2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【サギデカ】1話のネタバレと視聴率!木村文乃が22回聞いたミュージシャンは藤岡正明!

sagideka-dorama

【サギデカ】1話のネタバレと視聴率!

  • ドラマ【サギデカ】第1話が2019年8月31日(土)に放送!
  • 女優・木村文乃がNHKドラマ初主演の注目作!
  • 放送後、今宮(木村文乃)が22回聞いたミュージシャン:藤岡正明が話題に!
  • ネタバレあらすじ・感想もまとめます。
ドラマ【サギデカ】のキャストとあらすじ!木村文乃が詐欺事件に挑む刑事役に!
ドラマ【サギデカ】キャストとあらすじ!木村文乃が詐欺事件に挑む刑事役に! 2019年8月スタートのNHK土曜ドラマは【サギデカ】! 主演は木村文乃。安達奈緒子のオリジナル脚本による、振り込め詐欺に挑む刑事ドラマです。 今回はドラマ【サギデカ】のキャストとあらすじについて! 捜査二課・知能犯担当の今宮(木村文乃)はがむ…
【サギデカ】の視聴率と最終回ネタバレ!木村文乃主演の刑事ドラマに期待!
【サギデカ】の視聴率と最終回ネタバレ!木村文乃主演の刑事ドラマに期待!ドラマ『サギデカ』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めて紹介!木村文乃主演、安達奈緒子脚本の連続ドラマ『サギデカ』を楽しむために、リアルタイム視聴後に追加して更新していきます。今回はドラマ【サギデカ】の視聴率と最終回ネタバレについて。
スポンサーリンク

【サギデカ】1話の視聴率

【サギデカ】1話の視聴率は7.1%をマーク。

2019年5月放送のNHK土曜ドラマ【デジタル・タトゥー】第1話の視聴率は、4.9%でした。

【サギデカ】1話のネタバレ

警視庁捜査二課の今宮夏蓮(木村文乃)は、がむしゃらかつ綿密な捜査を重ね、バイクを駆って犯人をどこまでも追い詰めていくような女性刑事。

今宮の内偵のおかげで、同僚の森安(眞島秀和)らは係長・手塚(遠藤憲一)の指揮のもと、振込め詐欺のアジトに突入した。

実行犯である“かけ子”たちの逮捕に成功。

しかし大金を手にする上層部は抜け穴から脱出され、取り逃しててしまった。

“かけ子”の内、ひとりの青年(高杉真宙)は、どこの誰なのか、全く手がかりが掴めない。

今宮(木村文乃)青年(高杉真宙)と対決!?

今宮は青年の取調べを担当する。

青年は「うちの店は社員想いで合理的だと思いますけど。」ともっともらしく主張。そして「僕らの“仕事”は社会の役に立っている」と奇妙な理屈を始める。

“富の再分配”という講義で、高齢者が富を独占していると教えられた。強い者から奪ってるだけだという理屈だ。

…そんな中、二度目の詐欺被害に遭った三島悦子(泉ピン子)が息子に責められて自殺未遂を起こし、肺炎になり息を引き取った。

今宮は「ここ十数年、子どもの誘拐が起きてないんです、振り込み詐欺は誘拐と同じなんです」と青年に告げた。

詐欺被害に遭って、自分を責めて自殺した人が都内で2人いた…と伝えても、青年は「その人たちが弱かっただけでしょう」

今宮「たまたま弱い人に当たってしまったのね、要するに、あなたたちは相手を選んではいない。無差別に銃を撃っているようなものです。」

家族構成・預金額を知っていても、どんなことに弱く、どう生きていたのか知らない。年寄でお金があれば狙った。

今宮「やるなら本当にがめつい年寄をピンポイントで狙ってくださいよ。…既得権益に守られてのうのうと生きてる、そういう奴から奪いなさいよ!あなたたちは高齢者とひとくくりにして、その顔を見ない。見ないようにしている。じゃないと、気づいてしまうから…。自分たちが本当は弱い者から奪っているんだってことに。気が付いてしまうから」

青年は反論する。「相手に顔なんてない、ただバカなやつと思い込み、自分の正義を信じて、身内だけ愛するのは何が悪いんですか。あなただって俺が生きようが死のうがどうだっていいはずだ」

「そんなことはない」今宮はそう断言するが、青年の名前もまだ不明だ。

今宮(木村文乃)相手の顔を知る!

今宮は、押収したアイポッドに入っていたインディーズの曲から静岡県山内市へ飛ぶ。

青年の勾留最終日。延長が決まったことを告げて「加地さん」と呼んだ。

今宮は、山内市で聞き取りしたことを話す。6才のとき父が消息不明になり、以後、母と弟と過ごす。しかし10歳ののとき、母はほとんど家に帰ることなく、近所の人に食事を分けてもらうなど過ごした。あるとき弟が衰弱死したあと、加地は施設に行き、高校を卒業。その後は不明・・・。

頑張ったことは認めるが、今宮は同情も共感もしない。

加地「俺は弱者じゃない。どうやって(調べたのか)?」

インディーズの曲を歌う人物が、「よくライブに来ていた」と加地をよく覚えていた。

今宮「改めて訊きます。箱の店長はこの(写真の)中にいますか?これはどうでもいいですけど、その再生回数22回分は私が聞いた分です。結構好きです。」

10日後。加地は証拠不十分で釈放された。手塚係長(遠藤憲一)は泳がせる意味もある、と上司に告げる。

保険証を作る事を提案した今宮は「あなたは守られるべき善良な市民よ」と言って、加地を送り出した。

【サギデカ】1話の感想

「面白い」と大好評ですが、本編で登場したミュージシャンが話題に!

「加地くんだ」と証言した物語のキーパーソンであり、今宮(木村文乃)が22回聞いたミュージシャンを演じていたのは、藤岡正明さんでした。

藤岡さんは本物のミュージシャンであり、ミュージカル俳優でもあります。

本物の音楽がつないだ取調室のシーンはウルっとくるものがありました。

【サギデカ】1話のまとめ

本物志向の本作だからか、本物ミュージシャン、驚きの出演でした。

リアルなサギの実態と警察の捜査を描く『サギデカ』。

ストーリー的には、加地を泳がせて、詐欺グループのトップを逮捕できるのかも注目です。

当記事内の画像出典https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/sagideka/

サギデカ
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】