【G線上のあなたと私】5話の視聴率とネタバレ!久々のバイオリン三銃士に喜びの声!

【G線上のあなたと私】5話の視聴率とネタバレ!

波瑠主演の【G線上のあなたと私】第5話が11月12日に放送されました。

恋愛ドラマの要素が薄く、離れた視聴者は戻ってくるのか!?

今回は【G線上のあなたと私】第5話の視聴率とネタバレを紹介します。

ドラマ【G線上のあなたと私】のキャストとあらすじ! 2019年10月15日スタートのTBS・火曜ドラマは波瑠主演の【G線上のあ…

【G線上のあなたと私】の動画【G線上のあなたと私】は、パラビで全話配信予定。30日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は9月30日時点のものです。

スポンサーリンク

【G線上のあなたと私】5話の視聴率

【G線上のあなたと私】5話の視聴率は6.7%!

野球の放送時間延長でスタートが40分遅れたためもあるでしょうが、またまた最低を更新です。

【G線上のあなたと私】5話のあらすじネタバレ

第5話のあらすじ

就活に加え、婚活をはじめた矢先、元婚約者の智史(森岡龍)と偶然再会した也映子(波瑠)。智史の近況を聞き、懐かしい気持ちになった也映子だが、なぜか頭には理人(中川大志)の姿がチラつき戸惑ってしまう。

そんな中、也映子は参加した婚活パーティーで地味だが温和で誠実そうな白鳥敬一(えなりかずき)とカップル成立。白鳥の人柄に好感を持つ也映子だが、白鳥といるときの自分にどこか腑に落ちないものを感じていた・・・。

一方、姑・由実子(夏樹陽子)のリハビリに付き添うため、バイオリン教室を退会していた幸恵(松下由樹)からバイオリンの練習会に誘われた也映子と理人。しかし、久しぶりに3人で集まれると大喜びの也映子の元に、突然白鳥からデートの誘いが舞い込む。幸恵の後押しもあり白鳥とのデートに向かった也映子だが、理人はそんな也映子の行動が気に入らない様子で――。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/ep5.html

第5話のネタバレ

元婚約者の智史と再会し、食事をしながらの会話の中で、結婚間近に父親が倒れ、婚約破棄されたことを聞く。お互い気遣いながらあっさりと別れるふたり。

眞於が理人の大学を訪れる。大学の教授を紹介する理人。

電話で話す也映子と幸恵。話の流れで夫の浮気のことを言ってしまう。「許してないけど、これまでの時間があるから」と結婚生活について深い話をする。

侑人が理人を呼び出し、一緒に飲んでいる。偶然街で会った也映子から侑人は、理人と眞於が会っていると聞かされたからだ。理人の説明では、眞於は、突然指が思うように動かなくなる局所性ジストニアにかかり、その研究で有名な理人のゼミの教授を紹介してもらったのだった。そんな眞於をフッた侑人を責める理人だったが、そのことを聞かされていない侑人は逆に結婚しなくてよかったと考える。

婚活がうまくいかない也映子と久々にカラオケで会った理人だったが、少し話しただけであっさりと帰ってしまう。物足りない也映子。

かいがいしくリハビリに付き添う幸恵を見ていて、バイオリン教室へ行くことを許可してくれた義母。早速カラオケルームで集まった3人。しかしそんな時に白鳥からのデートの誘いが来る。幸恵の強い後押しでデートに向かった也映子。残った理人はなにか不満顔。ふたりで練習を始めるが、ふたりとも下手になっている。也映子がやりたがっていたからと3人でのコンサートの企画を出す理人。

最初のデートで新居リストなど結婚後のことをグイグイと一方的に話す白鳥に違和感を覚える也映子。理人の働く居酒屋でデートしている也映子は、バイト中の理人と顔を合わせることもなくつまらなそうな顔をしていた。そんな也映子を気にする理人。

デートの後、ひとりで飲みなおしているいる也映子がバイト後の理人を呼び出す。冷やかす理人に「時間を無駄にした。あのまま3人で練習していればよかった」と本音を吐き出す。理人はその言葉に凹むが、自分の”時間を無駄にした”というのは失礼だけど、眞於の”時間を無駄にします”は優しさだと言う也映子。酔った也映子は、相手が生理的に合わないことを力説するが、付き合いをやめることをハッキリ言ったかどうか覚えていないと言う。やれやれな理人。酔った勢いで今すぐ断りに行くと言う也映子を止める理人。理人の説得に納得する也映子は「私、なぜ結婚したいと思ったんだろう」と言い出す。「結婚しなくてもいいんじゃねえ?」と理人。ふたりは楽しそうにバイオリンの話で盛り上がるのだった。

【G線上のあなたと私】5話の感想

【G線上のあなたと私】5話のまとめ

バラバラになってしまった3人が久しぶりに揃ったシーンに喜ぶ声が多数ありました。みなさん、3人が仲良くいっしょにいてくれることを望んでいるのですね。

最終的には恋愛ドラマのはずなのに、その恋愛ドラマ感が薄いのがこのドラマの弱い所なのでしょうか?原作を読んでも、なんとも言えない距離感で進むため物足りなさを感じる方が多いのかもしれません。ただ、この距離感や微妙な心の動きを楽しめる読者や視聴者もたくさんいるので人気があるのでしょう。筆者は心の動きが深いのに主人公・也映子のキャラのため浅く映ってしまうのが残念な気がしています。3人のキャラクターはとても魅力的なのに、心情もとてもよく描かれているのにダイレクトに伝わってこないのが視聴率に影響しているのではないかと感じます。

ですが、ここから後半に向けて理人と也映子の関係が変わってくるので、視聴者の見方も変わってくるかもしれません。

記事内画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク