【なつぞら】95話の視聴率とあらすじ!泰樹(草刈正雄)抹殺・左フックが爽快!

なつぞらアニメーション編子記事

【なつぞら】95話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第95話が2019年7月19日(金)に放送されました。

泰樹(草刈正雄)「抹殺」のひと言とともに放たれた、左フックが爽快!?

今回は【なつぞら】95話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】94話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第94話が2019年7月18日(木)に放送。 …
スポンサーリンク

【なつぞら】95話の視聴率

『なつぞら』95話の視聴率は、20.6%!

【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…

【なつぞら】95話のあらすじ

95話のあらすじ(事前情報)

憤慨した夕見子(福地桃子)が、高山(須藤蓮)を連れて風車にやってきた。夕見子が東京に来ていることを十勝の家族に伝えてしまったなつ(広瀬すず)を責め、東京から離れると言い放つ。夕見子の言い分に対して、なつも思いをぶつける。やがて、それを聞いていた高山が、夕見子やなつ、咲太郎(岡田将生)達を前にして、衝撃の告白をする。夕見子と高山が言い合いをしていると、その様子を密かに見ている人物がいて…。

出典https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-19&ch=21&eid=14946&f=4681

95話のあらすじから事前レビュー

95話の見どころは、高山の衝撃の告白。

夕見子と言い合いになる流れ的に、「俺一人で行く」とかが予想されます。

そして密かに見ている人物は泰樹(草刈正雄)でしょう。

予告のビンタシーンは夢オチではなさそうです。

95話のあらすじネタバレ

なつは、東京を離れると言う夕見子を止めて言った。「好きならなして逃げるの?高山さんも夕見が好きなら、なして逃げるんですか。なして親に言えないんですか。親の決めた相手とは結婚しないで、夕見と一緒になりたいって、なして言えないんですか」

夕見子は「結婚を認めてもらうことが幸せなの?したら、幸せは人から与えてもらわなきゃいけないものなの?」と反論。

すると、高山が衝撃の告白をする。「やめるべ。もう。もういいべ。そんなことは。 もう無理すんなや…。俺といたって、いいことなんか一つもなかったべ。」

夕見子は「いいことは、これから一緒に作ってくんでしょや。」と譲らない。

亜矢美が「とりあえず みんなでごはん食べよう」と間に入った。

〈食卓にて〉

高山がまた爆弾発言。

高山「俺は本気でなかったよ。(駆け落ちは)勢いでないです。本気で駆け落ちがうまくいくなんて思ってなかったです。」

「どういうこと?」という夕見子に対し、高山は強めに言った。「このまま上手くいくなんて思えるわけがないだろ!」

亜矢美「高山さん。あなたがうまくいかなかったからじゃないの?ジャズの雑誌に原稿持ち込んでも、上手くいかったんでしょ。自分の実力を知ってこんなはずじゃなかったって思ったんじゃないの?厳しいようだけど。」

高山「ジャズなんて、ただの遊びですよ。無理なんだわ。俺が家を継がないなんて、できっこないんだ。夕見だって、そう思ってるからココに来たんだべ。うちの親にバレればいいと思ったんでないのか。お前だって…本当は俺がマル高デパートの跡取りだから好きになったんだべ。」

夕見子「それ、本気で言ってんの?」

高山「大体、夕見は俺のことが好きでないべさ?いつも計算高くて偉そうで、俺に対する優しさなんて、一つも感じたことなかったからな。」

夕見子「優しくできないのはあんたが甘えるからだべ。」

高山「したら、そっちが甘えればいいべ。そういう、かわいげもないんだわ、君には。」

夕見子「かわいげって何」

高山「分からない女だな、君は。」

夕見子「それって女が分からないことも、男のためには分かれってことでしょ」

高山「そういうとこが、もうウンザリなんだわ」

咲太郎は、ナゼかなつが泣いていることに気づく。

なつは夕見子への想いと今の結婚観について言及する。

なつ「夕見は…子どもの頃から人に甘えたりしなかった。私がいたから。
9歳の時に突然見ず知らずの私がやって来て、夕見が一番、親に甘えたかった時に私がいたから、夕見は誰にも甘えられずに…。それでも私のことを受け入れてくれて。だから家族とか結婚とか。そういうことに冷めてるとこがあるとすれば、それは私のせいで…。
でもね。夕見はただ一度も…一度も嘘をつかなかった。私に対しても誰に対しても一度だって嘘をつかず、嘘のない夕見のままでいてくれた。それに私がどんだけ救われたか…。
今まで生きてきて 夕見のような素直な子に私は会ったことがない。こんな素敵な人、見たことない。
夕見が計算高くて偉そうだなんて…あんたは夕見のこと知らなさすぎる!
あんたに夕見はやらない!
絶対に渡さない!
あんたと夕見の結婚を私は絶対に認めない!

夕見子と高山は互いに、そもそも結婚する気なんてないと告げる。

夕見子「あんた(=高山)は自由になんて、なれないんだね。」

高山「自由になって飯も作れん女と結婚したってしょうがねえべ!」

高山は出ていこうとする。すると玄関に泰樹(草刈正雄)がいた。

「お前か…抹殺!」泰樹は高山を殴り飛ばした。高山は立ち去った。

泰樹は夕見子に迎えに来たことを告げた。夕見子は泰樹に飛びついた…。


新宿の街にて。なつは泰樹と夕見子を送る。

泰樹はすぐに帰ると言うが、「パフェというのを食べたくなった」と心変わり。

なつは仕事があるため、夕見子が泰樹を連れて行くことになった。なつは泰樹の後ろ姿を見つめて「あっ」と気づく。

〈東洋動画にて〉

坂場「なるほど。後ろ姿ですか…。怪物の後ろ姿というのは想像がつきませんでした。確かにそうすることでこの木の歴史が浮かぶように見えてきます。樹齢を後ろ姿で表したんですね。すばらしいです。これでいきましょう」

なつの絵が坂場に認められた。なつと麻子も坂場のことを認め始めていた。

麻子「あの人は漫画映画が好きなのよ。」

なつ「はい。そうなんです。それに可能性を見てるんですよね。私らも負けず頑張りましょう。」

ナレーション(内村光良):なつよ その先へ 先へと進んでいけ。そして…。「Everybody Loves Somebody Somebody(いつか誰かを愛せよ…)。

【なつぞら】95話の感想

泰樹(草刈正雄)の「抹殺」発言ののち、予告動画でも話題だった左フックが炸裂!

なんとも爽快な一撃でした。

夕見子が愛されなかった、愛されることを我慢してきたことがココで生かされるとは…。

泰樹と夕見子は2人でどんな話をしながらカフェに行っているのでしょうか。あるいは帰りの長い道のりで、たくさん話すことがあるのでは…色々と想像してしまいます。

広瀬すずの涙の演技も上手く、好評な第95話でした。

【なつぞら】96話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第96話が2019年7月20日(土)に放送されま…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク