【死役所】9話の視聴率とあらすじ!加護の会の実態が怖い..怖すぎる!

ドラマ死役所

画像の引用元:月刊コミック@バンチ公式サイト「死役所」

第9話「加護の会」

【死役所】9話が放送されました。第9話は人生に悩んで宗教法人「加護の会」に嵌っていった男性のお話です。

そして、これを通じていよいよシ村の過去が語られ、物語はクライマックスに突入していきます。

今回の記事では【死役所】9話の視聴率、あらすじ、ネタバレについてお伝えします。

ドラマ【死役所】のキャストとあらすじ!松岡昌宏よりも適任は「あな番」のあの人?
テレビ東京では24時からの深夜ドラマ枠「ドラマホリック」がスタートします。第一弾は主演・松岡昌宏、大人気漫画を原作の【死役所】です。【死役所】は死者との対話を通じて”人間模様”を炙り出します。また、「実写化不可能では?」といわれたグロ表現にも攻めて行きます。今回の記事では【死役所】のキャストとあらすじ等をまとめました。
【死役所】の視聴率一覧!わがままミチル(黒島結菜)は無事成仏できる?
テレビ東京では2019年秋、水曜より新しい深夜ドラマ枠がスタートします。第一弾は主演・松岡昌宏の【死役所】です。死者が訪れる【死役所】を舞台に様々な人間模様を炙り出す話題作です。 また、ヒロイン・三樹ミチル(黒島結菜)の出番が大幅に増えています。今回の記事では【死役所】の全話視聴率と最終回の結末を予想しました。

「死役所」を視聴するには?

【死役所】はパラビで配信中です。

初回登録ならば2週間無料体験をすることが出来ます。

※ 全て2020年2月28日(金)現在の情報です。最新の配信情報はパラビ公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【死役所】9話の視聴率

【死役所】9話の視聴率は分かり次第お伝えします。

【死役所】9話のあらすじ

「とっとと答えろ!!」

死役所にシ村(松岡昌宏)の絶叫が響く。生前「加護の会」という宗教法人に入信していた寺井修斗(柄本時生)から話を聞いていたときの出来事だった。両手指で輪っかをつくるポーズは「加護の会」信者の証、シ村は必死で手がかりを探していた。

修斗は三流大学の4年生、やりたい事も見つからずに就職活動もうまく行っていなかった。一方、弟・恭平(濱田龍臣)は高学歴で医者になるという夢を持ち活き活きと活動していた。

弟に強いコンプレックスを持っていた修斗はある日、祖母に誘われ、「加護の会」の代表・蓮田栄山(吹越満)の講演会に参加することにする。

「俗世では弱い=悪としているがそれは間違っている」

「弱さを持ったあなたが大好きです。」

という蓮田の言葉に修斗は耳を傾ける。

講演会の後、家族と話しをする修斗。ちょうどテレビに蓮田が出ていて恭平は不信がるも修斗は肯定的だった。将来を悲観している修斗に対して恭平は「いつまでも逃げいたってどうする」と厳しい言葉をぶつける。

翌日、修斗は再び「加護の会」に向かう。蓮田は全国への出張でいなかったが、信者たちに温かく迎えられていっしょに過ごすうちに修斗の悩みはだんだんと消え、惹かれていった。

【死役所】9話のネタバレ

生前のシ村

シ村は生前の出来事を思い出していた。1960年、シ村こと市村正道は市役所で働いていた。ある日、足をくじいた老婆・ハツを家まで送り届け、姪孫の幸子(安達祐実)と知り合う。

夕食をご馳走になることになった市村は話を聞いていく。幸子は売れない画家でその為、ハツとの仲は悪く食事中でも会話もしないほどだった。そして、絵のモデルになって欲しいと頼まれ、交流を通じて市村は幸子に惹かれていった。

やがてハツが死亡、市村は葬儀を手伝うも幸子は一人になってしまう。葬儀の後、

幸子「よかったら家族にならない?」

市村「はい、幸子さん。僕と結婚してください。」

とプロポーズをする。こうして2人は家族になった。

ところが数年後、娘がだいぶ大きくなった頃に幸子は「もう一度だけ加護の会に行ってきます。」と置手紙を残して市村の元を去っていた。

俗世を断つ

「加護の会に行ったことで心が豊かになった」

「俺は俺でいい。家族がそう教えてくれた。」

と死役所で語る修斗。それをシ村は黙って聞いていた。

修斗が「加護の会」に入り浸ってから1ヵ月、蓮田が戻ってくる。そして、修斗は蓮田と盟約を結ぶことを決める。

盟約を結ぶには三日間の断食、その後はなるべく眠らずに瞑想、計一週間の修行が必要だった。修行中、一人部屋に閉じこもる修斗。

  • 部屋に書かれたありがたい言葉
  • 自身のこれまでの人生
  • 弟へのコンプレックス

など様々な事柄が一気に押し寄せてくる。意識が朦朧としながらも修行を終えた修斗。そんな彼を

「私たちは家族になりました。お帰りなさい、修斗。」

と蓮田と信者達が迎え入れるのだった。

本当の家族

ネットもテレビも無く世間から離れて、広大な土地で自給自足をする「加護の会」の暮らしに満足していた修斗。ある日、信者の子供が酷く怒られているのを発見する。指で人を指したらしく、それは「加護の会」のポーズを作れなくなるので絶対的なタブーだった。

そこに恭平が修斗を連れ戻しにやって来て、拒否するも強制的に家に連れ戻されてしまう。家族で話し合いをすることになった。

  • 祖母は自分が連れて行ったから孫が変わってまったと後悔
  • 母親はうな垂れるばかり
  • 恭平は「社会から逃げているだけ。洗脳されている。」

そんな説得に修斗は一切耳を傾けない。業を煮やした恭平は「ただの家族ごっこだ。本当の家族はここにいる」と指を指して非難する。

絶対的なタブーをされた修斗の怒りが爆発、幼い頃から比較され続けられたことなど不満をぶつけていく。そして、

「俺の家族は加護の会だけだ」

と家を飛び出してしまう。そんな修斗を恭平は必死で追いかけるが、事故に遭い修斗は帰らぬ人となってしまうのだった。

過去の悲劇とは?

場面は再び死役所。すでに受け入れていたので死ぬことは怖くなかったと語る修斗。

シ村は修斗に「幸子という女性がいませんでしたか?」と訪ねたが修斗が中々答え無かったので声を荒げてしまったのだった。「そんな人は俺の家には居なかった気がする。でも別の家で特別な加護を受けていたのかもしれない」とだけ修斗は答えて成仏してしまう。

全てを聞いていたニシ川(松本まりか)がシ村の元にやって来る。「私にはよく分かりません。今更会ってどうなるんですか?」といつものようにぶっきら棒に投げかけるニシ川。「何のことでしょう?」とだけ答えるシ村。

そして、シ村は妻・幸子、娘・美幸と3人で「加護の会」を訪ねたことを思い出していた。

【死役所】9話の感想まとめ

加護の会の闇

第9話は世間に馴染めず、弟への強いコンプレックスを持った男性の話でした。加護の会は優しく受け入れましたがどう見ても洗脳でした。悩み、心が弱っているところに優しく語りかけてくる手口は怖すぎます。

ちなみにドラマではカットされていましたが原作では入信するには全財産も預けなければなりません。代表の蓮田はこうやって私腹を肥やしているようです。

シ村の過去は?

妻・幸子との出会いなどシ村の過去が一部明かされました。どうやら幸子は娘・美幸の育児に悩み「加護の会」に入り浸るようになってしまったようです。

  • 加護の会の本性は?
  • 幸子の運命は
  • 美幸の死とシ村の冤罪の真実は?

シ村の過去が明かされる【死役所】最終回は12/18(水)24:15からです。お見逃し無く。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ東京ドラマホリック「死役所」公式サイト

死役所
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】