【病室で念仏を唱えないでください】2話の原作ネタバレ!松本(伊藤英明)の悲し過ぎる過去!

ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】2話の原作ネタバレ!松本(伊藤英明)の悲し過ぎる過去!

袈裟を着て般若心経を唱えたり、説法したり、一風変わった医師の松本照円(伊藤英明)。

坊主で救急救命医という道を選んだのには、子供の頃のトラウマと友情があった!

目の前の命を諦めない、松本照円という医師の真髄がわかる神回です!

今回は、【病室で念仏を唱えないでください】2話の原作ネタバレについて!

ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】の動画配信
【念唱/ねんとな】【病室で念仏を唱えないでください 〜サトリ研修医・田中玲一〜】の動画はパラビで配信中!まだ初々しい伊藤英明が見られる【弁護士のくず】も見放題です。
ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】のキャストとあらすじ!伊藤英明×中谷美紀×ムロツヨシ! 2020年冬のTBS金曜ドラマは伊藤英…
【病室で念仏を唱えないでください/ねんとな】の視聴率と最終回ネタバレ!松本はあやと結ばれる!? 説法や煩悩が暑苦しいけど、誰よりも命を…
スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください】2話のあらすじ

【ねんとな】2話のあらすじです。

この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置に、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)と看護師・長見(うらじぬの)たちが担当。その女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心外に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決め、腹部大動脈瘤破裂の重症ながら一命を取り留めることが出来た。しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていた。

ある日、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水という ドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。
現場でレスキュー隊員が少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、真冬でも構わず川の中に駆け込んでいく松本。 低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていくのに気付く。
病院内に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるが…。

一方、救命救急センターに、指定病院を17件も断られたという患者の受け入れ要請が入った。今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤のその患者は、ホームレスだという。
救命救急のスタッフは、手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知ってまたもあっさりと断りを入れられてしまう。しかし、濱田の下で働く医師・児島(松本穂香)は、松本を手伝うか迷っていた・・・。

30年前に自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本。
止まった時間を動かすことができるのか…?
【病室で念仏を唱えないでください】公式サイトより

松本(伊藤英明)が僧医となった、過去の悲しい出来事が明らかになる重要な回です。

原作者のこやす珠世先生からも「必見!」の声!

絶対見逃せませんよ。

【病室で念仏を唱えないでください】2話の原作は何巻の何話?

【ねんとな】2話の原作は、コミックス何巻の何話がベースになっているのか、調べてみました。

宮島隆弘(ナオト・インティライミ)のエピソードの原作は1巻第1話「医者はどこだ、坊主じゃなくて」です。

濱田(ムロツヨシ)と眞白(松本穂香)のエピソードは2巻に収録されている第25話「波濤」のようです。
※患者の性別や状況が異なるので、オリジナルストーリーかもしれません。

岡崎(渡邊蒼)が溺れる事故の原作は2巻に収録されている第15話「怨み」です。

松本(伊藤英明)の悲しい過去の原作は4巻に収録されている第26話「あの日」です。

次にそれぞれの原作のストーリーをネタバレしていきます。

【病室で念仏を唱えないでください】2話の原作ネタバレ

【ねんとな】2話の原作ネタバレです。

【ねんとな】原作コミック1巻1話「医者はどこだ、坊主じゃなくて」のネタバレ

交通事故(自損事故)による怪我でH.C.U.(準集中治療室)に入院している宮島隆弘は、3日ほど眠れないから薬を出してほしいと松本に頼む。

痛みがあるわけではないが辛い、という。

主治医の三宅に相談するが、三宅はもう明日退院だから、と素っ気ない。

松本が薬を持っていくと、宮島は仕事の悩みを打ち明ける。

宮島は大手IT企業に勤めているが、生きがいでもあった技術職から畑違いの部署に回されたのがストレスで、転職も考えていた。

いろいろ考えていたら電柱にぶつかってしまったというのだ。

八方塞がりという宮島に共感する松本。宮島は松本に僧侶になった理由を尋ねる。

松本は子供の頃のあだ名が「坊主」だったなどとごまかしつつ、「この世は苦。過去を追うな、未来を願うな、明日の事は明日考えればいい、今を精一杯生きればいい」と釈迦の教えを説く。

それができればいいけど…、と様子がおかしい宮島のことを松本は三宅に相談する。

宮島の事故は自殺ではと疑い、専門医の診察を受けさせたほうがいいと言うか、三宅は取り合わない。

翌日、退院する宮島に「あんたはひとりじゃない。あんたを必要としている人がいることを忘れるな」と叫ぶ松本だった。

主治医じゃないのによけいなことしないで! (松本の)使命感が強すぎて苦しくなる、という三宅に松本は、過去のトラウマとなった事故のことを話す。

松本は子供時代、一緒にハゼ釣りに行った親友が目の前で溺れていくのを助けられなかった。

子供ながらに松本が考えたのは100m泳げるようになることと、きちんと成仏させるために坊さんになることだった。

救急救命センターに運び込まれる中年男性。

それは退院したばかりの宮島だった。

ガス自殺を図ったらしい。

心静止となっても蘇生を諦めない松本。

ボクはあんたの選択を否定しない。でもこれが今ボクのすべきこと。

如実知自心!ありのままでいいんだ!と心臓マッサージを続ける。

一命をとりとめた宮島は松本に自殺の理由を話す。

会社から出社予定を尋ねる電話が来たときに、会社に戻る虚しさを再び感じて自殺を試みたのだった。

自分もなぜ僧侶であり医師である生き方を選んでいるかわからないけど、いつか必ず出口が見えてくるはずだ、と宮島を励ます。

心の治療に取り組むといって退院した宮島は、会社を辞め、故郷で実家の農家を手伝いながら療養することになった。

【ねんとな】原作コミック4巻第25話「波濤」のネタバレ

吉田とバッティングセンターに行く松本は、心臓外科の児嶋眞白を見かける。

眞白は、心臓外科に著名なドクター・濱田が来てから手術量が増えたため、病棟に回されて助手ができればいい方、という現状のウサを晴らしていた。

別の日、鉄骨組み立て作業現場から転落の男性が救急救命センターに運び込まれた。

松本らが処置に当たると、男性には胸部大動脈損傷の疑いがあり、松本は心臓外科に応援を頼む。

濱田は朝から別のオペに入っていたため、眞白がやってくるが、手術の経験はまだ2回しかない。

緊急を要するオペのため、眞白に執刀しろという松本。

眞白は本来の左利きで執刀し、松本の励ましに勇気をもらって手術を成功させる。

手術が終わると、待ち構えていた濱田が松本に、専門外には首らを突っ込むな、と釘をさすのだった。

【ねんとな】原作コミック2巻第15話「怨み」のネタバレ

太神川(おおがみがわ)で中学生くらいの男子が溺れていると119番通報があり、あおば台病院の救命救急センターにもドクターカーの要請がある。

松本の過去を知る三宅は、自分が行こうかというが、松本は「過去のトラウマから逃げるわけにはいかない」と出動する。

現場に着くとすでに溺水から20分経過しているという。

救出された男子は低体温症を発症。手にはなぜかペンケースがしっかりと握られていた。

松本はその様子を伺う中学生男子を発見するが、男子は逃げてしまう。

救命救急センターで手を尽くすと、溺れた男子は何とか一命をとりとめる。

しかしその様子に、いつもと違い弱気な発言をする松本に異議を唱える三宅。

松本は川で見かけたもうひとりの男子を病院で発見して、何があったかを追及する。

溺水したのは岡崎という少年で、様子を見に来たのは同級生の丸山という少年だった。

丸山の話では、丸山が岡崎のペンケースを橋の上から川へ投げ捨てると岡崎はそれをとりに川に入ったという。

ペンケースを投げたのには、理由があった。

岡崎が丸山の飼っていた子犬にふざけて爆竹を鳴らしたせいで、驚いた犬が道路に飛び出して車に轢かれてしまった。

その仕返しだったという。

「岡崎が死んでしまったら後悔するのは君だぞ」と言われ、思わぬ展開に泣き出す丸山。

三宅が言うには、岡崎の父はステージ4Bのすい臓がんで入院中。

丸山が投げたペンケースには、岡崎の父が息子にプレゼントしたシャーペンとボールペンが入っていたという。

しかし「よくて植物状態、最悪は(死んでしまう)」と、岡崎の病状を読む松本は、「ボクにできることはもうない…」と岡崎の手にペンを握らせる。

すると意識がなかったはずの岡崎はペンをしっかりと握りしめ、意識を取り戻す。

だからやめられねぇんだ、救急は…。

かつて自分の目の前で溺死してしまった親友と岡崎を重ね合わせていた松本は、岡崎の奇跡的な回復で少し救われる。

見舞いにきた丸山は、仕返しにペンを投げ捨てたことを謝り、岡崎も丸山の犬が自分のいたずらのせいで死んでしまったことを心から悔やみ、詫びるのだった。

「怨みを捨ててこそ止む、これは永遠の真理である」(by釈迦)

【ねんとな】原作コミック4巻第26話「あの日」のネタバレ

小学生のある日、松本は親友の哉(はじめ)とハゼ釣りに出かけた。

哉の持つ新しい竿を羨ましがる松本は、なかなか釣れないため別のポイントを探しに歩き出す。

そのとき水筒のお茶を飲もうとした哉は、固定しておいた竿が川に落ちたのを取ろうとして川に落下。

哉は溺れ始めるが、かなづちの松本は自力で助けられずに助けを呼びに行く。

しかし戻ると哉の姿はなく、哉は後に700m下流で遺体となって発見される。

哉は父親の新しい釣竿を無断で持ち出していたため、なくしたら怒られると思って川に入り溺れてしまったのだった。

釣りに誘ったのも、あの場を離れたのも自分。つまり哉はボクのせいで死んだ。

自責の念に押しつぶされそうな松本のことを、哉の両親が責めることはなかった。

松本が僧医の道を志したのは、そのぬぐいきれない罪悪感からだった。

哉の墓参りに故郷を訪れた松本は、哉の実家・宮寺家を訪ねる。

墓の近くに、まるで小学生の頃の哉そっくりの男の子が姿を見せる。

それは哉のいとこの子供・良平だった。

お墓で松本を見かけたと良平に聞いて松本を呼びに来る哉の妹・あや。

哉の家族は、父・憲次と母、妹・あや。

哉の母は、松本が高校生のときに乳がん、胃がんを患い帰らぬ人となっていた。

現在は、哉とあやの父・憲次も肺がんに冒されている。しかし憲次は手術も化学療法も断り、緩和ケアのみを希望する。

手術を勧める松本に憲次は、「自分はもう十分生きた、あとは死を待つ」という覚悟を語る。

哉のことで自分を責めるのはやめるよう、松本を諭し、あやのことを託すのだった。

まとめ

2話は、松本照円(伊藤英明)の過去のトラウマと苦悩がわかる重要な回です。

そして、松本が思いを寄せる幼馴染のあや(土村芳)も初登場!?

【ねんとな】を知るには絶対見逃せません!

原作のエピソードは、ドラマ向けに多少順番を入れ替えたりしていますが、1話も上手く繋げていたので2話の構成にも期待したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク