【やすらぎの刻~道】150話のネタバレと感想!放送前【徹子の部屋】の寺田心くんにびっくりの件

【やすらぎの刻~道】150話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】150話が2019年11月4日に放送。
しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)を孫の翔が東京案内をすることになったが……。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】150話のネタバレあらすじと感想、【徹子の部屋】の心くんについても。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】150話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】150話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】150話のネタバレ

平成元年。
公平(橋爪功)、しの(風吹ジュン)は、次男・竜(駿河太郎)、三男・健(青柳信孝)に招待をされ東京に出てきていた。

公平としのは、竜宅で日中を過ごすのだが、家にいるのは竜の長男・翔(菅谷哲也)だけ。

「おはよう」の挨拶をしても返事もなく、しのがご飯を作ろうとするが、翔はパンを食べる。
しのは「学校は?」と聞くが返事なし。

「あいつは口がきけないなのか」
「具合が悪いのか」と心配する公平としの。
そこに「行くよ」と翔。

翔が東京案内をすることになっていたからだ。

この日は横浜に行く。観光している間、翔は無言。
そして、中華街で食事をするが、公平の問いかけに何も答えない。

「将来の夢はあるか」と聞く公平に「別に」と答える。
翔は現在16歳。
公平は、自分の16歳の頃の話をする。

「土、見たことあるか?」と公平。
公平はラーメンの中の麺もねぎもほうれん草も土が育てたと話す。
しのは「もうこれで案内はいいから」と断り、どこかに行ってしまう。

翔は帰宅し、竜夫婦にそこのことをとがめられる。

**

しのと公平は横須賀に。
ベンチに座り、昔のことを思い出す。

しのは、三平(風間晋之介)を思い出す。
「死なないで」といったあの日のことがよみがえる。

「あれから、何年経ったか」と。
公平はしのに三平の死を告げた日のことを思い出す。

二人は警察官に「どこから来たのか」と質問され、送ってもらい竜の家に帰宅。

**

竜と公平。

「東京は楽しめた?」と竜。
「全然」と公平。

竜は翔のことで相談があると公平に言うのだった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】150話の見どころ

中島みゆき【観音橋】

オープニングは中島みゆきさんの【観音橋】が流れました。
平成編スタートというので書き下ろしたという曲です。
もう一曲は「終り初物」。

【やすらぎの刻~道】150話の感想

しのと公平が懐かしむ三平の姿。そして、結婚にいたるまでの二人の姿。
夫婦というものはあらゆるものをひっくるめて、共に生きること。長く連れ添うしのと公平には沢山の歴史がつまっています。
一気に平成になってしまったので、途中の経過がわからないけれど、これからの物語の中にチラチラとおりこまれているかなとも思います。気になる鉄兵兄ちゃんのこととか、どうなのでしょうか。
翔はどうやら登校拒否?菅谷哲也さんが演じていますが、16歳には少々無理があるかもしれませんが、まだこれからがあるので、多少は仕方がないかと。翔の今後が気になる150話でした。

【徹子の部屋】に寺田心くん

【やすらぎの刻~道】の前のテレビ朝日【徹子の部屋】。ドラマを鑑賞する前にチラリとみるつもりが思わず見入ってしまいました。ゲストは寺田心くん。
祝日というので心くんがゲスト。お話が大人です。驚くほど大人です。あまりの衝撃というか、感心というか、感動というか。ツイートでの感想もわんさかあります。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク