【やすらぎの刻~道】162話のネタバレと感想!公平(橋爪功)は未だに三平に嫉妬!?

【やすらぎの刻~道】162話のネタバレと感想!
翔(菅谷哲也)詩子(渡辺早織)は清里で待ち合わせ。
楽しいひと時を過ごし……。
そして、翔はある物を詩子に見せる。翔が大切にしていたものは?

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】162話が2019年11月20日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】162話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】162話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】162話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】162話のネタバレ

しの(風吹ジュン)が機織りをしてるのだが、公平(橋爪功)は自分の物を織っていないことで、嫉妬してしまう。

「しのは今でも三平を思っているのではないか。
成り行きでわしとくっついてしまったのではないか」
と、公平は三平にも嫉妬をしていた。

剛(田中哲司)は、清里のパン屋をしめるが農園は順調だ。
「それよりも、竜(駿河太郎)がクビになるかもしれない」と、しの。

清里が今では閑古鳥が鳴いているという。

「怖いですね、お金儲けは」と、しの。
公平は、翔(菅谷哲也)がそのことを知っているか、と訊くと
「知らないでしょう」と。

早苗が会いに来たことも話してはいないという。

**

農園。
詩子(渡辺早織)と翔がどうやら付き合っているらしい、と噂。

**

清里。

翔と詩子がデート。
詩子が働いていたというパン屋は閉まっている。あちこちを巡り歩くが、ほとんどが閉店している。
それでも数件のお店は営業している様子。
喫茶店に入り、パン屋の話をする二人。

「クリスマスケーキは余ったら捨てるが、損をしないような設定になっている」
と詩子がいうと、翔は
「へぇ」と感心する。

鉄兵の話を聞きたいという詩子。
翔は鉄兵にもらった刀を見せる。

「(鉄兵には)捨てるなんて考え全然ないんだ」
鉄兵に会って
「人生観が変わった」
と翔。

そして、東京でずっと引きこもりだったことを打ち明ける。

しのが東京に行ったときに、置いていった手紙と10円玉を持っていて、それも詩子に見せる。
その手紙が入っていた袋は、カレンダーで作ったもの。

それに気づいたとき「山梨に行こう」と思ったのだと。

そして、しのが作った袋を「宝物」だという。

<続き>

【やすらぎの刻~道】162話の感想

公平はやっぱり、どこかでずっと、三平のことを気にしていたのかとも思える「じぇらしい」。その表現が可愛いとの感想も。
翔は詩子とデート。本当のことを打ち明けるのは、自分のことを知ってほしいから、認めてほしいから。きっと詩子は、翔の一番の理解者になっていくのだろうと思います。
しののあのときの手紙と10円玉を宝物として持っていた翔。しのの愛情が翔を救ったのだと感じた162話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク