【やすらぎの刻~道】146話のネタバレと感想!梅宮辰夫は清野菜名の大ファン!?

【やすらぎの刻~道】146話のネタバレと感想!
菊村の父・栄一(梅宮辰夫)が現れ、振り返りの回。
11月から平成に突入する【道】のダイジェスト版です。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】146話が2019年10月29日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】146話のネタバレあらすじと感想、八千草薫さん出演について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】146話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】146話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】146話のネタバレ

寝苦しさに目覚めた菊村(石坂浩二)。
父(梅宮辰夫)が再び現れ、物語を振り返る。

菊村は、平成編に入る前にと【道】を語ることに。

**

根来公平(風間俊介)の語りへ……。
まずは、家族の紹介。

母・アヤ(岸本加代子)、父・冴次(佐戸井けん太)、長男・一(佐藤祐基)、次男・公次(宮田俊哉・Kis-My-Ft2)、三平(風間晋之介)、公平の妹・伸子(井上希美/栗本有規(幼少期))、末っ子・幸子(井上希美/栗本有規(幼少期))。
親友は、ニキビ(関口アナン)とハゲ(両角周)と青っ洟(若林元太)。
そして、本家の鉄兵(平山浩行)。

当時、公平は13歳。
いのししに追いかけられ「ついてない」と言う。
そんな根来家にしの(清野菜名)がやってきた。公平の初恋が始まる。
しのは三平と仲がよく、ヤキモチを妬く公平。

公平、17歳。
父が急死。そして、公次は自ら志願をして兵隊に入るという。
三平は、しのに頼みごとをする。
「絵を描きたい」と。それは、全身。つまりヌード。
三平がしのの裸を描いているのを覗き見たニキビたち。思わず鼻血。

公平は気づく。三平としのがお互いに気持ちがあるということに。
公平は世話を焼くが、三平は徴兵が怖くて、結婚など考えられないという。
そして、公平の母が亡くなる。
青っ洟たちから満州開拓団の話を聞く公平。

ニキビ、青っ洟、ハゲは満州へ。公平は村に残ることになる。
公平、18歳。
公次が一時帰宅する。公次は、しのに村の道が「原風景」だと語る。この一時帰宅は、別れを告げにきたのだろうと、公平は思う。
そして、公次をおくりだす根来家の兄弟。
「ふるさと」を歌う。背中を向けたまま、公次は手を振るのだった。

**

菊村。父に「ちゃんと聞いてた?」と言うと、「そんで、実際、いくつぐらいなの。しのちゃんやっている可愛い子」という。どうやら、気にしているのはしののことらしい。

【やすらぎの刻~道】の姫・八千草薫さん

姫こと八千草薫さんがお亡くなりました。

【やすらぎの刻~道】の36話で登場しています。

【やすらぎの刻~道】146話の感想

【道】のダイジェスト。公平役・風間俊介さんの語りはしみじみと伝わるものがあります。どれもこれも名場面でした。
昭和時代から平成になる11月は、新キャストになります。吉岡秀隆さんも出演されるし、戸塚祥太(A.B.C-Z)さんも出演と話題です。これからも楽しみですね。

【やすらぎの刻~道~】に戸塚祥太(A.B.C-Z)!風間、宮田に続きジャニーズ3人目の昼ドラマ
ドラマ【やすらぎの刻~道~】にジャニーズ事務所の戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演!倉本聰作品のテレビ朝日の昼ドラ【やすらぎの刻~道】について、記念舞台【屋根2020】について、プロフィール、コメントを紹介。公平(風間俊介)、公次(宮田俊哉・Kis-My-Ft2)、戸塚祥太の役、出演開始日、A.B.C-Zについて。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページhttps://twitter.com/yasuragino_toki

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】