【やすらぎの刻~道】188話のネタバレと感想!除夜の鐘に涙する公平(橋爪功)

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】188話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】188話が2019年12月26日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】188話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】188話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】188話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】188話のネタバレ

賑やかな大晦日。
根来一家が集まり幸せな時を過ごす公平(橋爪功)。

そんな中、翔(菅谷哲也)は、鐘の音を流す仕掛けをした寺で住職が掃除を始めたとしり、見張りを立てることに。
そこで、しのぶ(清野菜名)たちがお寺に行き、なんとかバレずにすんだ。

家族で初詣に行く。
まず、鎮守様にお参りをし、つぎに、鐘を突きに行くのだが、現在は鐘がないので住職に挨拶をし墓地に向う。

克夫(戸塚祥太(A.B.C-Z))、翔は時間を気にしている。
「みんな、墓に入ってしまったな」と公平。
「公次兄さんは戦死した、三平兄さんは戦争が行くのがいやで屋根にのぼり自殺した」
と真実を告げる。
そして、本家の墓参りもしよう、と言い……。
公一兄さんが好きだったのりこのことも話し始めると、鐘の音が聞こえてきた。

公平は鐘の音のほうへ走りだす。
みんなも追いかけて走りだす。

すると……。

村のスピーカーから鐘の音が。
公平は涙ぐむ。

翔、しのぶ、克夫ら孫はしの(風吹ジュン)に
「おばあちゃん、明けましておめでとう」
しのは喜ぶ。

そして孫全員で
「おじいちゃん、明けましておめでとう」
公平もしのも涙を流す。

**

公平
「その大晦日は一生、忘れん」

「誰がいったい仕組んだものか。
あんなプレゼントはもろうたことはない」

しのと公平は寄り添う。

<続く>

【やすらぎの刻~道】188話の見どころ

除夜の鐘

翔たちが苦労した除夜の鐘の音。
無事にスピーカーからきこえてきました。
ドラマ内で響く除夜の鐘は重みがあり、公平が涙する感動の場面です。

【やすらぎの刻~道】188話の感想

無事に除夜の鐘が鳴り響きました。
公平もしのも感動。橋爪功さん、やはりすばらしい。圧巻の演技です。
鐘を鳴らすことに企てた計画は、無茶苦茶なところもありましたが、感動の場面となり、ドラマならではと、納得できる素敵な物語に。
さて、次回は年明け。令和2年になります。
先日お亡くなりになった、梅宮辰夫さんが出演します。
来年もお見逃しなく。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】