【なつぞら】112話の視聴率とあらすじ!バターサンド誕生で話題!

natuzora

【なつぞら】112話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第112話が2019年8月8日(木)に放送されました。

今回は【なつぞら】112話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】112 話の視聴率

『なつぞら』112話の視聴率は、21.5%!

前回から0.5ポイントアップで、20%超えの高視聴率キープです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】112話のあらすじ

農協の工場建設問題は無事解決した。その後、十勝支庁舎のロビーで、信哉(工藤阿須加)から祝福されたなつと坂場。

意外にも信哉も昨年結婚したという。妻(三倉茉奈)が信哉に身内がいないことを気遣って、2人だけで式を挙げたそうだ。

帰り道。なつ(広瀬すず)の育った環境を知った坂場(中川大志)は、なつが多くの人からの愛情を受けて育ったことを実感し、なつの創作の力の源を知った。

坂場「この北海道に来て、よく分かったんだ。君の絵を動かす力はどこから来てるのか。それはこの大地に吹く風みたいに、君が生きてること、そのものの力なんだって実感したよ。
君は僕の才能じゃなくて、生きる力を好きになったんだって、そう言ってくれたよね。そのことをずっと考えてたんだ。仮にもしそういう力があるんだとしたら、才能があるなしにかかわらず、またやってみたいんだよ。
漫画映画を。作りたいんだ。また一から挑戦したいんだ。その道を探りたい。だから ほかの就職先は考えられない。君に苦労かけるかもしれないけど、それでもいいかな」

なつは承諾して、坂場へ抱きつく。「こうすれば生きる力だって2倍になるしょ。大丈夫だって…。」

「やるぞ~空~!」なつと坂場は空へ決意を叫んだ。

その夜、信哉の妻・道子がアナウンサーとしてテレビに出ていることを柴田家は知った。泰樹も「めんこい」とお気に入り(?)だ。

翌日。組合長の田辺(宇梶剛士)に呼ばれたなつは、入院している病院を訪れる。

すると田辺から十勝共同乳業が出す「たんぽぽバター」の商標となるマークを考案してほしい、とお願いされたなつ。

剛男がなつが幼少期に食べたたんぽぽから名づけたという。なつは快諾した。

一方、その頃、雪月では、雪次郎(山田裕貴)が何やら企てており、午後3時に招待されて集合したなつ・坂場、天陽、倉田、門倉、7良子たち。

雪次郎の創作菓子をふるまわれ・・・。

(ナレーション)なつよ この雪次郎君の魂が また新しい春を呼び込むことになりそうな…。

【なつぞら】112話の感想

112話ラストで雪次郎が出してきたお菓子は「バターサンド」!?

六花亭の「マルセイバターサンド」が誕生した、とネットで話題です。

柳月の「あんバタサン」の要素も入っているかも?

さらに112話の話題として、信哉の突然の結婚発表もありました。

お相手の佐々岡道子役は、連続テレビ小説『ふたりっ子』と『だんだん』に出演した三倉茉奈。

白黒テレビで地域の情報を伝えるシーンで登場。原稿の読み方も昔のアナウンサーのような落ち着いた話し方でした。

これで9人目となった歴代ヒロインの出演です。

※前回111話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】111話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第111話が2019年8月7日(水)に放送され…

※次回113話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】113話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第113話が2019年8月9日(金)に放送され…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク