【やすらぎの刻~道】180話のネタバレと感想!清野菜名がしのと公平の孫!

【やすらぎの刻~道】180話のネタバレと感想!
しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)のもとに、悲別から孫のしのぶ(清野菜名)がやってきた!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】180話が2019年12月16日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】180話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】180話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】180話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】180話のネタバレ

翔(菅谷哲也)は蚕の事を知りたくて、元養蚕家・名倉(平泉成)を訊ね話を聞く。
根来家は、昔は一家総出で蚕業をしていたと聞き、翔は感心する。
戦後は大手の繊維メーカーがでてきて、蚕業は用なしになってしまったという。
手間はかかるし、コストが高くつく蚕業は今の時代には合わない、とも。

夏がやってきた。
しのぶがなかなか来ないことで、公平(橋爪功)は「待ち遠しい」と。
「翔は裏山の畑に行き、仕事をしている」としの(風吹ジュン)
桑畑を復活させるつもりなのだろうか、と。

素人にそんなことができるもんか、なんて周りから言われているらしい。

9月に入ると、竜(駿河太郎)が訪れた。
マンションは売り、現在は、町田に住んでいる。会社はクビになったという竜。

翔を呼んでくるというしのに
「いい」と言う竜は、公平に借金の申し出をする。

公平は、剛に頼んでも圭に頼んでも断られたといい、
「翔のことしばらくお願いします」
と帰ってしまった。

そして、里子の娘・しのぶ(清野菜名)がやってきた。
公平は、喜びでいっぱい。
「昔のしのを思い出させるめんこい子だ」と。

翔としのぶは、すぐに打ち解けた。
公平は、幸せでいっぱいだった。

里子は、すぐに帰る、と。
悲別の炭鉱は閉山すると告げる。

**

一方、悲別では、俊一(聡太郎)は、組合長とともに閉山の知らせを工員らに伝え「申し訳ありません」と土下座する。
工員に責められる俊一。
そして、組合長が自殺したとの知らせが……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】180話の見どころ

しのの孫は清野菜名さん

しのの若いときにそっくりって、当たり前なんだけど。
公平がメロメロの可愛い孫娘です。

【やすらぎの刻~道】180話の感想

里子の孫のしのぶ役の清野菜名さんが登場。公平はめちゃくちゃ可愛い孫のご様子でした。
バブル崩壊の時期、竜も大変だし、里子も大変。しかも炭鉱は閉山。どうなるのでしょう。
炭鉱がある悲別。倉本聰氏脚本、『昨日、悲別で』(きのう、かなしべつで)というドラマがあります。1984年の日本テレビのドラマ。
「北の国から」の吉岡秀隆さんといしだあゆみさんの出演、そして、今度は悲別がでてきて、倉本聰氏ファンからは懐かしむ声もありました。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク