2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【科捜研の女19】24話の視聴率とネタバレ!土門刑事が警察学校へ…にショックの声!

科捜研の女24話トップ

【科捜研の女19】24話の視聴率とネタバレ!

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女19】24話が12月12日(木)に放送されました。

連続殺人事件の裏に隠された恐ろしいテロ計画が明らかに!?

土門刑事が警察学校へ…本当に卒業してしまうのかもしれない結末にショックの声!

今回は【科捜研の女19】24話の視聴率とあらすじ、ネタバレ感想についてお伝えします!

【科捜研の女19】の動画配信情報
【科捜研の女19】の動画はビデオパスで配信中!
au以外のスマホ、パソコンでも視聴可能です。
【科捜研の女19】の視聴率とネタバレを最終回まで!沢口靖子と内藤剛志コンビに進展の噂も?
【科捜研の女19】の視聴率とネタバレを最終回まで! 榊マリコ(沢口靖子)と土門薫(内藤剛志)のどもマリの関係が1年かけて進展する? 科捜研メンバーに卒業、入れ替えの噂も! ここでは【科捜研の女19】の視聴率とネタバレを最終...
ドラマ【科捜研の女19】のキャストとあらすじ!1年間のロングラン放送に大河ドラマ級の声も?
ドラマ【科捜研の女19】のキャストとあらすじ! 通称「科捜研」の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)が、科学や法医学などの専門技術を駆使して、事件の真相に迫る人気ミステリードラマ【科捜研の女】シリーズ。 放送開始から20年目を迎える...
スポンサーリンク

【科捜研の女19】24話の視聴率

【科捜研の女19】24話の視聴率は11.2%!

【科捜研の女19】24話のあらすじ

【科捜研の女19】24話のあらすじ

フリーライターの広辺誠児(森下じんせい)が絞殺された。

遺留品から、土門薫(内藤剛志)と同期の元刑事で、19年前に死亡したはずの火浦義正(升毅)が生きていることが分かり、彼に広辺殺害の容疑がかかる。

1999年の大みそかに時をほぼ同じくして起きた2つの事件…

大学サークルで起きた『ミレニアム集団自殺』と、同じサークルに所属していた楡井敏秋(中村凜太郎)の不可解な転落死。

その関連を調べていた広辺に、当時サークル顧問だった森迫宏成(大河内浩)から多額の振り込みがあったことも分かる。

不都合な真実が明るみに出るのを恐れ、金でもみ消そうとしたのではないかと疑われた森迫だが、ほどなく絞殺体で発見!

手口は広辺殺害と同じだったうえ、事件当日、火浦が森迫を訪ねていたことも判明する。

そんななか、火浦が土門の前に姿を現した!

20年前、土門の元妻で故人の有雨子(早霧せいな)と不倫を疑われていた火浦は、「人間として犯してはいけない罪を犯した」と言い残して逃亡。

有雨子も生前、「許されないことをした」と言っていたのを土門は思い出し…。

20年前にいったい何が起きたのか?

真相を追う榊マリコ(沢口靖子)と土門。

やがて集団自殺の背後に隠されていた恐るべき真相が明らかになり…!?

土門はさらなる犯行を食い止められるのか?

そして訪れる衝撃の結末とは…?

ゲスト:升毅、早霧せいな、辻萬長、大河内浩

記事の出展:テレビ朝日、公式番組サイト

【科捜研の女19】24話のネタバレ

【科捜研の女19】24話のネタバレ

楡井敏秋の死は他殺だった

榊マリコ(沢口靖子)は、20年前の事件の真相を突き止めるため、「ミレニアム集団自殺事件」の直前に転落死した楡井敏秋(中村凛太朗)の死因を調べるよう風丘早月(若村麻由美)に依頼。

風丘はたった一つの資料だけで20年も前の検証をしろという無茶ぶりに驚くが、マリコの「先生ならできますよね?」の一言と、最大級の「マリコの目力ビーム」に負けて引き受けることに。

鑑定の結果、遺体の両腕には防御創が残っており、さらに太ももの傷は生活反応のないものであることも判明。

これによって、楡井はビルから転落した際にはすでに死んでいたことが明らかになった。

楡井は何者かによって殺されてビルから突き落とされていた…

土門刑事は20年前と言えど、警察が殺人事件を飛び降り自殺と、単純なミスで判断したのはおかしいと話す。

警察の隠蔽があったのは本当なのか?

火浦義正(升毅)の古本屋に残されていた燃やされた紙には「テロ」や「極秘捜査」という文字が書かれていた。

もしかすると、20年前の「ミレニアム集団自殺事件」の裏には公安が動くほどの危険なテロ事案があり、その捜査の過程で火浦と有雨子(早霧せいな)は、同じ罪を背負うことになったのかもしれない…

土門刑事とマリコはそう推察するのだった。

20年前のテロ計画が明らかに

20年前に京都府警公安課を率いていた議員・古河大儀(辻萬長)の話から新たな事実が明らかになった。

古賀によると、ミレニアム集団自殺事件を起こした「ノストラダムスの会」は当初、表向きは終末思想を研究する単なる同好会だったという。

しかし、その正体は最初から自殺を目的としたサークルであり、そのメンバーの中には「より多くの仲間を連れていくべきだ。」と主張する者も出始めた。

危険な思想に染まったメンバーの中には楡井敏秋も含まれており、楡井は京都中央大学の医学部研究所から致死性の高いウィルスを盗み出し、ウィルスを散布するテロ計画を企てたのだった。

そしてこの計画の情報を最初に掴んだのが当時、楡井から姉のように慕われていた土門刑事の元妻・有雨子。

楡井からテロ計画の情報を詳しく得るために有雨子の協力が必要だと判断した京都府警公安課は、火浦と共に2人で極秘捜査を進めるように指示していたという。

2人は楡井との信頼関係を築きテロが1999年12月31日に計画されていることや、彼女が妊娠していることなどを聞きだした。

しかし、テロ計画の全容が明らかになったのは決行直前、楡井から指定された京都タワーでメモを受け取った時だった。

そして楡井から受け取ったメモに書かれていた「東山大社の鳥居の下」という情報をもとに処理班が急行、装置を回収しテロを未然に防ぐことが出来た。

これほどの事件が公表されなかったのは、京都府警公安課が模倣犯が現れる可能性を懸念したためだった。

連続殺人の犯行動機

20年前の事件の真相を知るフリーライター・広辺誠児(森下じんせい)と、当時「ノストラダムスの会」の顧問だった森迫宏成(大河内浩)。

殺害された2人は口止め料のやりとりをして、事件が世に明るみにならないようにしていた。

この事実から犯人の殺害動機は、事件を隠蔽しようとした2人への逆恨みが考えられた。

容疑者として浮上したのは元刑事・火浦、しかし科捜研のさらなる鑑定の結果、火浦が被害者・広辺の心肺蘇生を試みたことが判明。

さらに防犯カメラの解析の結果、事件の直前に火浦が若い男を追いかけていたことも明らかになった。

マリコはこの若い男の手がかりを見つけようと、火浦の古本屋を訪れた顧客の情報を探す。

すると、楡井敏秋の医学書を室岡厚也(大八木凱斗)という人物から買い取っていたことが判明。

蒲原刑事の捜査の結果、楡井の当時の恋人が室岡という名字だったことも明らかになった。

室岡厚也は、父・楡井の死の真相を隠蔽しようとした人物を逆恨みして連続殺人を凶行したのだった。

火浦の懺悔

室岡の勤務先を捜査すると、ロッカーには議員・古河大儀の講演のパンフレットが入っていた。

一連の連続殺人が室岡の犯行なら、次に狙うのは20年前に京都府警公安課で事件の隠蔽に関わった古河の可能性が高いと考えられる。

土門刑事とマリコらがイベント会場に急行するとナイフを持った室岡が現れた。

すると、そこに火浦も現れ「もうやめるんだ、君が殺すべきは俺なんだ。」「俺は君のお父さんを見殺しにした…」と言って室岡を諭す。

火浦は20年前、京都タワーで「ノストラダムスの会」が計画していたテロの極秘捜査をしていた際、近くのビルで楡井が暴行されているのを発見。

しかし、テロ計画の阻止を優先して極秘捜査を続行、楡井を見殺しにしてしまったのだった。

「人間として犯してはいけない罪を犯してしまった、憎むなら俺だけを憎め…」そう話す火浦に、室岡はそっとナイフを持つ手を緩めた。

警察署に着いた室岡は蒲原刑事の聴取に広辺と森迫を殺害したことを認め、父・楡井の死の真相を隠蔽しようとした2人への憎しみの心境を伝えた。

そして火浦は20年前、有雨子を極秘捜査に巻き込んだことで離婚の原因にもなってしまったことを土門刑事に謝罪。

マリコはそんな火浦に「亡くなった楡井や、有雨子さんのためにあなた生きなければならない。」と声をかけた。

土門刑事が警察学校へ

京都府警本部に呼び出された蒲原刑事は、藤倉刑事部長から異動についての報告を受けた。

蒲原刑事は「土門さんには刑事として一番大切なことを教わりました。」「今度は俺があの人のようになる番です。」と決意を口にする。

一方、土門刑事は警察学校で生徒の前に立ち、火浦のことを話した。

「目の前の1人の命か無数の命、どちらを選ぶか?という選択を迫られた。」「仮にどちらを選んでも、その結果は心の傷となり一生引き摺るかもしれない残酷な選択だ。」

警察官として命を預かる立場だからこそ、伝えたいことがある…

そう言って、警察官の厳しさを熱く語るのだった。

【科捜研の女19】24話の感想、まとめ

今話では妻・有雨子(早霧せいな)との離婚のきっかけとなった20年前の事件の全容と、土門刑事(内藤剛志)の警察官として生きてきた壮絶な半生が明らかになりました。

何となく土門刑事の集大成的な内容の中、最後には警察学校で生徒に警察官としての心構えを熱く語るシーンが…

これには、さすがに土門刑事が本当に卒業してしまうのではないか?とショックを受けた視聴者が多かったようです。

今回は本当に土門刑事が卒業してしまうような雰囲気でしたが、ここは敢えて今回もやっぱり盛大な「卒業詐欺」なのかもしれないという可能性も考えてみました。

あくまで1つの予想ですが、それは土門刑事卒業と見せかけて、実は蒲原刑事の卒業という結果です。

放送では蒲原刑事が藤倉刑事部長から「刑事にとっては異動はつきもの、不満はあるだろうが…」と異動の報告を受け、「いえ、覚悟は出来ていましたから。」と答えるシーンがありました。

しかし、「異動するのが誰か?」という主語がなかったことから、異動するのは蒲原刑事では?とも捉えられます。

しかも藤倉刑事部長は、土門刑事に「腕の立つ強行班の刑事が欲しいと言っているそうだ。」としか言っていませんでした。

そう考えると、蒲原刑事の卒業という可能性も十分考えられます。

いずれにしても『科捜研の女』ファンとしてはショックになりそうですが…

すべては次回、秋クール最終回12月19日(木)の第25話で明らかになる!?

記事内の画像出典:テレビ朝日、公式番組サイト

科捜研の女
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】