【やすらぎの刻~道】178話のネタバレと感想!吉岡秀隆が語る夢の実現でドラマが!?

【やすらぎの刻~道】178話のネタバレと感想!

「北の国から」吉岡秀隆さんといしだあゆみさん、夢の共演の回!
再会した誠(吉岡秀隆)と玉子(いしだあゆみ)。誠は自給自足の夢を玉子に語り……。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】178話が2019年12月12日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】178話のネタバレあらすじと感想について。

『八つ墓村』の金田一耕助、映画『男はつらいよ・お帰り寅さん』の満男と主演続きの吉岡秀隆さんがテレビ朝日昼ドラ【やすらぎの刻~道】の【郷】パー…
【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】178話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】178話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】178話のネタバレ

喫茶店にいる玉子(いしだあゆみ)のところに誠(吉岡秀隆)が来る。

「母さんのことわかった?」
「わかったよ」

誠は玉子の昔の写真を壁に貼ってあると。
だから、ノノカが「おばあちゃんだ」とすぐにわかったと。
ノノカは4歳。
「ドキッとするくらい母さんと同じ仕草をする」と話す誠。

玉子がうるうるすると
「急に泣きかけるところ」
といい、二人は笑う。

ノノカはひとりで留守番をしているという。

「結構、キチンとしつけてる」
と照れる誠。
玉子から買ってもらった靴を喜んでいると。

誠は自分のことを玉子に話す。

妻は近所のスーパーで働いている。
アメリカの大学で知り合い、ノノカを出産し仕事を辞め、パートで働きだしたという。

「いつから、あの仕事してるの?」
と玉子が訊くと
「以前は、ちゃんとした会社にいたけど……
色々あって辞めた」
と答える誠。

「仕事によってはいいお金になる」
と話す。

「父さんは何も言わないの」
と玉子が訊くと
「あの人とはとっくに切った」
と、誠は言いきった。

そして、玉子に
「どうして会いにきたの?どうやって知ったの?」
「母さん、この頃テレビ出ないの?引退したの?」
と訊く誠。

「うん」
玉子は頷き
「いま、どこにいるの?」
という誠の問いに
「老人ホーム」と答え、
素敵な老人ホームにいると『郷』のこと言う。

会話は途切れることない。
そして、
「夢みたいな計画をしている」
と誠は夢を語る。

それは、自分たち家族だけで田舎で暮らす夢。
千葉の田舎の土地を手に入れたという誠。
週末ごとに通って、家造りをしているのだと。

「最高の場所だよ
畑のあとがあって、そこで、俺できるかできないか、鶏かって自給自足したい
アイカ(妻)も賛成しているんだ」

その資金つくりのために働いてお金を貯めているんだと。

「夢みたいな話だけど本気なんだ」
と言う誠。
玉子は嬉しそうに話を聞いている。

すると、誠は……

「それで、もし、それで、母さんにその気があるのなら、そこで一緒に暮らさない?
孫の面倒を見てくれない?」

「あんた、そんなこといつ思いついたの?」

「さっきだよ、ついさっき」

「夢みたいな話ね。ありがとう
嬉しくて、泣いちゃいそう」

そして、玉子は返事をする。

「でも、夢みるには歳をとりすぎた。
お家ができたら、遊びに行かせてね」

**

一方、菊村(石坂浩二)は「道」のシナリオが書けずにイラついていた。

現役の頃、締め切りに追われイラつくことを思い出す。

「でも、今は締め切りの意味が違っていた。
今の締め切りは、自分の寿命という恐ろしいものだった」

菊村は、律子に線香をあげ手を合わせる。
すると、ショパンが流れてきた。

そして、書き出しの情景が浮かんできた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】178話の見どころ

吉岡秀隆といしだあゆみ・親子の会話

「北の国から」を思い出した視聴者も多くいた吉岡秀隆さんといしだあゆみさんの共演。
親子の関係はそのままで、もしも、令子(純の母・いしだあゆみ)が生きていたら……。
こんな風な親子の会話があったかもしれない。そんな名場面です。

【やすらぎの刻~道】178話の感想

誠は父親との縁を切ったといったとき、温和な顔からするどい目になります。いったい何があったのか、とても興味を持ちました。
【やすらぎの刻~道】の中での物語ですが、もうひとつの物語として、誠と玉子のこれまでの出来事、そして、これからの出来事を描いて欲しいと思います。
吉岡秀隆さんといしだあゆみさんの共演で、誠が家をつくるところから、なんてどうでしょうか。倉本聰先生は奥深く思案しているのかと興味津々です。
177話と178話は、【やすらぎの刻~道】ではありながら、別物のドラマを鑑賞した感覚になりました。
次回は「道」の物語。昭和でしの役の清野菜名さんももうすぐ登場です。こちらも楽しみです。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク