【やすらぎの刻~道】160話のネタバレと感想!桃園で出会った翔と詩子はこれからどうなる?

【やすらぎの刻~道】160話のネタバレと感想!
最近「鉄兵の姿を見ない」としの(風吹ジュン)から聞いた翔(菅谷哲也)は山に行くのだが。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】160話が2019年11月18日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】160話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】160話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】160話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】160話のネタバレ

公平(橋爪功)・ナレーション

翔(菅谷哲也)は鉄兵(藤竜也)に気に入られたのか、その冬は山からおりてこなかった。

**

鉄兵と翔は洞窟で自給自足の生活をしている。

野うさぎを捕まえ鉄兵に
「殺せ」
と包丁を持たされた翔。

翔はどうしてもできなくて、結局、鉄兵がする。
鉄兵は
「殺すものの痛みを考えろ」と。

生き物を殺すときは、胸が痛む。
だから、神様に祈るのだと、鉄兵は言う。

翔は食べるが、鉄兵は食欲がないといい、食べない。

「翔、お前んちは何があった?」
と電気を使うものを問われて、翔は
炊飯器……、テレビ、あれこれと言うのだが、鉄兵は聞いておらず眠ってしまった。

**

冬が過ぎ、翔は山からおりてきて、剛(田中哲司)の農園を手伝い始めた。

剛のところは忙しく、一家総出で仕事をしている。
その時、農園に手伝いにきていた剛の次女・あい(酒井波湖)の友人・詩子(渡辺早織)と知り合った。

詩子
「東京の人なんだって?
東京って面白い?」

「いや」と答える翔。

クラスの人はほとんど東京に出てしまったと話す詩子。

「あなたはずっとこっちにいるつもり?」
と問われ
「できれば」
と翔は答えた。

**

3月になると、剛の農園にいた翔が公平の家に戻ってきた。
しの(風吹ジュン)は鉄兵の半てんを作りあげていた。
この頃、鉄兵が姿を見せていないというので、翔が山に行くと……

鉄兵の姿がない。

そして、洞窟に行くと……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】160話の見どころ

鉄兵の心沁みる台詞

山で暮らしてきた鉄兵。
生き物を殺し生きてきたのでしょう。

【やすらぎの刻~道】160話の感想

翔と詩子は、将来は付き合うのかな、と思います。
翔が恋をして結婚する!?なんて予想します。
ゲーム三昧で引きこもりの翔は大きく生まれ変わったと感じた160話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク