【G線上のあなたと私】9話の視聴率とネタバレ!波瑠といくえみでなぜ低視聴率?

【G線上のあなたと私】9話の視聴率とネタバレ!

波瑠主演の【G線上のあなたと私】第9話が12月10日に放送されました。

ようやく付き合うことになった也映子と理人。

気になるふたりの行先は!?

今回は【G線上のあなたと私】第9話の視聴率とネタバレを紹介します。

ドラマ【G線上のあなたと私】のキャストとあらすじ!波瑠&いくえみで「あなそれ」チーム集結!
ドラマ【G線上のあなたと私】のキャストとあらすじ!2019年10月スタートのTBS・火曜ドラマは波瑠主演の【G線上のあなたと私】!恋愛マンガの名手・いくえみ綾原作の恋と友情の物語!いくえみ綾×波瑠の実写ドラマ化で、『あなたのことはそれほど』チームが再集結!ここでは、ドラマ【G線上のあなたと私】のキャストとあらすじ見どころなどをご紹介。

【G線上のあなたと私】の動画【G線上のあなたと私】は、パラビで全話配信予定「1017円(税込)※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です」。まずは無料体験!※本ページの情報は2020年2月28日時点のものです。

スポンサーリンク

【G線上のあなたと私】9話の視聴率

【G線上のあなたと私】9話の視聴率は6.5%!

最低記録を更新してしまいました。

【G線上のあなたと私】9話のあらすじネタバレ

第9話のあらすじ

理人(中川大志)とのデート当日、緊張のあまり体調を崩してしまった也映子(波瑠)。
一方、理人は会いたくないから断られたのではないかと疑心暗鬼になり、也映子の自宅を訪ね、困らせてしまう。

也映子の部屋で2人になり、ようやくお互いの気持ちを確かめ、ついに付き合うことにーー。
両想いである嬉しさを噛み締める也映子だが、8歳も年下の理人との交際に戸惑いを隠しきれず、空回り…。

そんな中、也映子と理人が2人で出掛けているところに、夫・弘章(小木博明)の態度にイライラを募らせていた幸恵(松下由樹)が家出をしたという連絡が入る。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/ep9.html

第9話のネタバレ

3コンの翌日に会う約束をした也映子と理人が緊張の為眠れないメールをそれぞれ幸恵に送ってくる。いらつく幸恵。しかし翌日、也映子は当日に熱を出してしまう。急に会えなくなった理人は也映子の家を訪ねてくる。

也映子の部屋に通された理人は、会いたくないから仮病を使ったのではと疑心暗鬼になり訪ねたと言う。突然の訪問に戸惑う也映子。理人は眞於との一件で也映子に助けられた、俺の気持ちを軽くしてくれた、いっしょにバイオリンやれてよかったと言う。

「もしかして私の事好き?」と普通に聞く也映子。「好きです」と答える理人。

早速幸恵の家へ行き、報告する也映子。心から喜ぶ幸恵だった。

カラオケで理人と練習する也映子。幸恵は気を使って練習に参加していないのだった。帰り道、いつものように軽い喧嘩のように会話するふたり。でもそれは手をつないで歩きながらだった。

なかなか会えないふたりは、理人の就活の最中に会うことに。仲間といるところで挨拶する也映子は、理人の友人に「お姉さんですか?」と聞かれる。すかさず「彼女だけど」と答える理人。みんなとの食事の後、「也映子さんを見せたかった」と言う理人。

学生たちとの会話で年の差を感じた也映子は女子力がほしいと切に願うのだった。

彼女ができたと知った兄の侑人は、眞於のことを頼むと言ったことを謝る。いつの間にか大人びた理人は侑人と対等に話している。

やっと訪れた初デートの日。自分の恰好に自信がもてない也映子は、一旦いつものカラオケにやってくる。若い理人が彼氏なことに自信が持てない也映子は気を使い過ぎて戸惑うが、理人はこれまで通りいたいと考えていた。

仕事中の也映子を突然訪ねてくる眞於。眞於は3コンの時の也映子の言葉のお礼を言う。眞於は理人と也映子が付き合い出したことを知っていた。そして教室が移転すると教える。

驚いた也映子はすぐに幸恵に報告する。移転しても続けると言う也映子に対し、幸恵の顔は冴えない。

夫の弘章とまだしっくりいっていない幸恵。気晴らしにバイオリンを弾いてみるがテンションは上がらない。

再びカラオケへやってきた也映子と理人。自ら理人のほっぺにキスする也映子だが、意を決した理人が顔を近づけた途端「あ~苦しい!」とそらす。これからのことを考えるとバイオリンなしではこれまでのようにいかないと言う。その時、多実から突然の電話が入り、幸恵が家出したと告げられる。

心配する也映子達に「ひとりになりたいからちょっとガス抜きでネカフェに泊まる」とメールが来る。そんな事態に自分たちのことは一旦保留と言い、幸恵のところへ行くと言う也映子。「ひとりになりたいって言っていたんじゃ」と言う理人に「そう言っている時は本当は誰かにいてほしいんだよ」と言う。自分のこともよくわからないが、年齢に関係なく誰にでもそういうことがあると幸恵の気持ちがわかる也映子。すぐにでも幸恵のそばに行ってやりたいのだった。

【G線上のあなたと私】9話の感想

https://twitter.com/kurikuri085/status/1204400869233569792

【G線上のあなたと私】9話のまとめ

確かに視聴率とドラマの質は比例するわけではないですね。今回は数字の取れる女優・波瑠といくえみ作品のタッグ、しかもこのコンビでは依然「あなそれ」で高視聴率を叩き出した前例もあります。なのに蓋を開けてみたら6~8%台という結果になっています。これはいったいどういうことなのでしょう?

個人的な意見になりますが、これは主人公のキャラクターと、ストーリー展開にあるのではないでしょうか?也映子というキャラクターは決して魅力的とは言えず、年下との恋愛を軸にしていない物語の中で友情物語の方はうまくいっていますが、ラブストーリーの方は影が薄くなっています。原作自体がそうだったので、さすがの安達奈緒子といえどもうまく原作越えの部分がありましたが、全体のラブストーリーは盛り上がらずにここまできてしまったと思わざるをえません。キャラクターごと変えてしまうと原作とかけ離れてしまうのでこれが精いっぱいだったのかもしれませんね。ともあれ、9話にして最低視聴率を更新したこのドラマ、次週の最終回で有終の美は飾れるでしょうか?

記事内画像出典:公式サイト