【やすらぎの刻~道】101話のネタバレと感想!しの(清野菜名)が驚きの告白!

【やすらぎの刻~道】101話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】101話が2019年8月26日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】101話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】101話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】101話のあらすじを紹介します。

【やすらぎの刻~道】101話・公式HPあらすじ

 しの(清野菜名)が家に戻ってきて、根来家はほんの少し明るさを取り戻す。
夏が近づいたある日、公一(佐藤祐基)はかつての恋人・鮫島紀子(佐久間麻由)の死を知らされる…!

【やすらぎの刻~道】101話あらすじ・ネタバレ

妹が気づいたことがあると公平(風間俊介)にいう。
それは、公次が死んだ日は、庭先に公次が現れた日だった……。

**

しの(清野菜名)も加わり、畑仕事をする根来家。

そこに、紀子の世話をしている老人が尋ねてきた。そして、恋人・鮫島紀子(佐久間麻由)の死んだと知らされた。紀子の遺体のある山小屋ごと火をつけて燃やすと聞き、慌てて向かう公一(佐藤祐基)と公平(風間俊介)。
紀子の周りには蝿が飛んでいる。そこで手を合わせる公一と公平。
山小屋に火を点けることに反対をした公一。そして、きちん樹を組み立て紀子を荼毘に付した。

公平・ナレーション
「ニキビ元気か。
公次兄ちゃんが死んだ、それから、三平兄ちゃんが事故で死んだ。
そっちはどうだ。かわりはないか」

紀子を焼き4日後、公一と公平は骨を持って村に戻ってきた。

夜。
公一と公平が作業をしている囲炉裏のところにしの(清野菜名)が来る。

話があるというしのは、妊娠しているという。
すでに6ヶ月だという。

驚く公一と公平。

公一
「なんだと」

<続く>

【やすらぎの刻~道】101話の感想

三平、公次。そして紀子。
公一兄ちゃんは最愛の人がどんどんいなくなってしまいますね。
最後のしのちゃんの妊娠宣言で、それまでの物語が吹っ飛ぶ感じ。三平兄ちゃんの子どもだろうなとは思うけれど。明るい未来がやってきた感じ。きっといいほうに進むのだと思えた101話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク