【特命刑事カクホの女2】5話の視聴率とネタバレ!あの人物がまさかの裏切りっすなぁ!

カクホの女2

【特命刑事カクホの女2】5話が放送されました。第5話からいよいよ宿敵・如月が動き出し最終章へと突入していきます。

亜矢に薬物の疑いが掛けられてしまい、そして、まさかの人物が裏切るという怒涛の展開です。

今回の記事では【特命刑事カクホの女2】5話のネタバレと視聴率などをお伝えします。

2019年秋のテレビ東京系「金曜8時のドラマ」は【特命刑事カクホの女2】に決定しました。 名取裕子と麻生祐未のベテランコンビが…
2019年秋のテレビ東京金曜8時のドラマ【特命刑事カクホの女2】がいよいよスタートします。約2年ぶりとなる待望の続編です。 【…
スポンサーリンク

【特命刑事カクホの女2】5話の視聴率

#特命刑事カクホの女2
今夜8時 第5話放送です😆✨✨

怒涛の後半戦がスタート‼️
前回の城田署長(#大東駿介 )の怪しげな表情は一体…❓

百合子(#名取裕子 )たちは、宿敵・如月(#高橋克典 )の陰謀に、巻き込まれていく…#テレビ東京 pic.twitter.com/uW4iTY2vJR

— 特命刑事カクホの女2 テレビ東京金曜夜8時👮‍♀️11月22日第5話 (@tx_kin8) November 22, 2019

【特命刑事カクホの女2】5話の視聴率は分かり次第お伝えします。

【特命刑事カクホの女2】5話のあらすじ

北条百合子(名取裕子)と三浦亜矢(麻生祐未)は副総理夫人・長浜数子(秋本奈緒美)が主催する麻薬撲滅イベントを取り仕切ることになる。係長の浜口(正名僕蔵)、黒木(小野塚勇人)、署長の城田(大東駿介)も参加し署を上げての一大イベントだ。鑑識の竹宮圭介(加藤雅也)も舞台に立ち小学生相手に麻薬の危険性を説明していく。

だが、麻薬探知犬を使った捜査の説明の際、犬達が数子に向かって吠え出してしまう。数子のすぐ後ろにいた竹宮が犬達を引き離したが、小学生の一人がその様子をスマホで撮影、ネットに拡散して世間は大騒ぎとなってしまう。

また、最近チンピラや不良の胃が突然爆発し死亡する事件が多発しており、厄介ごとが増えてしまった浜口のイライラは募っていた。

疑いを掛けられ数子の怒りは爆発。ところが竹宮が尿を検査した結果、陽性だった。百合子と亜矢は数子が事前に摂取したものに薬物が入っていたことを疑うも

  • 数子は口にするものも常に警戒している
  • 病院でのビタミン剤の注射:アンプルはランダム
  • 直前の車での栄養ドリンク:数子の目の前で秘書が開封し、その様子がドライブレコーダーに記録されていた

と外部から薬を盛ることは不可能だった。

そんな絶体絶命の数子に竹宮は小籠包を差し出す。昔、ヤクザとの抗争で左足を怪我したこと、息子が励ましてくれたことを話しながら数子に気を使うのであった。

その頃、百合子は数子の事務所の前で不審な黒い車を目撃し小籠包を食べ終えた数子に訪ねる。数子には以前に公安部が張っていたことがあり今回も疑っていた。

一方、亜矢と城田は副総理大臣の俊雄(岩松了)から呼び出しを食らい、「早期解決するように」とやんわりと圧力をかけられる。その後2人は「緊急事態」と県警本部から呼び出せれて…。

【特命刑事カクホの女2】5話のネタバレ

絶体絶命

「数子婦人の冤罪をでっち上げたのは三浦亜矢。彼女の部屋を本日中に家宅捜索しなければ知っている情報を全てマスコミにリークする」

と匿名のたれ込みがあった。

百合子も加わり、亜矢は家宅捜索を受ける。亜矢のマンションは過去の事件のこともありトリプルロックとかなり厳重だった。竹宮が捜索をしようとした引き出しは下着が入っていたので百合子に代わってもらう。ところがその中から3000万もの大金が入った通帳とコカインが発見される。

取り調べに対して亜矢は凛として否定するも厳重なロックが掛かっていた上に、鍵は亜矢自身が持っていたので何者かが侵入するのは難しく、絶体絶命だった。

普段は亜矢にいい様に使われている黒木も気を落としてしまう。だが、無実を信じており百合子とともに疑いを晴らすことを決意する。そこに小籠包を持って竹宮も参戦、県警本部を通さずに証拠の鑑識をすることを約束する。

一方、留置所の亜矢の元に警視正・芹沢隼(長谷川初範)がやって来る。そして、芹沢は2人の因縁の相手・如月光太郎(高橋克典)について話し始める。

現場百辺

翌日、「刑事は現場百辺」と百合子と黒木は再びイベント会場を捜査する。壇上の床は麻薬捜査犬が騒いだ影響なのか傷跡が凄まじかった。

続いてネットに上がっていた動画を確認すると百合子は3頭いたはずの犬が2匹しか映っていないことに気付く。

動画を撮影していた小学生の元に向かい、加工する前の原本を見せてもらう。そして、3頭目の犬の様子や床の傷から犬達は数子ではなく後ろにいた人物に吠えていたと判明する。

後ろにいた…検査をした…亜矢の引き出しを最初に開けた…その人物はただ1人しかいない…

裏切り者それは

鑑識の竹宮だった。

竹宮は眼鏡を取りいつもとは異なる真剣な表情である人物との会話を思い起こしていた。

竹宮は実は眼科医の谷崎良雄(東根作寿英)いう人物が起こした医療ミスで息子を失っていた。谷崎は失踪していたが如月から谷崎の居場所を教えて貰っており、その代わりとして如月の条件を飲んでいた。

そして、谷崎を発見した竹宮は猛スピードで車の突撃するのだった。

【特命刑事カクホの女2】5話の感想まとめ

裏切りの心境は

ついに最終章に向けて物語りは大きく動き出しました。

「~っすなぁ」が口癖で、飄々としながらも百合子と亜矢を支えていた竹宮さんがまさかの裏切り者でした。百合子に奢ってもらうなど息子のことをだしに使っていましたが本当は亡くしていて、復讐のために如月と繋がっていたとは。

罠にかけた数子を気遣っているところをみると根は優しい人物でしょうがこれからどうなっていくのでしょうか。

次週はいよいよ如月が本格的に動き出し、連続怪死事件にも迫っていきます。怒涛の展開を見せようとしている「カクホの女2」を最後までお見逃しなく。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ東京「特命刑事カクホの女2」公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク