【やすらぎの刻~道】201話のネタバレと感想!竹下景子の年齢に驚き!?

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】201話のネタバレと感想!

向井爽吉の娘・あゆみ(竹下景子)が勘当されていたと聞く菊村(石坂浩二)。

爽吉の部屋に入ることを許され……。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】201話が2020年1月22日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】201話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】201話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】201話のあらすじ


【やすらぎの刻~道】201話のネタバレ

向井爽吉の葬儀が行われた。菊村(石坂浩二)も参列。
その夜、爽吉の娘・あゆみ(竹下景子)と話すことができた。

あゆみに「父がお世話になりました」

と言われるが、菊村は
「否、先生がここにいることは知らなかったんです」と。

あゆみは爽吉の顔を見たのは50何年振りなのだという。

あゆみは爽吉に勘当されていて、母親の死も知らせてもらえなかったのだと話す。

「おぎ先生はご存じですか?」
と聞いてきたあゆみ。
実は、と話しを続けるあゆみは、おぎから縁談の話があったのだという。
でもあゆみには、好きな人がいた。言い出せずにいたが、爽吉に話すと、激怒したという。そして、爽吉はおぎに土下座をし、その日からあゆみとは話さなくなった。
あゆみは結婚をしたが、母親との連絡も途絶え、それっきり。
爽吉の意識がなく連絡がきたとき、最後の孝行をしたいから、延命を願ったのだと。

爽吉の部屋を片付けたが

「私宛には何もなかったんです」と。
「ひどいと思いません」とあゆみは涙ぐむ。

翌日、爽吉の遺骨を持ちあゆみは帰っていった。

**

名倉理事長(名高達男)と菊村。

「本当にすーっと。安らかなお顔でした。」
と爽吉が息を引きとった時のことを話す名倉。

意識のない状態でも、あゆみが来たことに気づいたようだった、と名倉は話す。

菊村は爽吉の部屋がそのままになっていると知り、拝見することにした。
爽吉の部屋に入り、白い手袋をして中を見る。
手書きの地図があり、数々のノートがある。
そのノートを見ていく菊村は、ノートを借りて帰宅した。
部屋に戻り、デスクに向かい、ノートを手にする菊村。
それは未完のシナリオ。
向井爽吉が老人ホームの小さな部屋でシナリオを書き続けていたことに感動した。

菊村
「先生、先生はやはり私の神様です」

<続く>

【やすらぎの刻~道】201話の見どころ

竹下景子さん登場

シナリオ作家の娘役・竹下景子さんが出演。
【やすらぎの刻~道】の柳介役の関口まなとさん、ニキビの関口アナンさんとは親子。
別場面なので、絡みはないです。ちなみにニキビが弟です。

竹下景子さん演じるあゆみの年齢は70!?

父親と50数年会っていない。となると、70過ぎ?竹下景子さん若すぎです!

【やすらぎの刻~道】201話の感想

竹下景子さんが登場。お綺麗ですね。菊村先生、お宝発見です。シナリオを手にいて、ワクワクしている。果たしてどんなシナリオなのでしょうか。
そろそろ、菊村先生が描く「道」がみたくなりました。


アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク