【やすらぎの刻~道】199話のネタバレと感想!時代の移り変わりは寂しさに

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】199話のネタバレと感想!

旧友・中山(近藤正臣)に会った菊村(石坂浩二)は、柳介(関口まなと)のことを頼んでみるのだが……。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】189話が2020年1月20日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】189話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】199話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】199話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】199話のネタバレ

菊村(石坂浩二)は旧友・中山(近藤正臣)に会う。
菊村は執筆している「道」の話をする。

「田舎の一本の道の話だ。その道が舗装され、若者が出て行った。やがてその道を通る人がいなくなり、住人には心の原風景として残っている」と説明をする。
「放送されるあてのないシナリオを書けるもんだな」と中山。
「書き終わったら見せてくれ」とも。

ここで一服する二人。
そして「竹芝柳介(関口まなと)を知っているか」と菊村は話を切り出す。
そして、柳介を復帰させることはできないか、と言うが
「無理だ」と断られる。
「もう昔とは違う、変わったんだよ」
と中山。

そして
「お前はもう過去の作家だ」
と真実を告げる。
「本当にどのテレビ局に売る気はないのか?
お前がその気なら仲介してやる」と道のシナリオのことを話す。
菊村は、自分の時代が終わったと思うのだった。

**
カサブランカにて。

マヤ(加賀まりこ)、冴子(浅丘ルリ子)、菊村らが語らう。
冴子に
「寂しいですか」
と声をかけるホッピー(草刈麻有)。
「私も寂しいです」と。

**
句会にて。

蒟蒻亭乙葉(笹野高史)が句を詠む。

【秋深し 井戸に落ちたる 小春ちゃん】
「これは小春ちゃんが井戸に落ちたのか、それとも、突き落としたのか?」
【秋の夜に 井戸からのぞく 小春ちゃん】
「これは実話ですか?」

といい、これ以上は怖いのでやめておきましょう、と次の句に進める。

**

名倉理事長(名高達男)に会う菊村。

「向井爽吉さんというシナリオライターをご存じですか」
と訊かれた菊村は
「知ってはいるが、雲の上のような人です」
すると、名倉は
「ここに住んでいます」
という。
本名は中村爽吉。
現在、意識はない。娘がいて「意識はなくてもそのままでいさせてほしい」
といわれているのだと名倉は打ちあける。

<続く>

【やすらぎの刻~道】199話の見どころ

菊村(石坂浩二)と中山(近藤正臣)の喫煙

毎回、喫煙シーンは話題になります。今のドラマではあまり見かけない喫煙場面。

【やすらぎの刻~道】では、結構あります。

【やすらぎの刻~道】199話の感想

菊村先生のお話は倉本聰先生の体験も含まれているのかな、と思いつつ視聴。時代が終わったと言われる菊村先生。時代の移り変わりを切に感じる199話でした。
次回は、竹下景子さんが登場です。お見逃しなく。

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】