【やすらぎの刻~道】159話のネタバレと感想!もう会えないかもしれない、翔の姿に涙する母

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】159話のネタバレと感想!
しの(風吹ジュン)は裂き織を始め……。
翔(菅谷哲也)に会いたいと、早苗(中島ひろ子)が村を訪れる。公平(橋爪功)の決断は!?

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】159話が2019年11月15日に放送。
主題歌・中島みゆき、テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】159話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】159話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】159話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】159話のネタバレ

しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)、和やかな夫婦の会話。

裂き織をはじめたというしの。文子が燃やそうとした着物を裂いて織っているという。そして、鉄兵の服を作るというのだ。

公平は、不必要なものは捨てるという資本主義のことを心の中でラップ風にして「ちょろまかほい」などと歌うが、勿論、口にはださない。

**

鉄兵(藤竜也)翔(菅谷哲也)は、山で仕事をしている。

そんな中、竜の元妻・翔の生母である早苗(中島ひろ子)が訪ねてきた。

「あのときのあの人は?」という公平。
早苗は「すぐに別れた」と言う。

早苗は翔から手紙を貰い、やって来たのだ。
「翔に会わせて欲しい」という早苗。

手紙の文面から翔が変わったと早苗は感じていた。

「確かに変わったが、一時的なものなのかわからない。
だから、会わせたことで甘えがでるかもしれない」
会わせたい気持ちはあるが、公平はそう言って断るのだった。

すると、早苗は、再婚すると。
相手はアメリカの人だと。そして、来月にはアメリカに行く予定で、将来は国籍も移すだろう、と告白。

「もう、日本には戻らないだろう」という早苗。
だから、ひと目だけ翔に会いたい、と懇願する。
そうして、早苗は翔に気づかれないように、働く姿を見て、涙を流す……。

**

翔は鉄兵に付いて山を登る。
弓を売ったり、仕掛けをしたり、木の根を掘りおこしたり、鉄兵は山での暮らしを翔に教えていく。
そして、洞穴に入り火を起こす。捕まえた蛇を焼き、飯盒でご飯を炊く。

「はよ、飯食って寝よう」と鉄兵。

<続く>

【やすらぎの刻~道】159話の見どころ

徹子の部屋のゲスト・橋爪功

【やすらぎの刻~道】の前番組【徹子の部屋】のゲストは、公平役とロク役の橋爪功さん。
ドラマのこともお話しされていました。
プライベートでは、引越しをよくするそうで、常に賃貸なのだとか。
最後に徹子さんが「ドラマに出たいわ」と言っていました。
徹子さんが徹子さん役で出たら面白そうですね。

【やすらぎの刻~道】159話の感想

翔に会いにきた早苗。もう会えないかもいれないのに、会わせてあげて欲しいと思う視聴者の声も。公平は意外と頑固です。ちょっとくらい、と思うのですが……。
鉄兵は、とても無口です。もともと無口でしたが、戦争でさらに無口になった感じ。仕事を行動で翔に教えていくタイプ。翔はイキイキとしてきました。翔は本当に変わったと思った159話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク