【なつぞら】129話の視聴率とあらすじ!茜(渡辺麻友)かわいそう問題がネットで白熱!?

natuzora

【なつぞら】129話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第129話が2019年8月28日(水)に放送されました。

今回は【なつぞら】129話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】129話の視聴率

『なつぞら』129話の視聴率は、20.4%!

前回から0.5ポイントの微減となりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】129話のあらすじ

なつ(広瀬すず)は仕事中に娘の優(増田光桜)が熱を出したと茜(渡辺麻友)から連絡が入る。

なつは、麻子(貫地谷しほり)のもとで働く夫の坂場(中川大志)に連絡し、優を迎えに行ってもらおうとするが、外出中で連絡が取れない。

その夜、なつが急いで仕事から帰ってくると、眠る優のそばに咲太郎(岡田将生)の姿があった。

優を医者に連れて行ってくれた咲太郎は、ただの風邪だという。

咲太郎「今日は朝から様子がおかしかったって、お前ちゃんと知ってたそうじゃないかい。またそういうことがあっても茜さんに預けるしかないのか?」

なつ「今度から気を付けるようにするから。優が病気の時は一緒にいるようにするから。」

咲太郎「できるのか?」

なつ「できなくても、そうするしかないでしょ? ねえ いちいち そんなこと言わないでよ 分かってるから!

咲太郎「ごめん」/なつ「ごめんなさい。迷惑かけたのに。」

咲太郎「俺はいいんだよ。優はかわいいからな。ただ、なつがかわいそうで…。こんなにかわいい優といつも一緒にいられないのが…。お前はいい母親だよ。余計なことを言って、すまなかった。」

咲太郎は優のことを、生まれた頃の千遥に似てると思った。「俺も一緒に守るからな。」となつに告げて帰っていく。

なつは大事な時に優と一緒にいられないことを痛感。


坂場が帰宅した。夕方に優の熱を知ったという。 なつは「だったらどうしてすぐ連絡くれないの!」と怒った。

茜の子ども・明子ちゃんにうつるといけないので優を預けられない。そのため、坂場が家で仕事をするという。

作画監督を引き受けてしまったことを悩み始めたなつだったが…。

坂場「何言ってんだ。子どもが風邪ひくなんて当たり前のことだよ。そんなことでいちいち動揺してたら、子どもなんか育てられないよ。2人でなんとかすればいいんだ。いや。優と3人で頑張ろうよ。」

夫婦の努力とみんなの思いやりで、優はまたすぐに元気を取り戻し、おかげで大きな病気もせずに、すくすくと育った。そしてなつも徐々に、自分らしく働く母として育っていった。


3年がたち、昭和47年の9月になった。優は4歳。「キックジャガー」は大ヒット。放送は長く続いていた。

優もキックジャガーのマネをしてなつと遊んでいる。

優は3歳から やっと保育園に入れていた。

が、夕方の6時までなので、なつの帰りが遅い時は今でも茜さんちで過ごしている。

なつは仕事を家に持ち帰り、茜の家に迎えに行った。

その日の翌朝。なつが起きると優が隣にいない。昨晩、なつが直していた「キックジャガー」の原画に優がお絵かきしていて・・・。

(ナレーション)なつよ 怒るな… 怒らないでやってくれ。

【なつぞら】129話の感想

咲太郎がなつを「かわいそう」と言っていた129話。

聞き間違いでありません。かわいい時期に一緒にいられないから、ということ。

ネットでは茜の方がかわいそうと白熱!?

茜は画面上は苦労してなく、楽しんで預かっています。

そんな中、なつへの批判ツイートも多くなってきていますが・・・

なつをフォローするツイートや茜のある点を指摘する方も。

なつは兄に「言われたくない」、夫には「どうして連絡くれなかったの」と切れていましたが、茜にはいつも丁寧に接しています。

しかも18時以降、夕食を食べさせてもらったときに、茜は「食費もらってるんだから」当然の行動だとでもいう発言。

働くお母さんが頼んだ身内には、小言を言われてしまうもの。親しき仲に礼儀ありといっても、どうしても厳しい口調になってしまいます。

しかし他人がお金をもらって子どもを預かるのは仕事。お金という対価がある利点がココで発生しています。

茜の苦労を描写してほしいという声がとても多く上がっているのは、それだけ大変なのでしょう。

茜もお金を得て不満がないのだから、他人がとやかく言う必要はないのですが……。

下山と茜が話しあって決めたシーンや当時のお金の価値が分かるナレーションなりがあると良いのに。

(1970年=昭和45年の給与所得者年収は94万円、2015年=平成27年は420万円なので開きがあります。ちなみに1970年の日雇い労働者の賃金は1800円/1日なので、なつの月額6000円は約3日分なので安いといえば安いですが、諸経費は払うとのことなのでどうなのでしょう…。)

※前回128話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】128話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第128話が2019年8月27日(木)に放送さ…

※次回130話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】130話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第130話が2019年8月29日(木)に放送さ…

※第22週のあらすじネタバレ

【なつぞら】22週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第22週「なつよ、優しいわが子よ」が2019…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク