【ケイジとケンジ】2話の視聴率とネタバレ!東出スキャンダルは数字に影響したのか!?

【ケイジとケンジ】2話の視聴率とネタバレ!

1月23日に放送された桐谷健太&東出昌大W主演の【ケイジとケンジ】の第2話!

東出昌大の不倫騒動真っ只中での視聴率は?視聴者の反応は?

ここでは【ケイジとケンジ】第2話の視聴率とネタバレ、感想などを紹介します。

ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】のキャストとあらすじ! 2020年1月スタートの木曜ドラマは桐谷健太・東出昌大W主…
【ケイジとケンジ】視聴率と最終回ネタバレ! 2020年1月16日スタートのドラマ【ケイジとケンジ】! 『ドクターX』や『…

【ケイジとケンジ】の動画【ケイジとケンジ】は、U-NEXTで全話配信予定。31日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は1月15日時点のものです。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】第2話の視聴率

第2話の視聴率は9.7%でした!

2.3%ものマイナス。単なる2落ちなのか?やはり離れた視聴者が多かったのか?

ドラマ自体が面白ければ視聴者は必ず戻ってくると思うのですが・・・

【ケイジとケンジ】第2話のあらすじネタバレ

第2話のあらすじ

会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、事件を目撃した大学生が通報、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行された。最初こそ否認していた猫田だったが、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。そのまますぐに送検される。

 ところが直後、事態は一変する。捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。

 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠は何ひとつ見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!?

第2話のネタバレ

現場に出向いた真島達が目にしたのは、その場からほど近い家の2階の部屋から覗いている若い男。豪太の聞き込みでは両親と娘の3人家族だったと言う。

早速その家に向かった豪太、真島、みなみの3人。そこには2年間引きこもっている20歳の息子タカシがいた。

タカシの部屋の前で元高校教師の力を発揮して説得を始める豪太。ちょいちょい口を挟み、終いにはキレぎみに大きな声を出す真島と言い争いながらじっくり説得しようとするが、最終的にキレて大声で罵声を浴びせる豪太をスリッパではり倒したのはみなみだった。みなみはドアに向かって謝り、「許して・・・」と言う。

しかし諦めて出直そうとする3人の背後でドアの開く音が・・・。タカシは窓から覗いていた時、みなみが気になっていた。そして部屋の壁には手を合わせて「許して・・・」と涙目で懇願するアニメキャラクターのポスターが貼られていた。

みなみのお手柄で説得に応じたタカシの事件当夜の動画のお陰でめでたく真島は猫田を起訴することができ、事件は解決。意識不明だった被害者の会社員の意識も戻り、ホッとする豪太たちだった。

【ケイジとケンジ】第2話の感想とまとめ

やはり不倫ネタの反応が多数ありました。

一方でこういう方もいました。

確かにそうですね。ドラマに罪はありません。局や共演者、スタッフの想いを考えると胸が痛くなります。東出さん本人はもちろん、共演者やスタッフはやりづらさもあるでしょう。現場の雰囲気が悪くならなければいいですね。

きっと桐谷さんが現場を明るく盛り上げ、撮影終了まで引っ張っていくことでしょう。

考えようによってはテレビ朝日側は、もし続編を考えた時に検事役を代えてやれるという特典が得られることになります。相手役次第で様々なバリエーションも考えられますし、裏ワザとしてはみなみを検事に昇格させ、若い男の立会事務官を配してドラマを広げるというアイデアも考えられ、さらにドラマが面白くなるかもしれません。

記事内画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク