【やすらぎの刻~道】93話のネタバレと感想!菊村のテレビ出演反対でサロンは大騒ぎ

【やすらぎの刻~道】93話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】93話が2019年8月14日に放送。
菊村の意見が大変なことに!?
サロンメンバーがテレビ出演をめぐり大騒動!
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】93話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】93話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】93話のあらすじを紹介します。

【やすらぎの刻~道】93話・公式HPあらすじ

 『乃木坂テレビ』から舞い込んだ開局60周年記念番組のオファーに、桂木怜子(大空眞弓)らが出演することが決まり、菊村栄(石坂浩二)、白川冴子(浅丘ルリ子)、水谷マヤ(加賀まりこ)は、平和だった『やすらぎの郷 La Strada』が変わりつつあることを嘆く。
そんな中、『乃木坂テレビ』の番組スタッフが打ち合わせにやって来るが…。

【やすらぎの刻~道】93話あらすじ・ネタバレ

どうやらヒデの一言で、この話が進んだらしい、と冴子(浅丘ルリ子)とマヤ(加賀まりこ)。

「乃木坂テレビ」番組スタッフとの打ち合わせをする菊村(石坂浩二)。
台本を読む菊村と理事長。

内容は、やすらぎの郷のメンバーが出演していたかつてのドラマを流し、そこで突っ込みを入れるという。

菊村
「話にはならない。これは脚本とはいえない」

特にメンバーのところには「適当によろしく」と書いてあるだけ。
台本は「よろしく」とか「笑う」とかとしか書いていないのだ。

菊村
「いけませんね、この台本は。
かつての台本(昔のドラマ)を笑いに変えようとしている」と。

ところが、視聴者が求めているのは「明るい」ことだというテレビ局。
視聴率をみればわかることだという。

「本当に視たい視聴者は、録画して後で見る。それは視聴率には出てこない」
録画しているときはCMはスキップしてしまう。今の視聴率はCMに対しての視聴率調査だ」
菊村は力説する。

「こんな番組にみんなが出たら、傷つく。
出演には反対だ」

菊村は、言い過ぎたかと思ったが、言い切ってしまった。
昔、テレビ局から嫌われた性癖が出てしまったと心でつぶやく。

そこに、エリが追いかけてきた。
「先生のおっしゃったこと、正論だと思う」

しかし、そうではない意見もあった。
思い出してほしいと思う人もいる。
なんでもいいから、テレビに出て自分のことを思い出して欲しい、と思う面々もいる。

冴子とマヤがドラマ出演について話していると……
ロクが「サロンが大騒ぎだ」と飛んでくる。

菊村がテレビ局に言ったことについて、テレビに出たい人たちは“出演のチャンスを壊された”と怒っているという。
菊村の善意は誤解されてしまった。

菊村
― 私は、ただ寂しかった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】93話の感想

視聴率に関しては菊村先生のいうことも正しいとも。リアルタイムではなく視聴している人は多いとも思われます。
テレビ出演をめぐり、揉めているやすらぎの郷。どうなるのでしょうか。
菊村先生の「道」のシナリオが気になりますが、それどころではなさそうですね。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク