2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【ハル~総合商社の女~】5話の視聴率とネタバレ!中谷美紀の贈った扇子がダサすぎる!

ハル総合商社の女5話トップ

【ハル~総合商社の女~】5話の視聴率とネタバレ!

中谷美紀主演のドラマ『ハル~総合商社の女~』(テレビ東京)第5話が11月18日(月)に放送されました。

ハル(中谷美紀)が五木商事のベトナムでの知名度アップのために奮闘!

ベトナム出身女流棋士に想いを込めて贈った扇子のセンスが話題に!?

今回は【ハル~総合商社の女~】5話の視聴率とあらすじ、ネタバレ感想をお伝えします!

ドラマ『ハル~総合商社の女~』は、動画配信サービスパラビで配信中!(2019年10月時点の情報です。)
ドラマ【ハル~総合商社の女~】キャストとあらすじ!中谷美紀がデキるシングルマザーに!
ドラマ【ハル~総合商社の女~】キャストとあらすじ! 2019年10月スタートのテレビ東京系「ドラマBiz」枠は、ドラマ【ハル~総合商社の女~】が放送される予定です。 中谷美紀が演じる主人公のハル(海原晴)は、大手総合商社...
【ハル~総合商社の女~】の視聴率とネタバレ最終回まで!中谷美紀の再婚の可能性は!?
【ハル~総合商社の女~】の視聴率とネタバレ最終回まで! 中谷美紀主演のドラマ『ハル~総合商社の女~』(テレビ東京) 持ち前の明るさとポジティブ思考で旧態依然の会社組織に立ち向かう痛快ビジネスドラマ。 シングルマザー...

【ハル~総合商社の女~】5話の視聴率

【ハル~総合商社の女~】5話の視聴率は4.0%!

【ハル~総合商社の女~】5話のあらすじ

【ハル~総合商社の女~】5話のあらすじ

晴(中谷美紀)ら、経営企画部に「ベトナムでの五木商事の認知度アップ」という新たなミッションが下される。

グループ会社の五木鉄鋼が初めてベトナムへ進出することになり、ベトナムで五木鉄鋼を広く認知させる戦略のためだ。

矢島智明(渡辺邦斗)は、日本で活躍するベトナム出身の著名人とのスポンサー契約を提案。

この案に賛同した晴は、将棋界で今最も注目されているベトナム出身の若き天才女流棋士グェン・ランを候補に挙げる。

さっそく晴は部下の青柳悠馬(白洲迅)と共にランがエージェント契約を結ぶ代理人の寺尾紀之(野間口徹)と交渉を開始し、好感触を得る。

ところが、寺尾は後日一転して五木商事と同じ提案をする大手飲料メーカーが現れたため、2社によるコンペにしたいと言い出した。

思わぬ強敵が現れた上に、晴の強引さがあだとなる事件が発生してしまう。

果たして、晴はこのピンチをどう乗り切るのか!?

一方、晴は一人息子の涼(寺田心)と和田寿史(藤木直人)が偶然会ってしまったのをきっかけに、新たな展開が訪れようとしていた……。

ゲスト出演者:野間口徹

記事の出展:テレビ東京、公式番組サイト

【ハル~総合商社の女~】5話のネタバレ

【ハル~総合商社の女~】5話のネタバレ

ハルの強引さが仇に…

経営企画部では、大手飲料メーカーとのコンペに勝つための戦略を立てることになった。

まずは将棋の女流棋士・グェン・ランとの契約金の額を高くするため、予算の計上と財務の見直しに入る。

そして青柳悠馬(白洲迅)は五木商事ならではの企画として、アパレル部門にある10代の若者に人気のブランドの服をグェン・ランに着てもらうことを提案。

ハル(中谷美紀)は青柳の提案に対して、彼女らしい若々しくて華やかな服を作ろうと乗り気の様子。

さらに五木鉄鋼のロゴを入れることで企業イメージのアップにも繋がると話す。

しかし、グェン・ランの代理人・寺尾紀之(野間口徹)にこの企画を提案すると、棋士が対局時にスポンサーのロゴが入った服を着ることは出来ないとして却下されてしまう。

寺尾は、さらに自ら将棋連盟に許可をもらうと言って強引に提案するハルに激怒するのだった。

ネット配信企画が前進

ハルは強引な売込みが仇となって、寺尾を激怒させてしまったことを悔やみ落ち込んでいた。

そんなハルに和田部長(藤木直人)は「1度立ち止まって視点を変えてみてはどうか。」とアドバイスする。

その夜、自宅で和田部長の言葉を思い出していると、息子・涼(寺田心)がネット配信で映画を観ていた。

ハルは涼がネット配信で映画を観ていたのをヒントに、グェン・ランの将棋の対局をネットで世界に生配信するというアイデアを思いつく。

翌日、寺尾にネット生配信のアイデアを提案し、先日の利益しか考えていなかった強引な提案を謝罪する。

グェン・ランに日本とベトナムの懸け橋になってもらいたいと言うハルに、寺尾は前向きに検討すると答えるのだった。

寺尾から将棋対局のネット生配信企画について好感触を得たハルは、さっそくこの企画を実現するために大手ネット配信会社「Net Friend」の日本支社に提案、アメリカ本社に掛け合ってもらう約束を取り付けた。

生中継にこだわるハル

1週間後「Net Friend」からのメールがあり、ネット配信の許可を得ることになった。

しかし、生中継は出来ないという条件の回答だった。

経営企画部のメンバーは「Net Friend」でネット配信できるだけでも十分だとこのメールに喜ぶが、ハルはあくまで生中継でなければ意味がないと譲らない。

ハルが生中継にこだわるのは、ベトナムの両親にグェン・ランが日本で頑張っている姿をリアルタイムで伝えてあげたいからだという。

ハルの熱い想いを聞いた矢島智明(渡辺邦斗)は「Net Friend」以外の、生中継の出来るネット配信サービスを探すことを決意する。

そして後日、東南アジアでネット配信サービスを展開している「Your Video 」という会社を見つけることが出来た。

ハルの提案が成立

ハルは将棋の対局を「Your Video」で、ネット生中継出来ることになったと寺尾に報告、同時に対局時にグェン・ランに、彼女のイメージに合った蘭の花の刺繍が入った服を着てもらうことを提案。

すると寺尾はハルの想いに感動し、五木商事との契約を承諾するのだった。

そしてもう1つ、ハルはグェン・ランに日本とベトナムの懸け橋になってもらおうと「アイ・ラブ・ワールド」と書かれた扇子を用意していた。

後日、グェン・ランはハルの贈った蘭の花の刺繍が入った服で将棋トーナメントに出場、見事に優勝を果たした。

ハルと和田部長の関係

和田部長は一乗寺秀人(忍城修吾)の密告で、ハルとの関係が社内で噂になっていることを知る。

2人が付き合っているのではないか?と見られるようになったきっかけは、涼(寺田心)を交えて親子3人で中華料理店を訪れた際、経営企画部の情報通・川上周平(加治将樹)に目撃されたことだった。

元夫婦であることは、社内では黙っておこうと言っていたがそうもいかなくなってきた。

和田部長はハルをオフィスの屋上に呼び出し、「不味いことになってきた。」と言って相談するのだった…

【ハル~総合商社の女~】5話の感想、まとめ

今回は、ハル(中谷美紀)がベトナム人の将棋女流棋士・グェン・ランのために贈った「アイ・ラブ・ワールド」という文字が入った扇子がダサすぎると話題になっていました。

日本とベトナムの懸け橋になってほしいと言って贈った扇子、優勝が懸かった対局の大事な場面で扇ぐグェン・ラン。

中継を見ていた経営企画部のメンバーが「生産が追い付かないほどの売り上げ!」と言って持ち上げていましたが、まるで素人が考えたようなデザインに総ツッコミ!

次回は、いよいよハル(中谷美紀)と和田部長(藤木直人)の関係が社内で明らかになる!?

第6話は11月25日(月)の放送予定です!

記事の画像出典:テレビ東京、公式番組サイト

ハル総合商社の女
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】