【なつぞら】104話の視聴率とあらすじ!坂場(中川大志)のプロポーズに大反響!

natuzora

【なつぞら】104話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第104話が2019年7月30日(火)に放送されました。

茜(渡辺麻友)の意外な結婚と坂場(中川大志)のプロポーズで急展開な104話…。

今回は【なつぞら】104話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】104話の視聴率

『なつぞら』104話の視聴率は、7/31(水)発表予定。わかり次第お知らせします。

【なつぞら】104話のあらすじ

風車では、カスミ(戸田恵子)や茂木社長(リリー・フランキー)達が集まり、亜矢美(山口智子)が、かつてムーランで踊り子だった頃の悲しい恋の話しがはじまった。亜矢美が結婚しないのは、恋人・伊崎が戦死したからだった。彼は早稲田の学生で、毎日のようにムーランルージュに通い詰めてた。やがて彼はレビューの台本書いてムーランに持ち込み、採用されてヒットする。2人は結婚の約束をしたが、大学を出る前に学徒出陣で、そのまま帰らぬ人になったという…。

年が明け、テレビ漫画の「百獣の王子サム」が大人気に。アニメーターや演出家も 次々と新しい人間が投入され 放送期間は1年半にもなっていった。ますますアニメーションの仕事に追われるなつ達。

そんな中、同僚の茜(渡辺麻友)が結婚することになった。相手は下山(川島明)だ。下山が一か八かで告白をしたら、茜にオーケーをもらったという。茜は「前から好きだったって気付いたの。」と理由を明かした。神地(染谷将太)は悔しさとともに茜と(最後に)踊った。

翌年の春。長編映画の作画監督(アニメーターの仕事を全て指揮する監督)を任されることになった下山(川島明)は、坂場(中川大志)に演出をお願いした。失敗できないと言う仲たちに対して、「なおさら彼しかいない」と下山は推した。

坂場は階段の踊り場になつを呼び出して、早速報告。

坂場「もちろん君にもテレビを抜けて、こっちの原画に参加してもらいたいと思ってる。そ…そしてもし…もしこの長編映画を成功させたら。成功したら…。僕の人生には…君が必要だということになります。僕と…。(なつに詰め寄り)ぼ…僕と…僕と…僕と!結婚して下さい。結婚…してくれませんか?

(ナレーション)なつよ… 出た。

【なつぞら】104話の感想

坂場(中川大志)のプロポーズに大反響でした!

下山の一か八かのプロポーズが成功したことにもらった勇気からか。

それと、茜と仲良さそうにみえた神地がアクションを起こさず恋破れ、そのショックを受けている姿が反面教師となったか。

煮え切らない坂場が(僕と…を何度いうだというくらい勇気を振り絞って)ついにプロポーズ!

すべては長編アニメーションの成功にかかっていますが、果たして?

※前回103話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】103話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第103話が2019年7月29日(月)に放送さ…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク