【なつぞら】105話の視聴率とあらすじ!少年クリフはホルスの大冒険がモデル?

natuzora

【なつぞら】105話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第105話が2019年7月31日(水)に放送されました。

今回は【なつぞら】105話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】105話の視聴率

『なつぞら』105話の視聴率は、20.2%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】105話のあらすじ

テレビ班の坂場(中川大志)は、漫画映画の演出をすることになった。

長編映画の作画監督を任されることになった下山(川島明)から「イッキュウさんしかいない」と誘いを受けたのだ。

再び映画に携われる…となつ(広瀬すず)に報告し、映画が成功したら「結婚してほしい」とも伝える。

なつは「はい、分かりました」と返答した。

なつは仕事の成功と結婚は別だと思っていた。モモッチ(伊原六花)に報告・相談すると、共感された。

モモッチも東洋動画の助監督と付き合っているが、彼が監督になるまで結婚しないと言っているらしい。

それから その長編漫画映画の企画は猛烈な勢いで進んでいった。

題名はまだ仮で「神をつかんだ少年クリフ」。

内容は…

ある村の巨大な木に誰にも抜けない剣が突き刺さっていた。

一人の少年クリフが引き抜き、村人から英雄と見なされる。

しかし、戦の神(死神)が現れて、その剣を砕く。

死神の目的は神を畏れなくなった人類に戦をさせて滅ぼすこと。

死神の娘であるキアラが現れる。キアラは父の命令でこの村に戦をもたらそうと企む。

キアラとクリフが出会い 互いにひかれ合っていく…。

大まかなストーリーを決めたあと、キャラクターの検討に入った。

しかし、坂場のこだわりが強く、なつの描くキアラが決定しない。それにともない、脚本も進まない。

見かねた仲(井浦新)は、坂場と神地(染谷将太)に声をかけるが、「好きなようにさせて欲しい」と坂場は聞く耳をまったく持たなかった。

なつは、仲に謝った。仲は「普通は脚本から入るのに珍しい演出家だ」と指摘しつつ、自分の想いも吐露した。

仲「なっちゃん… 僕には分からないんだよ。彼のやろうとしてることが正しいのか間違ってるのか。新しいのか。そうじゃないのか。どうも判断がつかない。それが悔しいんだよ。アニメーターとして、自分の限界を突きつけられたみたいで悔しいんだ…。」

その頃、井戸原は下山から相談され、仲は坂場を嫌ってない、評価していると告げ
それでも、一向に進まないキャラクター設定。

なつは「あなたがどうしたいのかを考えて、あなたの頭の中に向かって絵を描くのは、これ以上無理です。」とさじを投げる。しかし坂場は「妥協したくない」と坂場は熱弁した。

そんな中、仲がなつに頼み事として書類を渡してきて…。

【なつぞら】105話の感想

少年クリフはホルスの大冒険がモデル?

坂場が演出担当の「少年クリフ」は太陽の「王子 ホルスの大冒険」がモデルか、とウワサされています。

どうやら興行的には失敗するようですが、果たしてなつと坂場との結婚はどうなるのか?

ただし、ドラマと現実は違います。

宮崎駿の妻・大田朱美と思われていた三村茜(渡辺麻友)が、大塚康生がモデルと思われていた下山克己(川島明)]と結婚。

ちなみに宮崎駿は神地航也(染谷将太)と思われていました。

今後の展開に注目です。

・次回106話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】106話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第106話が2019年8月1日(木)に放送され…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク