【相棒18】8話のネタバレと視聴率!”サルウィン”は初代・亀山の再登場フラグ?

相棒18

第8話 2週連続スペシャル「檻の中~陰謀」

【相棒18】第8話が放送されました。第8話は2週スペシャルの前半戦、特命係はある大学教授の横領事件と保釈金強奪事件に迫っていきます。

また、その中で相棒ファン御馴染みのサルウィンという国の名が久々に登場しました。もしかしたら次週に初代相棒・亀山が登場するかもしれません。

今回の記事では【相棒18】8話のネタバレと視聴率などをお伝えします。

2019年の「相棒」が遂に発表されました。例年よりも遅れ9月にずれ込んだので正直不安でした。 今年も【相棒18】では杉下右京と…
2019、2020年とテレビ朝日を代表する刑事ドラマ【相棒18】が帰ってきます。優秀だが風変わりな刑事・杉下右京(水谷豊)と相棒の冠…
「相棒シリーズ」を視聴するには?
【相棒18】はAmazonプライム・ビデオAMAZONでレンタル可能です。さらに四代目・相棒の冠城亘(反町隆史)が登場するシーズン15~17はプライム会員なら追加料金は掛かりません。 さらに

  • 亀山薫(寺脇康文)シーズン1
  • 神戸尊(及川光博)シーズン8
  • 甲斐享(成宮寛貴)シーズン11
  • 冠城亘(反町隆史)シーズン14

歴代の相棒が初登場するシーズンがレンタル可能です。

※ 全て2020年3月24日(火)現在の情報です。最新の配信情報はAmazonプライム・ビデオ公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【相棒18】8話の視聴率

【相棒18】8話の視聴率は13.3%でした。

-1.7%でしたがまだまだ高水準です。

【相棒18】8話のあらすじ

3000万円もの大金が奪われる強盗事件が発生した

この金は研究費の横領容疑で逮捕された東修大学教授・皆藤武雄(中村育二)の保釈金で警察の上層部も法務省に恩を売るために躍起になっていた。

襲撃を受けた准教授の高瀬佳奈恵(中村優子)によると犯人は3人組の男でテーザー銃(遠距離対応型スタンガン)を持っていたという。さらに皆藤は保釈を急いでおり、だからこそ現金を用意していたのだという。

いつものように首を突っ込んできた特命係の右京(水谷豊)は20年前の捜査二課時代に皆藤と面識があった。20年前、皆藤は自身の研究に熱心でさらに当時の学長の横領を告発していた。右京にはそんな皆藤が横領をするとは思えなかった。

一方、亘(反町隆史)は旧友で週刊誌記者の桝本修一(山崎樹範)から呼び出されて皆藤の事件について情報を教えて欲しいと頼まれる。事故で妻を亡くして生活も苦しいので必死に懇願する桝本。熱意に押され亘は何か分ったら連絡すると答える。

亘も右京と捜査をすることになる。手始めに皆藤と面会し保釈を急いだ理由を尋ねるも「拘留されるのは限界なんだよ!」と答えるだけで肝心な情報は得られなかった。

その後、2人は大学の研究室に向かう。皆藤はロボットやAIの研究をしており、見張りロボット「アポロ」もその1つだった。

佳奈恵や研究員によると3ヶ月ほど前から不穏な出来事が続いていたという。

  • 皆藤のインタビュー記事は掲載取りやめ
  • 医療機器メーカー・ライフケアテクノロジーからの研究費用の打ち切り
  • ある女性研究員はストーカー被害を受けて退職
  • ある男性研究員は階段から落ちて足を骨折

など。加えて今回の横領、及び保釈金の強奪と一連のことは呪いだという研究員達。

捜査をするうちにインタビュー記事を書いたのは亘を訪ねてきた桝本であること、研究員達の事件には同じ男が関わっていることが判明する。いつものように青木にその男を調べさせる。身元は分らなかったが足取りを追うとライフケアテクノロジーがあるビルに出入りしていたことが分った。

大学教授、記者の桝本、医療機器メーカーが繋がり始めていた。

【相棒18】8話のネタバレ

隠し事と嘘だらけ

喫茶店で亘は桝本と会い、インタビュー記事と皆藤と面識があったのに黙っていた理由について訪ねるも「それとこれとは別の話だろ」と打ち切られてしまう。それを聞いていた右京も隠し事をしていると睨む。

2人はライフケアテクノロジーの社長から話を聞く。研究員の襲撃に関わっていた男のことは知らなかったがどうも態度が胡散臭かった。その後、清掃員のおばちゃんからその男はタケダという人物で面会していたと判明する。やはり社長は嘘をついていた。

「皆藤はライフケアテクノロジーを告発しようと桝本に記事を書いて貰った。だが、圧力で記事は差し押さえ研究員達への嫌がらせ、横領のでっち上げに発展したのでは?」と推理する2人。また、「保釈金の襲撃は計画的で情報が誰かから渡っていたのでは?」とも考える。

パソコンである女性の写真を見つめている桝本。そこに特命係の2人が現れて告発について追求していく。「なぜ自分を裏切った。お前のことを疑いたくない」と亘は辛辣に追及するがそれでも桝本は答えない。

右京は桝本が見ていた写真の女性が気になっていて「奥様では?」と訪ねるも桝本は怒って出て行ってしまう。

それぞれの企みは?

彼女が写っていたのはサルウィンという紛争やテロが絶えない国だった。その後の調べで妻の美佳はNGO活動を行っていたがテロに巻き込まれて死亡したことが判明する。

一方、「計画通りに…」と桝本はある人物と会っていた。その人物は准教授の佳奈恵だった。

再び、皆藤と面会する2人。告発のことを訪ねるも皆藤は「分らないな」の一点張りだった。ただ、桝本の妻のことは知っていたので「一連のことにはテロが関係しているのでは?」と2人は考える。

捜査一課では伊丹、芹沢たちが過去にテーザー銃を使った事件から容疑者を絞っていた。亘はまだ拘留されている井上という人物に注目する。弁護士以外で面会に来たのは谷口という男でさらに、同じ日のほぼ同時刻に佳奈恵が皆藤の面会に来ていたことが判明する。

「谷口の面会票をこっそり見た佳奈恵は裏の社会の人間と判断、皆藤に金を渡さないために谷口と協力して保釈金強盗を自作自演したのでは?」と2人は推理する。

その夜、金を持って大学を後にしようとする佳奈恵。そこに谷口を含めた強盗三人が襲い掛かる。特命係、伊丹たちが駆けつけ強盗を取り押さえるも佳奈恵は頭から血を流して意識不明の重体となってしまうのだった。

次週に続く。

【相棒18】8話の感想まとめ

サルウィンと初代相棒・亀山

今回の話で桝本の妻の美佳が活動していた国・サルウィンは初代相棒・亀山が現在いる国です。

NGOとして活動していた旧友が殺害される事件で向かい、右京とともに事件を解決。政府を含め腐敗している現状を目の当たりにして、旧友の遺志を継ぎ子供達に正義の精神を教えるために右京と別れました。

今回の事件はサルウィンでの美佳の死が関わっているようです。【相棒】はもうすぐ20年目に突入、日本に帰国は無理でも何かしらの形で亀山が登場することに期待したいです。

解決編は12/11(水)21:00からです。3人の人物の目的は?裏にある巨大な陰謀とは?放送をお見逃し無く。

画像引用:テレビ朝日「相棒season18」公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク