【やすらぎの刻~道】157話のネタバレと感想!荒木(柳生博)の質問に無言の鉄兵(藤竜也)

【やすらぎの刻~道】157話のネタバレと感想!
鉄兵(藤竜也)が戻ってきて村は大騒ぎ!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】157話が2019年11月13日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】157話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】157話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】157話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】157話のネタバレ

鉄兵(藤竜也)が帰ってきたことで村中は大騒ぎ。
ハゲ(ミッキーカーチス)やニキビ(山本圭)も来ている。
荒木(柳生博)も飛んでくる。

お風呂から出てきた鉄兵に荒木が声をかける。
どこで、誰と暮らしていたのか
戦争が終わったことは知っているのか
など、皆で質問をするが答えはない。

しの(風吹ジュン)は、信子は死んで幸子は結婚して長崎にいると、報告をし、公平(橋爪功)は鉄兵の墓もあると話すが、鉄兵は無言。

黙ったまま、鉄兵が外に行ったので翔(菅谷哲也)がついていく。

鉄兵が何も話さないことで、
「言葉を忘れてしまった」のか、と心配する荒木。
「そんなことない」としの。

**

鉄兵は墓に行く。
翔は自分が公平の孫だと話す。
そして、山で仕事をする鉄兵の手伝いをすることに。

「焚き火を起こせ」
と言われて、小枝を集める翔。
「マッチは?」
と訊くと、鉄兵はセッセと小枝で火を起こす。
それに感動した翔は、明日も来ると約束する。

**

しのと公平。
鉄兵のところに電気がきていないことに気づき、
鉄兵なら「電気なくても大丈夫だろう」などと話している。

そこに翔がやってきて、鉄兵の手伝いをしたいと言う。
公平もしのも承諾。
そうして、翔は鉄兵を手伝うことになった。

**

しのは朝ごはんを鉄兵に届ける。
翔のことを
「何もできない子なの。どうしていいのかわかんないらしいの。鍛えてやって」
と鉄兵にお願いをするのだった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】157話の見どころ

柳生博さん20年ぶりの連ドラ出演

柳生博さんは荒木役。連ドラは20年ぶり。

45年以上前、息子のいじめをきっかけに、かつて自分がひとり旅で訪れた八ヶ岳南麓に移住。

八ヶ岳の雑木林を再生させる活動をはじめ、長年務めてきた“日本野鳥の会”の会長の仕事も忙しく、拘束時間の長いドラマや映画の仕事はほとんどすべてオファーを断ってきたそうです。

2年前に倉本聰氏と再会して、出演が決まったのだとか。

「僕にとって、この作品が最後のドラマ出演のつもりです」とコメントをしています。

公平としのの家

炊飯器や小物など、懐かしいアイテムが勢ぞろい。

電話が平成でも黒電話です。

【やすらぎの刻~道】157話の感想

鉄兵は、どうやって何十年も暮らしていたのか語りません。山のどこかにひっそりと暮らしていたのでしょうか。
この鉄兵は、藤竜也さんが演じています。「郷」では、秀さん。まったくの別人。流石です。
翔は、鉄兵に出会い、変わっていくようです。原始的な生活は、不自由ではあるけれど、新しい発見なのかもしれません。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク