【まだ結婚できない男】1話の視聴率とネタバレ!早坂夏美(夏川結衣)が玉の輿婚の衝撃!

【まだ結婚できない男】1話の視聴率とネタバレ!早坂夏美(夏川結衣)玉の輿婚の衝撃!

13年ぶりの続編で、円熟した偏屈ぶりを見せる桑野(阿部寛)。

夏美先生とはどうなったのか?と思う視聴者に玉の輿婚の衝撃!

今回は、【まだ結婚できない男】1話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想、動画について!

ドラマ【結婚できない男】【まだ結婚できない男】の動画

2006年に放送された前作【結婚できない男】の動画は、Amazonプライム・ビデオHuluで全話配信中! (2019年10月現在の情報です。【まだ結婚できない男】の動画配信サイトはわかり次第お知らせします)

【まだ結婚できない男】の視聴率と最終回ネタバレ!桑野(阿部寛)は誰と結婚する!? 桑野(阿部寛)の恋と結婚のお相手は、まどか(吉田羊)…
ドラマ【まだ結婚できない男】のキャストとあらすじ! 2019年秋、阿部寛主演のドラマ【結婚できない男】が13年ぶりに帰ってくる! …
スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】1話の視聴率

【まだ結婚できない男】1話の視聴率は、関東11.5%、関西15.7%!

世界トレンドにまで盛り上がったのに、関東は思ったより低いですね。カンテレのドラマだからやはり関西では強い。

【まだ結婚できない男】1話のあらすじ

建設現場の地鎮の儀を行う桑野(阿部寛)。

クライアントの家族たちが「結婚できてよかった」と話している。

これから結婚生活を送る2人のために桑野の工夫は…

・男がひとりで趣味の世界に浸れる屋根裏部屋を造った。
・ケンカしたら閉じこもれるように個室には鍵をつけた。
・子供ができて二世帯住宅、離婚したら半分賃貸にできるように将来的に2分割にできるようにした。

あらゆるニーズに対応できる家にしたという桑野だった。

ひとりで残業しているという村上英治(塚本高史)にアシスタントにやらせろと言うが、「ゆとりはもう帰った」と英治。

桑野は、桑野をディスる「やっくんのブログ」の記事の検索順位が上がったことに怒りを感じていた。

桑野は時流に乗るのがうまいだけの建築家で、今度は高齢者を食い物にしようとしている、と書いている。

桑野は、国立競技場のデザインコンペで負けて落ち込んだときに出会った「人生100年時代を幸せに生きるヒント」(山本宏)という本に感化される。

人生100年時代でどんな住宅を作っていくべきかを考えた。その結果高齢者向けの住宅を作っていこうと考えた。

そんなに嫌なら弁護士に相談したらという英治の言葉が頭に残っていた桑野は、近所の吉山法律事務所の扉を叩く。

弁護士の吉山まどか(吉田羊)に「やっくんのブログ」について説明する桑野。

誹謗中傷の元になった人生100年時代のインタビューの内容を見せる。

あなたも折り返し地点を過ぎればすぐですよ。僕はもう過ぎましたけど…。

単身の高齢者が増えてるんですね。わたしも人ごとじゃないな。

桑野は話しているうちにまどかが未婚だということを知る。

まどかは30代に仕事を優先してきたからこそ、こうして事務所を持つこともできたと説明する。

それは自分の状況を一般化することで責任を回避していると桑野。

そういうのって敵を作りやすいスタイルと返すまどか。

犯人もあなたに不愉快な思いをさせられた人の可能性も。

高齢者住宅を考えることがなぜ食い物にすることになるんだという桑野に、これで誹謗中傷となるかとは…と濁すまどか。

プロバイダに開示請求をして認められればいいが、たいていはプロバイダが応じず裁判になって費用も時間もかかる。これくらいなら放置しておいてもと提案するまどかに、桑野は金は払いますからやってください、と依頼する。

もしかしてやっくんを怖がってる? 弁護士が嫌われる確率は4分の3と桑野。その計算は…

まず相手側から恨まれる。これで2分の1。負ければ依頼人にも恨まれる。

合わせて4分の3です。

結局まどかは桑野の訴訟を引き受けることになる。

コンビニに行って豆乳などを買う桑野に外国人店員が「スプーンいりますか? ポイントカードお持ちですか?」と言う。

いりません、ありませんと答える桑野。

隣りに引っ越してきたのは流しそうめんの女

桑野が自宅マンションに帰ると隣りの部屋に戸波早紀(深川麻衣)が引っ越し作業中。

螺旋型の不思議な物体について桑野が尋ねると、それは流しそうめん器だった。

「犬は飼ってますか?」と唐突に聞く桑野に戸惑う早紀。

部屋に入りサングラスとマスクをはずしてひと息つくと、桑野の部屋から大音量のクラシックが鳴り始める。

桑野(阿部寛)の裁判傍聴とおせっかい

桑野(阿部寛)に設計を頼みたいという新規クライアントがいると英治(塚本高史)に話す桜子(咲妃みゆ)。実は桑野が苦手なのだ。

英治は仕方なく間に入ってあげることにする。

英治と桜子に「頑張れよ」と声をかけ、出かける桑野。行き先は裁判所!

まどかが担当する離婚裁判の傍聴に来たのだった。

裁判が始まる。傍聴席に桑野を見つけて驚くまどか(吉田羊)。

まどかは岡野有希江(稲森いずみ)の代理人を請け負っている。

原告の夫・岡野は、浮気は有希江の妄想だと言い張る。

証拠のメールは消されており、決定的な証拠がない。

有希江は岡野が反省すればやり直すと思っている。岡野が有希江の家庭菜園を勝手に処分したことを責める。

岡野は虫がいたからで、虫がいるといったのを有希江が無視するからだと主張。

「無視して虫」思わずダジャレを呟いて笑ってしまう桑野。

法廷を出てトイレに入ると、岡野と弁護士が和解に持っていけそうだと話しているのを聞いてしまう。

一方、和解案を受け入れるかと相談しているまどかと有希江。

「和解? どうかな」と口出しする桑野。

別居しても婚姻費用(生活費や居住費など)をもらっているなら、裁判を引き伸ばしてそれを長くもらったほうがいいと提案。

お金はいいから平穏な暮らしがしたい、という有希江に「平穏な暮らしにもお金は必要」と桑野。

法廷を出てタクシーに乗った桑野は、泣きながらとぼとぼと歩く有希江を見かけ、タクシーで送ることにする。

車内でまどかについて尋ねる桑野に、まどかは一緒に泣いてくれたり、一所懸命やってくれていると言うが、「弁護士が泣いてどうする」と桑野は批判的。

有希江は近所のカフェの雇われ店長だった。社交辞令でお店に来てくださいというと桑野は早速コーヒーを飲みに行く。

桑野のひとりしゃぶしゃぶと早坂夏美の結婚

みんなで鍋を囲む英治とアシスタントたち。

桑野さんが付き合ってた女性について教えてくださいと詩織。

ある女医さんがいて、桑野さんにはもったいないくらいのすっげぇいい人で…と話し出す英治。

その女医さんって最近、すごいお金持ちと結婚した人のこと?という桜子の発言に驚く英治。

その瞬間にひとりしゃぶしゃぶしている桑野を発見する。

大きな肉をひと口で食べて悦に入る桑野に女子たちはドン引き。

一方、まどか(吉田羊)と有希江(稲森いずみ)はラーメンと餃子を食べている。

和解を受け入れる方向で話す2人。

まどかは、結婚してない自分が親不幸だと思っている。

桑野(阿部寛)とパグ犬の出会い

後日、桑野がまたエゴサーチすると「やっくんのブログ」が更新され順位がまた上がっている。

外に出ると隣人(深川麻衣)がサングラスとマスクをして出かけた。

桑野が通りがかりのペットショップに思わず入ると、ケンに似たパグ犬がいた。35万円から11万8000円に値下がりしている。

「成長しちゃったからお安くなっている」と店員(西尾浩行)。

売れ残ったらどうなる?と聞いた桑野に「それは…」と言葉を濁す。

建設現場に行った桑野。

あっ、お前やっくんか? と棟梁に言いがかりをつけていつものようにケンカを始めるが、ふと別の女と分譲マンションに入っていく岡野を見かける。

岡野は桑野を買収しようとするが、もちろん桑野は金なんか受け取らなかった。

その顛末を話すと良雄(尾美としのり)は、見逃してやれば?と言い出す。

結婚した後に築いた財産は折半なんて法律がおかしい。

愛人と新しいマンションなんて、男の夢だなぁ〜。

女3人のいいようにされる生活のどこに夢があるんだよ!と良雄が叫ぶと圭子(三浦理恵子)、育代(草笛光子)、ゆみ(平祐奈)が帰宅する。

反抗期なのか愛想のないゆみ。育代が懲りずに桑野が結婚していないことをチクリ。

シェイクスピアの「マクベス」を観に行ってきた育代に「マクベス」のストーリーを聞く良雄。

人間の業を描いたとっても悲しい話よ、と育代。

マクベスも結婚さえしなければあんな悲惨なことにならなかったと桑野。

【まだ結婚できない男】1話のネタバレ

1話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

疑惑とシンポジウム

桑野(阿部寛)がまどかの法律事務所に行くと有希江(稲森いずみ)も来ていた。

あくまで一般論ですが、相手に隠し財産があったらこっち(有希江)の取り分は増えるんですか?と桑野がまどかに質問したところ、事務所のスタッフの調査結果が届く。

岡野と愛人の写真のほかに岡野から金を受け取る桑野の姿が映っていた。

金を受け取ったのかと桑野を責めるまどか。基調講演をするシンポジウムに間に合わないと言う桑野。

まどかは車で送るからその中で話を聞くという。

結婚後の財産を折半なのがおかしい、と岡野の言い分などを伝える桑野。

そもそもあなたが弁護士なのに隠し財産を見逃したことが始まりだとまどかを責める。

運転していたまどかはグレートホテルとグランドホテルを間違え、桑野はギリギリに到着して講演を始める

人生100年時代がくれば不安も増大する確率が高い。でも逆に考えれば人生が長くなればそれだけチャンスも増える。

離婚した人にもひとりのまま来た人にもいい出会いがくる可能性もある。

とにかく不安もあるけど希望もある。

日本の住宅は結婚して子供ができる前提で作られているが、多様化する必要がある。

結婚しないことが前提じゃなくて、結婚しても離婚したり死別したり、子供が独立したり。

人は最後にはひとりになる。

私は自分が住みたい家を造りたいのかもしれません。

私が高齢者の住宅を作るのがなぜ食い物にすると言われるのか。

まずはバリアフリーを確立する。

日光があふれんばかりに入る家がいい。

結婚するかどうかに人生の本質はありません。

人が家に合わせるなんてナンセンスだ。

だから私は人に寄り添った家を造りたいと常に、常に、常に思っているわけで。以上です。

まどかや有希江へのメッセージも込められた講演を聞いた後、再び「話し方に気をつけたほうがいい」と言うまどかと「いい話しだった」と素直に感動を伝える有希江。

ひとり帰った桑野は、通販で頼んだ流しそうめん器でそうめんを楽しみながら呟く。

「50年くらいひとりで大丈夫だな」

まどかが「やっくんのブログ」をチェックするとまた順位が上がっていた。

【まだ結婚できない男】1話の感想

早坂夏美先生(夏川結衣)が大金持ちと結婚!?

桜子(咲妃みゆ)は、「女医さんが最近お金持ちと結婚した」と先輩から聞いた、と言っていましたが、この「先輩」は沢崎(高島礼子)か。そうだとすると女医=夏美先生。

でもそうなると、夏美先生も最近までずっとひとりだったのか?

英治の話だと桑野と夏美が別れたのは最近ではない感じだったので、この「女医さん」が夏美先生でない可能性もありますよね。

レンタルビデオ店のパンクなお兄さんがペットショップに登場!

稲森いずみがかわいい、きれい!

稲森いずみさん、昔からイメージ変わらなくてかわいいですよね。奇跡の47歳!

【まだ結婚できない男】1話のまとめ

前作の世界観をキープした続編は、おもしろい!と世界トレンドに!

最近、前作の再放送と動画を観続けていたせいか、ちょっとテンポが遅く、メリハリがなくも感じました。

桑野(阿部寛)は、偏屈ぶりがパワーアップした設定なのですが、少し性格が丸くなった、大人になったと思うと、前作のあのテンポは若さ、今作は円熟みを感じさせているとも言えるのか。

もともと、言い方はひねくれているけど、言っていることは正論ばかりだった桑野。

表現の仕方がちょっと変わってきていますよね。

最後の講演には、私たちの知らない桑野の13年の人生と成長を感じました。

夏美先生との別れについては、英治(塚本高史)が語り部になるようです。

今回のように、毎回小出しに話していくパターンなのでしょう。

夏美先生が結婚した?という噂が気になりますね。

桜子(咲妃みゆ)は、「女医さんが最近お金持ちと結婚した」と先輩から聞いた、と言っていましたが、この「先輩」は沢崎(高島礼子)か。そうだとすると女医=夏美先生。

でもそうなると、夏美先生も最近までずっとひとりだったのか?

英治の話だと桑野と夏美が別れたのは最近ではない感じだったので、この「女医さん」が夏美先生でない可能性もありますよね。

早坂先生のことも気になるけど、早速始まりそうな桑野と有希江の恋。いったい2人はどうなるのか、なぜ桑野は次回マッチングアプリなんかを使うのか!?

【まだ結婚できない男】2話は10月15日よる9時から放送です。お見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク