2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【ボイス110緊急指令室】4話の視聴率とネタバレ!拉致犯人を襲うフードの男は何者?

日本ドラマ【ボイス110緊急指令室】4話の視聴率とネタバレ!
人気韓国ドラマのリメイク【ボイス110緊急指令室】4話が8月3日に放送されました。
樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)は葵を無事救出できるか!?樋口の妻殺しを知る拉致事件の犯人は……。真実に迫る4話!
日本ドラマ【ボイス110緊急指令室】4話の視聴率とあらすじネタバレ、感想を紹介します。

【ボイス110緊急指令室】視聴率と最終回ネタバレ!真木と唐沢の危機迫る復讐劇は原作以上?
ドラマ【ボイス110緊急指令室】の視聴率と最終回ネタバレあらすじ!韓国ドラマのリメイク。刑事の唐沢寿明とボイスプロファイラーの真木よう子が巨悪犯を追うW主演の復讐劇。危機迫る究極のタイムリミットドラマ。日本テレビ土曜ドラマ(土ドラ)で放送。韓国版の残酷場面はどこまで再現?韓国ドラマと日本ドラマの対比も紹介。
ドラマ「ボイス110緊急指令室」キャストとあらすじ!日本の犯人役など追加情報に注目集まる
ドラマ【ボイス110緊急指令室】キャスト、あらすじ、主題歌、原作について。の人気韓国ドラマのリメイク。日本ドラマでは、主人公を唐沢寿明、絶対聴覚を持つ声紋分析官に真木よう子、ムードメーカー的存在の刑事にNEWSの増田貴久。【ボイス110緊急指令室】は2019年7月13日から放送。日本テレビ土曜ドラマ。
【ボイス110緊急指令室】原作ネタバレ!韓国ドラマの結末“鳥肌恐怖”の犯人を日本では?
唐沢寿明、真木よう子主演「ボイス110緊急指令室」原作、韓国ドラマ「ボイス~112の奇跡~」のネタバレ、あらすじ、相関図、キャストを紹介。タイムリミットサスペンスドラマのリメイク。日テレ土ドラ、「ボイス110緊急指令室」の原作結末までネタバレ。日本ドラマではどう描かれるか?原作韓国ドラマの感想も紹介。
【ボイス110緊急指令室】と原作【ボイス~112の奇跡~】はHuluで配信中。(2019年8月現在)最新情報はHuluサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

【ボイス110緊急指令室】4話の視聴率

【ボイス110緊急指令室】4話の視聴率は、9.3パーセントでした。

初回は12.6%で発進。第2話は8.4%、第3話は10.7%。前回よりわずかにダウンです。

【ボイス110緊急指令室】4話のキャスト

新田役 森永悠希

ボイス110緊急指令室の葵拉致犯人新田役は、森永悠希さん。
1996年6月29日生まれ。
森永悠希さんは子役出身。
2013年、12月に公開した映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』に出演し、劇中バンドMUSH&Co.のドラム担当。キャストの大原櫻子さん、吉沢亮さんとともに役名でCDデビューもしています。
2019年の夏ドラマ「TWO WEEKS」相良サトル役で出演。あれ?見たばっかりと思った人も多いみたいです。
「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜 」でも真木よう子さんと共演しています。

画像:https://www.sma.co.jp/s/sma/artist/70?ima=0000#/news/0

ダイノジ大地

ダイノジ(DJダイノジ)のメンバー、吉本坂46のメンバーのダイノジ大地さんが出演します。

【ボイス110緊急指令室】4話のあらすじネタバレ

日本ドラマ【ボイス110緊急指令室】4話の視聴率とあらすじネタバレを紹介します。

【ボイス110緊急指令室】前回までのあらすじ

最愛の妻(菊池桃子)を殺された樋口(唐沢寿明)と父を殺されたひかり(真木よう子)。ボイスプロファイラー・声紋分析官のひかりがECUを立ち上げ、樋口とともに真犯人を探す。ヒントはひかりの聴いた犯人の声……。
そんな中、ECUメンバー候補の栞(石橋菜津美)の妹・葵が拉致され、さらにひかりまでもが拉致されてしまった。拉致犯人・新田(森永悠希)は、樋口の妻殺しについて何かを知っている様子。ひかりは、身動きがとれず土の中に埋められてしまう。
―― ひかりの命が危ない!

【ボイス110緊急指令室】4話のあらすじネタバレ

拉致犯・新田(森永悠希)の意外な顔

葵(矢作穂香)の居場所はつかめず、既に事件発生から4時間近くが経過。
新田(森永悠希)が海外への逃走資金のため、葵のレイプ動画のライブ配信を予定していた。その時刻が迫っている。

**

樋口(唐沢寿明)が生き埋めになっていたひかり(真木よう子)を助け出す。
刑事の勘だ。
ひかりは無事に救出できたが、犯人は逃走したまま。

樋口、ひかり、透(増田貴久)、署に戻る。
沖原(木村祐一)と言い争いになる。

逃走する犯人の車にアンテナがついていた。
樋口
「こつちの動きが筒抜けなわけだ」と意味ありげに沖原に言う。

沖原(木村祐一)たち強行犯係は、新田の逃亡ルートとなる港の張り込みに動くことになり、ECUは別行動で葵を探すことにする。

そこに男が訊ねてくる。
警察無線を盗み聞きしている新田らを探してもらうために樋口が呼んでいたのだ。
その手腕はぴか一。すぐに犯人の無線をキャッチ。

共犯者、誰かと無線で連絡をとっている。
誰かが逃走を手伝っている様子。
そして、犯人の居場所は、交番から20キロ南の建物と判明。

めぼしい建物は3つ。
・雑居ビル2棟
・廃校

緊急指令室で新田の過去を洗っていた緒方(田村健太郎)から新田の情報が手に入る。

新田は14歳のとき、自宅を放火して母親が死亡。
動機は母親の不倫への怒りから。
不倫相手は新田の中学の担任で新田はそれを目撃していたのだ。
のちに戸籍を偽造した新田。本名はささべゆうと。

その話を聞き、栞(石橋菜津美)は犯人の居場所が「廃校」だとピンときた。

― なぜなら。

廃校は、新田の通っていた中学。
栞と葵の父は、中学の教師。
新田の母の不倫相手・新田の担任は、葵の父親。
離婚して葵・栞の前から消えていた。
新田は最初から葵を狙っていたのだった。

犯人側。

共犯者は「今すぐ逃げよう」と言い出す。
さらに、金をよこせと新田にピストルを向ける。
新田はピストルを奪い、共犯者を殺してしまう。
葵が逃げようとするのを捕まえ、首に手をかける……。

その時、樋口、ひかり、透(増田貴久)が廃校に着く。
新田がそれに気づき、葵の首から手を離す。
葵の命は一旦救われた。

廃校内に侵入した3人。
樋口は「何か聴こえるか」とひかりに問うが、風が強くて、聴こえないという。

教室のドアの前。
「俺がいく、お前らはここで待ってろ」
ひかりと透に言うと、樋口はピストルを向ける。
ドアの向こうには……。

ひかり(真木よう子)に聴こえる歌

中に進入すると、共犯者の死体を発見。
新田は樋口らに気づいて、どこかへ移動したらしい。

その時、上の階から音がするというひかり。
透が上に向かう。

しかし……。
新田は見つからない。

そこで樋口と透と2人で新田を探しにいくことに。

階段で待機をしていたひかりに歌が聴こえてくる。

指令室に電話をし、その歌をひかりが歌う。
その歌は、葵が中学生の頃、栞とふたりで歌った歌。

「葵が私に助けを求めてる」

ひかりは葵の歌を頼りに葵を探し当てた。
葵が倉庫の中に閉じ込められているのを発見。

その時、樋口と透は爆弾を発見。
タイマーが時間を刻んでいる。

樋口
「あのやろう」

兄貴(唐沢寿明)を信じる透(増田貴久)

ひかりが葵を救い出そうとした時、新田が現れる。
一部始終が指令室に流れる。

爆弾スイッチを手にしている新田。
「いい歳(とし)して火遊びか」
樋口が登場。

樋口と透が新田を追い詰めるが逃げる。
樋口は、透に「2人を連れ出せ」と命令し一人で新田を追う。

― 爆破音。


「兄貴は大丈夫だといった。信じましょう」
ひかりと葵を外へ。

**

樋口は気絶をしている。

それは、フリをしていただけ。
新田をおびきだすためのもの。
新田が近づいてきたとき起き上がった。

ナイフを持つ新田。
それを樋口の鼻先に。
樋口は、けりを入れ、見事に新田を捕まえた。

「お前の命で償え」
と銃口を口に入れる樋口。

樋口
「お前が壊したものは取替えがきかないものなんだよ
自分が苦しい経験をしたからって復讐だ?
違うだろう。
心の痛みを知ったから人に優しくなれるんだろう」

「今からお前にできることはひとつだけある
死ぬまで謝罪しながら生きろ」

樋口、犯人確保。

ひかり
「指令室、任務終了」

顎を鳴らすフードの男

葵は救急車で運ばれる。命は無事。

逮捕された新田がひかりと擦れ違うとき
「娘がひとりぼっちになっちまう」
光の父の最期の言葉をつぶやいた。

どうして知っているのか、ひかりが食ってかかる。
新田
「高級スーツを着た男が警察官を鉄球で殴っていた」
犯人の顔を覚えているという新田。

新田は連行される。
その車を樋口とひかりが追う。

新田、車の中。
「腹が痛い」と言い出しトイレに寄る。

新田についていた警官。電話が鳴り外へ。
新田、靴の中から手錠の鍵を取り出す。
その鍵は、車の中に落ちていたのだ。
手錠をはずし、トイレの窓から逃げようとすると……。

個室のドアが開く。
そこに、フードをかぶった男が!

一方、ひかりは女子トイレへ。
ひかり、音を聞く。

男子トイレで争う音。
― 顎を鳴らす音。

樋口、車から燃料パイプがカットされているのを発見。

ひかり
「トイレに誰かがいる」

新田が危険だ!だが、間に合わず……。
新田は毒殺される。男は逃げる。

死際、ひかりに何かを言うのだが聞き取れない。

沖原らが現場に。沖原、鍵を手にしてニヤリ。

<続く>

【ボイス110緊急指令室】4話の感想

【ボイス110緊急指令室】4話の感想を紹介します。

ハラハラドキドキの感想

犯人推理説も

主題歌・BLUE ENCOUNT 『バッドパラドックス』 はかなり話題になってます。ヒット間違いなしの予感。ドラマをグーッと盛り上げてますね。

*これはほんの一部の感想です。

【ボイス110緊急指令室】4話のまとめ

【ボイス110緊急指令室】4話もハラハラ感のあるストーリーでした。
突っ込みどころはありますが、そこはドラマ。許せる範囲。
原作の韓国版とは多少違いもありました。ラストの場面では、韓国版は焼死。あれは残酷でしたしグロい。だから日本ドラマのボイスのほうがキレイ。そのあたりは、テレビ放送としての配慮がされているのではないかと思います。

さて、なんといっても今回のボイス110の4話では、とうとうフードの犯人が現れました。しっかりと顔もアップ。犯人推理説も飛びかってます。
沖原(木村祐一)もかなり悪ぽく描かれえおりますが、本当のことがわかるのはもう少し先でしょう。
まだまだ謎ばかりですが、少しずつ真犯人に近づいている気配。来週も楽しみです。

次週はソニンさんが出演します。久々のドラマ出演で話題。ますます楽しみになってきました。

記事内画像:https://www.ntv.co.jp/voice

ボイス-110緊急司令室
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】