【ひとよ】の結末ネタバレと感想!佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優の三兄妹がリアルで魅力的!

hitoyo-eiga
出典公式HP

映画【ひとよ】の結末ネタバレと感想!

佐藤健主演の映画『ひとよ』が2019年11月8日から全国公開。

父を殺した母が15年を経て戻ってきた――。崩壊した家族の再生を描く本作、その気になる結末とは?

そして佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優の三兄妹のリアルな魅力も解説!

今回は気になる映画【ひとよ】の結末ネタバレと感想などについて紹介します。

出典公式HP 映画【ひとよ】のキャストとあらすじ! 佐藤健主演の映画『ひとよ』が2019年11月8日から全国公開! 劇…
スポンサーリンク

【ひとよ】の結末ネタバレ

映画『ひとよ』は、桑原裕子氏の舞台脚本が原作。15年前、DV夫をひき殺した母親とその子供たち(三人兄妹)の家族の物語です。

結末のネタバレ

結末からネタバレすると、母と子供たちは和解に至ります。殺人者の子として嫌がらせがあり、それぞれツライ人生を生きてきた子供たちは、最終的に母を許し、家族はひとつになりました…。

と、解釈していいだろう結末です。

雄二(佐藤健)のネタバレ

母をずっと恨んでいた次男・雄二(佐藤健)が母を誘拐(心中の未遂?)した堂下(佐々木蔵之介)に「何してんだ!」と殴りました。

序盤はあんなに母を邪険にしたのに…。母への愛が伝わる鬼気迫るシーンです。

そして母の記事を書いてしまったことは自身が売れるために、でした。母が作ってくれた(父からの)自由に感謝して成り上がろうとしていたのです。後付けな理由な気もしますが、小説家になる夢を抱き一人上京したものの、風俗ライターとして働いている現在を想うと、15年前の事件後に名前を売りたくて思わず書いてしまったのでしょう。

そして15年後の母の現在も記事にするつもりでしたが、終盤、雄二は書いていた記事を捨てました。母への許しの象徴的なシーンです。

大樹(鈴木亮平)のネタバレ

長男・大樹(鈴木亮平)は、カッとなりやすい性格。暴力的だった父に似ていると母に言われた大樹は「父さんみたいに俺も殺すのか」と暴言をはいてしまいます。

しかも母の罪を妻に隠していました。「ちゃんと話し合いたい」という妻・二三子(MEGUMI)。大樹は知っていたら結婚しなかった、子供も産まなかったと責められたと思いこみ(そう思っても仕方ないのですが…)、話し合いに応じず大ゲンカ。離婚したくなかったはずの大樹は離婚届にサインし始めます。

それでもラストの結末は、もう一度話し合ってみるよ、となりました。

どうしてそうなったのか思い返すと、よくわからないのですが、雄二の母への想いを知って悔い改めたのか、「これは家族の問題だ」という大樹に「ちゃんと私を見て」という奥さんの言葉が後から効いたのか、母がエロ本を万引きして「これでも立派か?」と品行方正でないアピールというハチャメチャ展開が大樹の心に刺さったのか、…そのどれもか、はっきりはしていません。(人の感情って理屈でないので積み重ねでしょう。この色々なエピソード、思い出すと泣けます。)

園子(松岡茉優)のネタバレ

末っ子で長女の園子(松岡茉優)は15年前の夜のことを母に感謝している人物。三兄妹の中で唯一、最初から最後まで母の味方でした。

しかし母の事件によって美容師の学校で嫌がらせを受けて退学。美容師の夢を諦め、今はスナックで働きながら生計を立てています。父から自由になっても夢を叶えられなかったようです。それでも母のせいにしないでたくましく生きています。スナックで母のことを噂するお客さんには「なんですか!」とソファーを蹴飛ばします。ドスがきいた声で迫力ありました。

母の髪を切る前の終盤のシーンでは嬉しそうなこと。お母さんが大好きな末っ子です。見返したらもっと違う面があるかもしれませんが初見ではそんな印象の人物だったと言っておきましょう。

タイトルのネタバレ

タイトル『ひとよ』は「人よ」であるとともに、「一夜」でもあります。

劇中の終盤で、タイトル回収と思われる会話がありました。

堂下から「母親の記事を書いて母を売った」とばらされ、けなされた雄二は反論。

雄二「あれを書く以外に俺に何があるんだ。何でもいいから成功しなきゃならないんだ。あの夜の会話の録音を書き起こしたよ。自由に生きて、何にだってなれるって母さんの声が聞こえるんだ。親父を殺してまで作ってくれた自由なんだよ」

そう、あの15年前の一夜。母が父を車でひき殺した夜。ボイスレコーダーをオンにしたままでした。たしか母からのプレゼントで嬉しくて、小説のネタをレコーダーに吹き込んでいました。


さらに、堂下(佐々木蔵之介)が「あの夜は何だったんだ」と泣きます。あの夜とは、別れた妻と暮らす17才の息子と楽しく食事をした夜のこと。しかし、その息子が違法薬物に手を出していたことが判明。いわゆるシャブ漬けにされていて借金しながらクスリを手に入れています。「こんな親なんだから仕方ない」という趣旨のことを言われてしまいました。

そんな堂下は自暴自棄になり、お酒を飲みながら、こはる(田中裕子)とともにタクシーで暴走。一緒に死ぬ気で海の方へ。雄二(佐藤健)たちも車で追いかけ体当たり!危機一髪で母を救います。

そして堂下は、あの夜は何だったんだと嘆いたのですが…

こはる「ただの夜だったんですよ、自分にとって特別なだけで。ほかの人からしたら何でもない夜なんですよ。でも、自分にとって特別なら、それでいいじゃない?」

※結論:「一夜」とは、15年前の一夜、楽しかった一夜、堂下が暴走し家族がひとつになった一夜などを指していると解釈できそうです。

【ひとよ】のネットの反応

「見ないと後悔する」「泣きました」「最高」など、絶賛なツイートが多くあります。

ヤフー映画の採点も5点満点で3.94 点 / 評価:340件時点(2019/11/12 am0:00)とやや高めです。

【ひとよ】の感想

なんとエモーショナルな映画でしょう。設定は暗くて重いし、ベタで大げさなのに、心ゆさぶる映画として成立しています。

田中裕子さんはもちろん、佐々木蔵之介さんも良い味をだしています。

そして三兄妹が本当の兄妹のような空気感なのも魅力です。

あらすじだけ読むとお腹いっぱいになるかもしれないのですが、キャストたちの演技が映画の質を支えています。

自分だけの特別の夜

エンタメ作品に教訓とか学びがあったなんて野暮かもしれないのですが、この映画を通して感じるのは、人のせいにしてはいけない、ということ。

特別な夜も、ただの夜。自分が特別だと思えればそれでいい…はるこさん(田中裕子)が教えてくれました。自分は殺人を間違っていないとかたくなに信じていても、雄二や大樹には迷惑だったかもしれない。それでも最後まで、間違っていないと貫きました。

ちょっとカッコイイです。

そして、自分の特別は何だろう、成し遂げたいこと、幸せな一夜についても考えてしまいます。

自由とは…

「自由」とは何だろうとも思わされます。暴力をふるう父親から子供を守るため、自由に生きてもらうために、こはるさんは夫を殺害したのに…。子供たちは皮肉にも幸せな状況ではありません。

大樹は結婚相手の縁で専務になったものの、離婚問題が勃発。小説家になりたかった雄二、美容師の夢があった園子も夢を実現できませんでした。

劇中で、雄二は暴力なんて我慢すればよかったのにナゼ殺したんだと恨んでいます。それでも母は自分は正しいと曲げない。

登場人物だれの目線で観るか、でまた感想は変わってくると思いますが、オーソドックスに主人公・雄二の目線でみると、母を赦(ゆる)するまでの葛藤の物語が本作だと思います。

また、佐々木蔵之介演じる堂下は、親の想い子知らずを体現する人物。こはるさんが内に秘めている分、酔って暴走してわめくキャラが堂下。

親の思いと子の思いがぶつかって、佐々木蔵之介・佐藤健が言い合うシーンの一夜はまさにクライマックス。

危なすぎる車のクラッシュは現実離れしているのですが、心情を追うととてもリアルな映画です。

15年前の「一夜」は無免許ながら雄二が運転し、三兄妹で出頭する母を追いかけました。多分、間に合わなかったのでしょう。15年後、子供たちの車の窓から現在の雄二が運転する車が見えます。現在が追い越して行きます。兄と妹を乗せて雄二が運転した車は今度こそ、母に追いつき、堂下の暴走を止めました。

三兄妹が過去を乗り越えた、そんな良いシーンです。

さらに付け加えると、自由になれたからと言って夢を実現できるかも自分次第なんだな、と思います。

リアルな三兄妹にくぎ付け!

佐藤健さん。鈴木亮平さん、松岡茉優さんたちの掛け合いはずっと見ていたいのですが、

私、個人的にお気にいりの三兄妹のシーンは、エロ本を盗んだ母さんの衝撃シーンのあとの、自宅の庭でタバコを吸いつつ語らうシーンです。

「デラベッピンって。復刻版なんて作ってんなよ」と笑う園子がなんだかリアル。

そして「憎んでない、母さんは母さんだ」と擁護する大樹。

雄二「変わってないなあ」

園子「変わらなくていいよ、お母さん帰ってきたんだし」

大樹「変わらなきゃ」

3人の立場が違うので、意見も違うんです。その点もリアル。雄二は風俗ライターから変わりたい、大樹も離婚問題をどうにかしたい、園子は大好きな母がいるだけで幸せ。

三兄妹に惹かれる理由は、こんな会話が醸し出す、雰囲気からかもしれません。

(注:当dorama9のキャスト紹介記事では「佐藤健を食う田中裕子・佐々木蔵之介…」と伝えましたが、三兄妹としてはベテラン俳優らに食われていないかも…。と今回感想をまとめてみて思いました。)


まとめ:映画『ひとよ』は、キャストたちが魅力的で、人のせいにせず頑張ろうと思えて、家族って兄弟っていいなと思える作品です。ぜひ劇場で鑑賞を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク