【やすらぎの刻~道】177話のネタバレと感想!北の国からの吉岡秀隆といしだあゆみが親子!

【やすらぎの刻~道】177話のネタバレと感想!

玉子(いしだあゆみ)には生き別れた息子・誠(吉岡秀隆)がいた!
会いたいといという玉子の願いは叶うのだが、誠の生活は想像と違うもので……。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】177話が2019年12月11日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】177話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】177話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】177話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】177話のネタバレ

マキタ(宝田明)と再会した玉子(いしだあゆみ)。
柳介の話が一件落着し、気にしていたことを訊く。

「マコは元気ですか?」

「まだ気にしていたのか」

「当たり前じゃないですか、お腹を痛めた子どもです」

マキタに無理矢理にさらわれたとき、玉子は妊娠をしたのだ。

「実は、会っていない」とマキタ。

玉子は、アメリカに留学したと聞いていたのだが……。

「会いたいかね」

「会いたいです」
玉子は涙を流す。

「オガタを呼んでくれ」
とマキタ。

**

マキタが手配した車の中

玉子はマキタの秘書に
「誠は今何をしているんですか。
どんな仕事に就いているですか」
と訊くが答てくれない。

その時、車が工事現場に。

秘書が何かを言う。
「……」

玉子
「えっ?」

車が工事現場で旗を振る誠(吉岡秀隆)のところを通る。
玉子は叫ぶ。

「止めて!」

**

工事現場の作業が終わり、日当を貰う誠。
そして、保育園へ。

娘を抱き笑う誠。
手を繋ぎ歩き、スーパーへ。

優しい父親、仲の良い親子の姿。

「今日何食べる?お菓子1個だけ買っていいよ」
スーパーのレジに並んでいると、娘が靴を見つける。
靴を手にしているが
「お菓子、買ったでしょ」と。

その靴を玉子は手に取り慌ててスーパーを出ようとし……。
万引きに間違えられるが、秘書がお金を払い、事なきを得た。

その光景を見ていた誠。

玉子を見て……

「かあさん」

**

玉子は秘書に訊ねる。

「いつからあの子は」

「もう5、6年前からです」

会長のところにいたんじゃないのか、と。
てっきりマキタのところにいたと思っていた玉子。

誠は家出をしていた。
マキタは遠くから見守っている状態だと。

玉子は
「後は大丈夫ですから。
会長に宜しくお伝えください」
と秘書に伝え、ひとり歩きだす。

玉子はひとり喫茶店に入り……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】177話の見どころ

いしだあゆみと吉岡秀隆の切ない表情に感動

再会の場面でのお二人の表情がたまらない。感動の場面です。

【やすらぎの刻~道】177話の感想

吉岡秀隆さん演じる誠の母が玉子演じるいしだあゆみさん。
「北の国から」の親子が【やすらぎの刻~道】でも親子という設定。倉本聰氏の脚本に拍手と感動の声が。
運動靴を手にしてあわててスーパーを出てしまう玉子でしたが、それほどに慌てていたのでしょう。
親子の感動の再会です。
「かあさん」という吉岡秀隆さんが「北の国から」の可愛い純の姿と重なります。
運動靴も「北の国から」の名場面とも言われる場面ががあり、そこもリンクしていますね。
吉岡秀隆さんが優しいパパで、ほっこりしました。
「男はつらいよ」の新作「男はつらいよ・お帰り寅さん」でも満男が父親になっています。
吉岡秀隆さんのじんわりとした演技は圧巻。そして、玉子が誠を見る瞳。言葉のない中からじんわりとくる演技に感動した177話でした。
誠の現状を知った玉子はひとり何を思うのでしょう。
次回は感動の物語となりそうな予感です。

吉岡秀隆さんといしだあゆみさんの共演・北の国からについて

『八つ墓村』の金田一耕助、映画『男はつらいよ・お帰り寅さん』の満男と主演続きの吉岡秀隆さんがテレビ朝日昼ドラ【やすらぎの刻~道】の【郷】パー…

北の国からの親子共演に感動の声

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク