接近!

最後は、来島を待ってて寝ちゃった幸子に来島が思わずキス!?

免疫のない幸子はいったいどうなってしまうのでしょうか?

まとめ

今回は記憶が無くなる症例のお話でした。

本田博太郎、綾部俊樹名優コンビのお話も泣けましたね。

海馬の記憶はなくなっても、扁桃体に残った感情の記憶は残る。心が憶えてるってことがあるなんて…。

本当に脳って不思議ですね。

次回は、実の母に「才能ないね」と言われた西郡先生(永山絢斗)が、「才能とは何か」という命題をさらに突きつけられる物語になりそうです。

【トップナイフ】5話は2/1(土)よる10時から放送です! お楽しみに!

アイキャッチの画像出典:【トップナイフ】公式サイト