【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編のあらすじネタバレ!小芝風花が面白可愛い

【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編のあらすじネタバレ!

小芝風花主演のスペシャルドラマ【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編が2019年7月12日に放送されました。

『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』がまさかの実写ドラマ化!それなりにクオリティーはあるけど、ゾンビがラッパーのため、どこか可笑しいB級ドラマです。

今回は【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編のあらすじネタバレについて。

【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】のキャストとあらすじ! 2019年7月12日・13日にスペシャルドラマ【ラッパーに…
【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】後編のあらすじネタバレ! 小芝風花主演のスペシャルドラマ【ラッパーに噛まれたらラッ…
スポンサーリンク

【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編のあらすじ

『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』前編のあらすじ(2019年7月12日放送)

第1章「痛い存在になるの嫌だっぺ?」/第2章「人として最低限のマナーだっぺ?」

茨城県で生まれ育ち、地元の工場に勤務する稲穂みのり(小芝風花)は、高校時代の同級生で国立大学の医学部に通う恋人・山之内拓馬(佐藤寛太)とつきあって3年半。みのりにとって拓馬は自慢の恋人だったが、ここ半年というもの、拓馬はヒップホップにハマり、単なるラップ好きを通り越して、もはやラッパーの域。いつでもどこでも韻を踏んでしゃべる彼に我慢ならなくなったみのりは、意を決して「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げる。ところが、拓馬はそんな悲壮な決意にまで韻を踏んで返答する始末…。絶望したみのりはその夜、父・茂(ブラザートム)とヤケ酒を飲む。

翌朝――寝坊して勤務先の工場に駆け込んだみのりを待っていたのは、衝撃の光景だった。従業員たちはゾンビと化し、しかも口々にラップを口ずさみながら、人間に襲いかかっていたのだ!

たまたま弁当を届けに来た茂に助けられ、なんとか工場から逃げ出したみのり。しかし、すでに街中はラッパーゾンビであふれていた。どうやらみのりと茂が泥酔し眠り込んでいる間に、正体不明のRAPウイルスが世界的なパンデミックを起こしたらしい。

拓馬の安否が気にかかるみのりは彼を捜すべく、茂と街へ。偶然知り合った警察官のユイも同行し、サバイバルを開始するが…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/rapper-bites/…

事前に発表されていた「あらすじ」です。

みのり(小芝風花)がラッパーの恋人と一時的な別れを切り出し、警察官のユイとサバイバルをしていくまで、が明かされていました。

主人公・みのりの恋人の安否、そしてラッパー化してしまう世界の行方が気になります。

以下、前編のネタバレ込みのあらすじを紹介します。【閲覧注意

【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編のネタバレあらすじ

ネタバレは、第2章の途中から…。

茂とともに、工場から逃げ出したみのり。

街に落ちていた新聞の一面では「アメリカ サウスブロンクスに隕石落下」と報じられている。(毎朝新聞2019年7月13日土曜日と読み取れる。みのりたちは気づかなかった)

「拓馬に会いたい。」と嘆くみのり。(関係は)終わってないと茂に告げた。拓馬のことを心配しずぎて死にそうなのだ。

止めてもひとりで行く娘を心配して、茂は車に乗せた。まず家でシャワーを浴びて着替えるというみのり。

人として最低限のマナーだっぺ?」と当然のごとく父に指示した。

第3章「根本的なことは私にも謎だよね」

自宅につくとシャワーの音がする。現れたのは、婦警の南館ユイ(片山萌美)。ビールも拝借していた。

ユイによると世界的な感染、いわゆるパンデミックらしい。

隠蔽しようとした政府もヒドイと愚痴るユイ。しかし、なぜゾンビがラッパーになるのかは根本は謎だった。

第4章「それはまた別問題だっぺ」

ユイは護衛するならお金が必要だと要求。みのりは家の中から通帳を持ってきて百万円あるという。

怖気づいてしまうユイだが、みのりはどうしても恋人に会いたいのだ。

捜索中、サラリーマンのゾンビに遭遇。ユイは、対処法としてラップバトルをしかけると一時的に襲って来なくなると言う。(ラップが出なくなると襲ってくる)

ラップ対決中、ユイはキレて射殺!その後、拓馬の自宅へ着いた。ユイが2階から侵入。しかし、誰もいない。

みのりは高校時代の文集を発見。拓馬は…夫にしたい人1位、お金持ちになりそうな人1位。オリンピックに出そうな人1位、宇宙に行きそうな人1位、百歳まで生きそうな人1位・・・拓馬は超人気者だった。

みのりは何もランクインしていない。お嫁さんにしたい人15位以内にも入っていない。影が薄いから誰も投票してくれないのだが、1票だけ入れてくれたのが、拓馬だった。

告白されたのは、拓馬の合格発表の日。直接したいと呼び出された。結果はダメだったが、浪人して医学部受かったら付き合ってほしいと申し込まれた。

1年後、拓馬は合格して恋人になった。あの頃はラッパーじゃなかったのに・・・。

ユイにこの悩みを共有して欲しかったが、ユイには彼氏がいたことなかった。それは別問題だ。

第5章「もう立派なラッパーだっぺ」

ユイが手掛かりを見つけた。昨夜7/12(金)のラッパーのイベントのチラシだ。場所は「アジト51」!?

拓馬の両親がゾンビになっていて、ラップが急に出ないみのりたちはピンチ。ユイが射殺してくれた。

チラシの場所を探し中、車内にてユイがラップを歌いだす。噛まれていたのだ。

茂は、ラッパーゾンビになったユイを射殺。彼氏ほしかたYO~!ユイは倒れた。

「いい人だったね。男は見る目がないよ」とみのりは悼んだ。


夜。ある建物で給油しているとラッパーゾンビに囲まれた。

茂がラップ対決を挑んだ。イサカサッサーほいなアー♪

知月のラップまがいもネタが尽き、ついに襲われてしまった・・・。

建物に逃げ込んだみのり。ラッパーゾンビになった茂。上手すぎて、もう立派なラッパーだ

みのり「誰か助けて!!!!!」

「おい!」杉内マコト(萩原利久)が助けてくれた。2人で逃げ出して・・・。

【ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ】前編の感想

小芝風花の可愛さは健在!

おさげ髪の高校時代シーンは、前編の見どころでした。

面白い演出と可愛さがマッチした不思議なテイストのゾンビドラマ。

ユイや父親も良い味を出していたので退場は残念ですが、後編ではマコト(萩原利久)たちとタッグを組んで恋人探しへ!

注目の後編は2019年7月13日(土)23時15分から!注目です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク